大物が身近に!! 手軽なカゴブッ込みのスタイルを紹介

カゴブッ込み1

一般的なウキ釣りと違い、投げて置いておくだけと簡単なスタイルながらチヌをはじめとした大物がよくヒットするのがカゴブッ込みです。撒き餌がきく場所を読む力量は必要ですが、まずは気軽にチャレンジしてみて下さい!!

(カメラ/文 柿本恭久)

カゴブッ込みの魅力

水温が下がって餌取りが減るこれからは、大物を効率よく狙えるのがカゴ釣りがおもしろくなります。

防波堤でできるカゴ釣りには大きくわけて2種類あります。そのうち一般的なのは場所を選ばずに水中を3次元で狙えるウキ釣りスタイルです。そして、もう1つが撒き餌を入れたカゴを投げ込んで放置するブッ込みスタイルです。

ブッ込みスタイルは仕掛けを底に這わせるので2次元の釣りとなりますが、仕掛けが流されにくいことから打ち返すほどに撒き餌を定点にきかせられるというメリットがあります。

デメリットは根掛かりしやすいことです。場所によってはカゴ仕掛けが何度もロストすることがあるため、砂地やゴロタ底といった起伏の少ない場所が狙い目になるといえます。

カゴブッ込みのターゲット

カゴブッ込みスタイルの初冬から冬にかけての対象魚はチヌやマダイがメインとなります。そのうち特に有望なのが底の餌を拾い食いする傾向が強いチヌです。

カゴブッ込み10
チヌ類は好反応を見せてくれます。
カゴブッ込み6
良型のカレイがヒットすることもあります。

カゴブッ込みの好条件

具体的な好条件にも触れておきましょう。

私が好釣果を上げているのは泉南のとっとパーク小島や加太の大波止です。それぞれに共通するのは、魚影が濃い、流れが速い、砂底である、ということです。

カゴブッ込み15
カゴブッ込み16

特に有望なのが桟橋からの釣りになる、とっとパークです。潮が足もとから払い出すことから軽く投げるだけでも仕掛けをポイントに落ち着かせやすいうえ、左右の流れになりにくいため思い通りのコースに撒き餌をきかせることができる、というのがその理由です。

カゴブッ込み11
カゴのないブッ込み仕掛けも用意しておきましょう。

このような釣り場では筋状にのびる撒き餌に合わせ、ブッ込み仕掛けの沖へカゴのないブッ込み仕掛けを入れるという欲張り作戦の実行も可能です。

カゴブッ込み釣りの要点

どのあたりに撒き餌が留まるかをイメージすることが大事です。カゴの目の荒さ、着水時にこぼれる餌の量、打ち返しの際にシャクることでカゴから出る餌の量、潮の流れや水深によってかわる餌の着底点などを総合的にイメージし、餌が溜まる場所を考えることが欠かせません。ウキ釣りと同様に、肝心なのは撒き餌と刺し餌の同調なのです。

カゴブッ込み14
カゴブッ込み9
このように撒き餌(沖アミ)をカゴに詰めて狙います。

とはいえ、ウキ釣りのように撒き餌と刺し餌が同調するエリアが潮流などによって変化することはあまりありません。撒き餌がいったん落ち着けば、同調が維持されることが多いです。実際、一般的なカゴ釣りで狙っている方にアタリがない中、潮の流れをつかんでからは良型のチヌを連続で釣り上げたこともあります。

カゴブッ込みの仕掛け考察

仕掛けはシンプルが一番です。中通しのパイプ天秤にカゴとオモリをつけ、ハリをセットしたハリスを垂らすだけでOKです。

カゴブッ込み13
カゴブッ込み4
このようにカゴにオモリがついたタイプでも構いません。

ハリスとハリは、刺し餌を吸い込みやすいように軽いものを使うのがおすすめです。ハリはチヌバリ3~4号、ハリスはナイロンというのが理想的です。

カゴブッ込み7
刺し餌の沖アミははずれにくい背掛けにするのがおすすめです。

カゴブッ込みのアタリと合わせについて

アタリは竿先にでます。中通しの天秤を使用しているためか竿がひったくられたかと思った直後にドラグがけたたましく鳴るというパターンが多いです。それに対する合わせは、ゆっくり軽く竿をあおるだけでOKです。魚が掛かれば、ブッ込み仕掛けならではの強さを信じてのやや強引にやり取りしましょう。

カゴブッ込み12
仕掛けの強さを生かして素早く寄せられるのはブッ込み釣りのメリットです。

終盤を迎えるコロダイ狙いにも有効!!

11月中旬から12月初旬にかけては、終盤を迎えるコロダイ釣りにもカゴブッ込みが有効です。中紀以南にあるゴロタ浜や、漁港などに見られるケーソン際を狙うことで大アタリが期待できます。

もちろん チヌ狙いのような細い仕掛けではいけません。道糸、ハリスは10号クラス、ハリは伊勢尼12~13号といった仕様が求められます。

釣り方は上記で上げた方法と同様です。コロダイが回遊しそうな場所に撒き餌をきかせることで豪快なやり取りが楽しめるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう