釣り公園ガイド 神戸市立平磯海づり公園

平磯海づり公園3

釣り台全面開園のお知らせ
昨年に襲来した台風20号の影響で施設に甚大な被害を受けたことによってしばらく西側の一部のみでの開園となっていましたが、1月5日から釣り台が全面開放されることがHPにてアナウンスされました。なお、レストハウスが利用できないなどの制約があります。詳しくは公式HPにてご確認下さい。

明石海峡に面するとあって潮通しのよさは抜群。そのぶん大物から小物まで多彩な魚種を狙える。急流が走っているときは、重い仕掛けを用いたり、近投を中心に探るなど釣り方に工夫をすることで安定した釣果が…!!

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アジ・イワシ・ガシラ・カレイ・カワハギ・グレ・サバ・サヨリ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・マダイ・メバル、他

スポンサーリンク

スポンサーリンク

平磯海づり公園の概要

平磯海づり公園1

広々としているうえ、海際には安全柵がついているから子ども連れでも安心して楽しめる。

潮通し抜群の明石海峡に面した全長1.4㌔にも及ぶ広大な護岸タイプの海釣り公園。足場がよいし、水際には安全柵があるから子ども連れでも心配なく楽しめる。また、駐車場が釣り場のすぐ裏手にあるのも大変便利である。さらに、売店や自販機はもちろん、バーベキュー場や活魚販売所、ベビーベッドつきのトイレがあるなど、家族揃って楽しめる施設が揃っているのがうれしい。

そして、バリアフリー化が推進されているのも注目点だ。駐車場から釣り場までにはスロープが設置されているし、身障者優先の釣り場スペースやオストメイト対応のトイレも完備されている。

平磯海づり公園2

釣り護岸の各所にはシェードも設置されている。強い日差しを避けながら休憩することもできる。

水深は足もとで4〜5㍍程度。18㍍沖まで入っている捨て石の先は水深6〜10㍍となり、シモリや漁礁が点在する砂地になっている。そのように地形的な変化のある場所とあって魚の寄りは良好だ。ただし、底に変化が多いということは根掛かりの多発にもつながるので注意が必要だ。

また、大潮時には潮流が強烈に速くなる時間帯もある。そうなると慣れない人は手も足も出ないことも…。

四季の釣りもの

冬〜春はメバル・ガシラ・アイナメ、夏〜秋はアジ・ベラ・カワハギ・ハマチというのがファミリー向きの主なターゲット。そして、春〜秋はハネ(〜スズキ)やチヌ(※1)を狙うベテランも多いところである。また、晩秋〜春先にはカレイ・アイナメを狙う本格的な投げ釣りを楽しむ人も少なくない。

その他、初夏〜晩秋のひとときはサヨリ・タチウオ・アオリイカ(梅雨の前後にイカの型物上がっており、エギング専門でここを訪れる人も多い)の接岸もあるだけに、釣行前には公園のホームページで釣況を確認してから準備をしたい。

釣り方のキーポイント

潮時を考えたプランで!!

平磯のように急潮流の影響が強い場所では干潮と満潮の潮止まりの前後に訪れる潮の流れが緩やかなタイミングが最も釣りやすく、この時間帯が時合になることが多い。そのため釣行前には必ず潮時表を確認し、ベストと思えるときにしっかり釣りができるスケジュールを立てて行動したい。

サビキ仕掛けのチューニング

平磯海づり公園4

アジ狙いをはじめとしたサビキ釣りは、流れの攻略が好釣果を上げるカギとなる。

どこでサビキをするにもウキサビキ仕掛けばかりを用いる人は多いが、それを速い潮が横に流れる平磯でやると周囲の人とオマツリ連発ということになりがちだ。仕掛けが大幅に流されるようならすぐウキをはずすこと。それでも仕掛けが浮き上がるようならカゴを重めの金属製にかえたり、カゴに別のオモリを結んでみよう。それでも流れ過ぎるようなら休憩時間とするのが正解だ。

なお、この釣り場では捨て石についている魚が非常に多いからオマケバリを使うのが多彩な釣果を上げるコツとなる。アジなどがあまり釣れないようならサビキをはずし、アミカゴとオマケバリだけで釣るのもいい。そうすることで仕掛けが扱いやすくなり、手返しよく探れる。

サビキ釣りのタックルはこちら
アジの釣り方はこちら

投げるなら捨て石の先へ

チョイ投げのキス・カレイ狙い、ブッ込み飲ませの青物狙いでは通常の釣り場より沖めに投げること。普通は5~10㍍先にある捨て石の切れ目がここでは18㍍ほど先にあるからだ。ある程度は沖を釣らないと根掛かりばかりになるから注意が必要だ。

カレイ狙いのタックルはこちら
カレイの釣り方はこちら
キス狙いのタックルはこちら
キスの釣り方はこちら
青物狙いのタックルはこちら

※1 魚礁保護のため集魚剤・赤土・ぬかの使用は禁止。

インフォメーション

ホームページ http://www.umiduri.com
電話番号 078-753-3973
開園時間 3月 7〜18時
4〜6月と11月 6〜18時(5月の土日祝は19時まで、6月の土日祝は20時まで)
7月と9月 6〜19時(土日祝は20時まで)
8月 6〜20時(無休)
10月 6〜19時
12〜2月 7〜17時
休園日 木曜日(祝日の場合は営業。8月は無休。年末年始)。
料金 釣り公園 ■16歳以上(4時間)1,000円(1時間延長につき+250円。見学は200円)。
■6〜15歳(4時間)600円(1時間延長につき+150円。見学は100円)。
駐車場 4時間まで500円。以降1時間あたり100円。
その他 ■レンタルタックルあり(竿のみは600円、竿・餌・ハリ・オモリがついた貸し竿セットは1300円。別途保証金500円が必要〈破損がなければ返却時に戻ってくる〉)。
■仕掛け類の他、アミエビ、シラサエビ、虫餌などの餌の販売あり。軽食堂あり。ジュース、カップラーメンなどの自販機あり。
アクセス 阪神高速・神戸線の若宮ICを出てR2を西へ。須磨海づり公園を越えて進み、海づり公園の標識に従って左折。
山陽・東垂水駅から南へ徒歩10分程度。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう