低予算で遊べる浜のカゴ釣りに注目!! ソウダガツオ・グレ&チヌの連発も期待十分

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ6

年末年始の煙樹ヶ浜はカゴ釣りでソウダガツオ・グレ・チヌ・メジロ・アジなど多彩な魚が狙えます。リーズナブルな餌代で釣り味よし、食味よしの魚を狙えるという魅力は見逃せませんよ!!

(文:黒野忠則)

カゴ釣りで遊ぶおすすめの釣り場は中紀・煙樹ヶ浜

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ10
広大なサーフなので釣り座を確保できないということはありません。のんびりと釣ることができます。
カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ8
キャンプ場付近には駐車場とトイレがあります。

中紀・煙樹ヶ浜では年末年始にカゴ釣りでソウダガツオ(ヒラソウダ・マルソウダ)、30㌢級のアジ、40㌢級のグレ、年なしのチヌ、メジロなどが狙えます。ソウダガツオとチヌは同じタナで釣れるだけに両得も可能です。どの魚を狙うにしてもカゴ釣り師が多い場所、すなわち撒き餌がよくきいている場所に釣り座を構えるのが得策です。また、いずれも朝まづめが最も有望ですが、アジに関しては夜釣りに分があります。

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ1
カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ15
回遊していればソウダガツオが強い引きで楽しませてくれます。
カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ5
カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ14
煙樹ヶ浜の西側はシモリが多く、チヌ・グレの魚影の濃さも良好です。

タックルは3号ほどの遠投磯竿を用いた仕様とするのが基本です。ライトなタックルだと隣の人と仕掛けがオマツリしたり、魚を浜にズリ上げる際に竿が折れるなどのトラブルが多くなるからです。その点に注意し、以下の要点を実践して好釣果を目指して下さい。

カゴ釣りの餌とウキ下設定について

必要な餌はアミエビ4㌔(1,000円前後)、沖アミ素材配合のパン粉系集魚材(500円前後)、刺し餌の沖アミ(400円程度)の計2,000円ほどです。低予算で豪華な釣りが楽しめるのも魅力です。

なお、撒き餌に使うアミエビは結構な量が必要となるため持ち運びに苦労します。沖アミ素材配合のパン粉系集魚材を合わせて使えばアミエビの量を軽減することができます。

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ12
アミエビ主体の撒き餌を用います。
カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ15

ウキ下はウキ止めから天秤まで3ヒロほどというのが基本です。ハリスは1ヒロ半ほど取れば十分ですが、ハマチ〜メジロが不意にヒットすることもあるので3号を使いましょう。

浜のカゴ釣りは遠投するほど有利

浜では遠投するほどチャンスが増える傾向があります。以下の3点を頭に入れておくとスムースな遠投が可能になります。

①オモリを見直す

オモリを重くするほど飛ぶというのは間違いではありません。しかし、3号の磯竿で20号のオモリを飛ばそうとしても飛距離はのびません。オモリの重さに負けて竿の反発力が生きないからです。遠くに飛ばすには竿のパワーとオモリの重量のバランスが大事です。投げる前から竿がしなっているようではいけません。実際、よく飛ばす人は意外と軽いオモリを使っているものです。

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ11
竿の号数に合ったオモリ(カゴ)使いましょう。ちなみに、私は上ブタとオモリがついたステンレス製のカゴを用いています。

②竿の破損を恐れずに目一杯振り切る

竿は「曲がる」ことに関しては驚くべき耐性を持っているので、そう簡単には折れません。竿が折れるときの原因は「局部に強い力がかかったとき」だと考えましょう。たとえば、穂先を岩などに当ててしまったり、ウキをトップガイドに巻き込んだりすると局部に強い力がかかって簡単に破損します。竿の適合号数の範囲内のオモリを使っており、全体的に力がかかっていれば折れる心配はほとんどありません。だからキャスト時はしっかりと竿を振り切りましょう。その方がコントロール性が高まりますし、飛距離が格段にのびるはずです。

③砂を駆使する!?

①と②の基本を押さえれば仕掛けを遠くへ飛ばすことができるはずです。そこへちょっとした工夫を施せばさらに飛距離をのばせます。

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ9
釣り餌店に砂が置いているならわけてもらっておきましょう。

たとえば、向かい風の中で仕掛けが思うように飛ばないときは、餌店などに置いてある「砂」を使うのもいいでしょう。これを撒き餌のアミエビに少し混ぜると、飛距離がグンとのびるはずです。砂が手に入らないときは浜に落ちている小砂利を撒き餌に混入してもいいでしょう。

根魚やタチウオもおもしろい時期です

煙樹ヶ浜のカゴ釣り以外では、紀北・和歌浦漁港の根魚釣りと紀北・水軒鉄鋼団地のタチウオ釣りも要注目です。

メバル・ガシラは紀北・和歌浦漁港

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ3

冬は20㌢台後半のメバルやガシラのヒットが期待できます。シラサエビやブツエビのエビ撒き釣りが主流ですが、私はルアー用の仕掛け(フロートリグ)にアオイソメをセットして狙うのがお気に入りです。キャストしたら1秒でリールをひと巻きするほどのスピードで巻いていると、ガツンとアタリがきます。合わせは入れず、ゆっくりと一定速度で巻き続けるのがよりよく釣るコツです。

タチウオ狙いが可能な紀北・水軒の護岸

カゴ釣りカツオ・グレ・チヌ4

湾内のポイントでは脂が乗った美味な大型のタチウオが狙えます。終盤のこの時期はテンヤの引き釣りよりも電気ウキを使ったウキ釣りが有利です。また、ワイヤー仕掛けは食い込みがわるいので、ナイロンの仕掛けを使うのがおすすめです。深めのタナを狙うのがこの時期にアタリを引き出すコツとなります。

こちらの記事も要チェック!!

カゴ釣りを磯でもやってみませんか? フカセ釣りよりも簡単ですよ!!

釣り方簡単で好釣果!! 多魚種が狙えるカゴ釣り講座 Part.1

【カゴ釣り】初心者もOK!! 大型チヌ・マダイ+αに迫る遠投システム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう