年末年始のおすすめ大釣りプラン|紀東・七里御浜&尾鷲港で青物・グレ・チヌ

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港16

風裏釣り場の紀東で青物&グレ・チヌの釣り三昧♪

紀東・七里御浜、尾鷲港〈三重県〉

東に面する紀東エリアは北西風に強いだけでなく、日の出を眺めながら竿を出せるのも魅力です。朝はサーフで青物、昼は波止でグレ・チヌという具合に釣り三昧が可能ですよ!!

(文:木谷幸一)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

風裏釣り場となる紀東方面の遊び方の概要

新年を迎えるにあたり、その年の釣運を占う初釣りは釣り人にとって非常に重要なイベントのひとつです。

そんな初釣りのプランとしておすすめなのが、水平線からのぼる雄大な初日の出を見ながらの釣り三昧を楽しむというものです。ジェット天秤とルアーや弓角を使ったサーフでのキャスティング(ソシ釣り)で青物を狙い、日がのぼりきったら波止や地磯でグレ・チヌ・アオリイカと遊ぶというぜいたくなスケジュールで初釣りを満喫しましょう。

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港2
フカセ釣りや紀州釣りで良型のグレが狙える時期です。
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港4
七里御浜では、ポイントによってはカゴ釣りでグレやチヌ・大アジなども狙えます。

春先までの紀東方面は、この時期にやっかいな存在となる北西の季節風の影響をあまり受けません。ほとんどの釣り場が背後からの風となるため、よほどのことがない限りどこかで竿出しが可能です。また、東向きの釣り場が多いことから、水平線からのぼる神秘的な日の出を見ることができます(湾奥に位置するポイントだと微妙ですが…)。

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港5
美しい日の出を見られるのも紀東方面の魅力の1つです。

美しい太陽を拝みながら新年の好釣果を祈願してみてはいかがでしょうか?

ソシ釣りを行なうサーフでのポイント選択

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港11

早朝は、青物の回遊の可能性が高まる七里御浜でソシ釣りを行ないましょう。

ただし、広大なサーフとあって、初めてだとどこで竿を出せばよいか迷います。そのときに目安としたいのが〝少しでも変化のあるところ〟です。波打ち際に変化があるところ、海面の様子が他と違うところなど、少しでも変化があるところを重点的に探るのがよりよい釣果を上げるコツとなります。また、近くに鳥山がないか? ナブラはないか? など、変化を見つけ出す観察力も釣果に繋がります。水面の変化を常に注視しながら釣りましょう。

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港8
このような海面の変化はよい狙い目になります。
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港12
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港9
これが弓角(ソシ)です。ジェット天秤やマウスといった飛ばしフロートと組み合わせ、遠投&高速巻きで青物の食いを誘います。

ソシ釣りの釣り方の詳細はこちら。

日中はフカセ釣りや紀州釣りでグレ狙い

朝まづめが終われば、熊野〜尾鷲周辺にある各漁港でフカセ釣りや紀州釣りによるグレ狙いにシフトするのがおすすめです。七里御浜の北端にある木本の波止も魚影は濃いですが、足場がかなり高い(約7㍍)ことから釣りにくさがあります。

駐車スペースやトイレのことを考えると、足を少しのばして尾鷲の天満浦の大波止へ行くのがおすすめです。これからの時期は30㌢前後の良型のグレが狙えます。

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港10
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港6
足場のよい尾鷲港の波止もおすすめです。
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港7
尾鷲港・天満浦の大波止の付け根にはトイレもあります。

手軽な地磯として七里御浜北端にある鬼ケ城もよいでしょう。こちらも駐車場やトイレがあるうえ、地磯としては比較的エントリーしやすいです(波があるときは要注意)。

年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港14
年末年始大釣り七里御浜、尾鷲港13

フカセ釣りの釣り方の詳細はこちら。
紀州釣りの釣り方の詳細はこちら。

インフォメーション

アクセス 七里御浜は熊野尾鷲道・熊野大泊ICをおりて左折し、R42を南下。
尾鷲港・天満浦の大波止は紀勢道・尾鷲北インターをおりて道なりに直進。
こちらの記事も要チェック!!

冬のおすすめ釣行プラン・タイ祭り【紀北・塩津漁港のチヌ】

冬のおすすめ釣行プラン・竿1本で満喫スタイル【岬町海釣り公園とっとパーク小島のチヌ、他】

冬のおすすめ釣行プラン・竿1本で満喫スタイル【南紀・串本港のカワハギ】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう