遠投不要だから初心者も可!! 足もと狙いのカゴ釣りを紹介

足もと狙いのカゴ釣り8

カゴ釣りといえば「遠投」というイメージがありますが、釣り場によっては足もとへボチャンと落とすだけでもグレをはじめとした良型の魚が狙えます。その足もと狙いのパターンを紹介しましょう

(文:黒野忠則)

カゴ釣りといえば「仕掛けをできるだけ遠投して潮の流れに乗せ、ウキが豪快に沈むのを期待する」というイメージがあるかと思います。しかし、それとは対照的といえる遠投をせずに足もとへ仕掛けを落として待つというスタイルでも釣果が期待できます。以下ではその方法を紹介しましょう。

足もと狙いのカゴ釣りの基本

仕掛けと餌について

仕掛けに関しては、一般的なカゴ釣りのものと同じでOKです。かえる必要があるのは餌です。撒き餌に関しては沖アミやアミエビを主体としたもの(集魚材を混ぜてもOK)でよいですが、刺し餌については一般的な沖アミを使いません。使用するのはアオイソメです。

これで釣れるのはグレがメインですが、他にもサンバソウやカワハギ、場所によってはイシガキダイなんかもターゲットになります。

足もと狙いのカゴ釣り4
イシダイと呼べるような良型のイシダイがヒットすることもあります。

刺しアミや沖アミで釣れる魚と比較すると、サイズが大きいという傾向があるのがこのパターンの特徴の1つです。そのため細い竿や小さなリールを使うのはおすすめしません。磯竿3号、スピニングリール3000番クラスというのが基本となります。

足もと狙いのカゴ釣り1

また、ハリスにしても最低でも2号というイメージを持つことです。グレ狙いであればもう少し細くてもよいですが、どの魚も平均サイズが大きいこと、イシダイといってもよい40㌢オーバー以上のサンバソウが釣れることから2号以上のハリス用いるのが賢明です(サンバソウをメインにするなら3号以上を推奨)。

アプローチパターンについて

このパターンでは基本的にサソイはかけません。足もとで少しずつ出ていく撒き餌が切れるころ合を見計らって仕掛けをピックアップし、餌を詰め直すとともに刺し餌のアオイソメが生きているかを確認(動いていなかったり、ダラリとのびていれば交換する)してから再度投入する、というのを繰り返すだけでOKです。

足もと狙いのカゴ釣り7
餌のアオイソメが弱っていないかをピックアップするごとにチェックしましょう。

そして、このパターンでは潮の流れに任せて流す必要もありません。仕掛けがなじんだら糸を張った状態で待つだけでOKです。

アタリはウキが入る形で出ます。その後、合わせると掛かった魚は手前に突っ込もうとします。それを避けるように沖へ離すやり取りを心がけましょう。その点を守っていれば、ハリスに強度があるので切られることはまずありません。

釣り場の考え方ついて

釣り座は、足もとから水深が豊富であり、根が点在しているところへ構えるのが理想です。とはいえ、極端に浅くないところ、まったく根がない場所でなければ釣果が期待できます。

足もと狙いのカゴ釣り3
条件の揃った釣り場なら良型がヒットする期待感はアップします。

そうした釣り場の中にあって特に注目したいのが地形的な変化です。ケーソンの継ぎ目などのちょっとした変化にも魚がつくのでポイント選びの際は細やかな部分もチェックしましょう。

狙い目となる時間帯について

最も好釣果が期待できるのは朝夕のまづめどきです。基本的には日中に狙いますが、足もと狙いとあって電気ウキが必要ないことから夜に竿を出してみるものおもしろいかもしれません。うまくいけば、コロダイや良型のグレが出るかもしれません。そうしたターゲットに備え、夜は4号以上のハリスを張るのがよいでしょう。

以上の点を参考にしてチャレンジしていただき、サンバソウやグレの力強い手応えを楽しんで下さい。

実践釣り場ガイド/中紀・日高港

足もとから水深が豊富であるうえ、海底に変化があるため良型のグレをはじめ、40㌢超級のイシダイ・イシガキダイ・コロダイ・チヌ・キビレが期待できます。車横付けの形で竿を出せる、冬場にはとてもありがたい釣り場です。

足もと狙いのカゴ釣り2

タナはやや深めの4〜6ヒロ。そこを中心に探ると結果が出るかと思います。

なお、近くに川があるぶん雨後の釣りには向きません。それだけに晴れが続きやすい冬期は狙い目だといえます。ところどころにある立ち入り禁止の区域に注意(絶対に釣りをしないこと)して釣りを楽しんで下さい。

釣行メモ

駐車場 車の横付け可能
トイレ あり
アクセス 湯浅御坊道・御坊ICをおりたところを右折してしばらく道なりに直進。財部交差点を左折してR42をしばらく南下し、塩屋交差点を右折。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人気記事をチェック!!