フィールドガイド 田ノ浦漁港

田ノ浦

ほとんどのポイントが足場のいいケーソンだからじっくりと腰をすえて釣ることが可能。また、北西風に強いロケーションだから真冬の釣りもOK!!

主な対象魚 アイゴ・アオリイカ・アジ・ガシラ・カマス・カレイ・カワハギ・キス・グレ・サヨリ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・マダイ・メバル、他

釣り場紹介

海水浴場が隣接するなどレジャースポットとして整備されているだけにトイレや駐車場などの施設面がとても充実している。このため春〜秋には大勢の家族連れを見ることができる。

また、南に面していることと、背後に山があることで冬特有の北西風の影響が少ない。真冬にもストレスなく竿を出せるありがたいスポットでもある。

主なポイントは3個所。いずれも平坦なケーソンからの釣りになるだけに足場は最高にいい。

地続き一文字

周囲の地磯よりも沖に突き出ているため潮通しは抜群にいい。しかも、足もとから豊富な水深(5〜10㍍)があるし、中央部のすぐ沖には姥岩(うばいわ)といわれる岩場がある。この周辺は釣りにならないが、ここに多くの魚が居ついている。

釣り場となるケーソンは東端の一部を除いて二段構造になっている。上部には階段で上がれるが、海面までの高さが8㍍近くになる。取り込みの際は一段下の方に協力をあおぐ必要がある。

漁港波止

港内にのびる短い波止だが、外海が荒れたときには重宝する。水深は3〜8㍍。

遊歩道の波止

港西側にL状にのびる波止。地続きの波止が満員のときにはこちらに目をつけるといいだろう。

四季の釣りもの

冬〜春はメバルの好期。地続きの一文字の姥岩回りを中心にエビ撒き釣りや探り釣り、虫餌の流し釣りで狙うとよい。また、シモリが点在する遊歩道の波止や港内の常夜灯回りを攻めるのもおもしろい。

そして、地続きの一文字はチヌの魚影も濃い。姥岩回りをフカセ釣りで狙うのもいいし、一段高い場所からのカゴ釣りで沖めを狙うのもいい。カゴ釣りならヘダイやアジも期待できる。

夏場は紀州釣りがベスト。平坦なケーソンが足場になるからじっくりと腰をすえて釣れる。

夏のサビキは全域でOK。家族揃って楽しむには最適のターゲットだ。また、梅雨明けごろにはカマスやタチウオの回遊も始まる。カマスは時合が短いものの、朝夕のまづめどきにサンマの切り身などを餌にしたウキ釣りやルアーで手返しよく狙えば数が期待できる。

さらに酒カスで狙うアイゴもよく釣れる。

秋は、ひと回り大きくなったタチウオやアジの他、グレ・サヨリ・アオリイカがターゲットになる。中でも手軽なエギングで狙えるアオリイカは数釣りがOKだ。

ファミリーFやチヌ釣りファンが多いことから投げ釣りの目立った釣果は聞かないが、人が少ない冬場にチヌ・カレイが狙える。どちらも数釣りは期待できないが、グッドサイズが釣れる。ポイントは地続き一文字の両サイド。ただ、漁船の往来が激しいから必ず道糸沈めをセットすること。

なお、海水浴場やバーベキュー場も隣接しているから夏場には釣り+αで遊んでも楽しいだろう。

インフォメーション

駐車場 1日510円の有料駐車場あり(7〜8月は610円)。
トイレ あり
最寄りの
釣り具店
フィッシングマックス・和歌山インター店073・473・5858)。
つり具のマルニシ・和歌山インター店073・476・0024)。
アクセス ■車の場合
阪和道・和歌山ICをおりて和歌山市内方面へ。そのまま約30分直進するとある雑賀崎トンネルをくぐって突き当たりを左折。浪早崎トンネルを過ぎると田ノ浦漁港。


釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう