【堤防釣り】保存版・初夏の大物釣り場5選〈丹後・若狭・越前編〉

大物釣り場丹後若狭越前1

初夏はあらゆるターゲットの活性が上がるタイミング。普段はアプローチできない大物の動きもよくなるため、自己記録更新サイズをゲットできる期待感は高まるばかり。そんなチャンスをものにできる要注目の釣り場の第3弾は日本海の丹後〜越前の中から5個所をピックアップしました。自身の好みにあったターゲットに目をつけて大物ならではの強烈な引きを体感して下さい!!

釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけること。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性がある。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従うこと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

①奈具海岸〈京都府〉

大物釣り場丹後若狭越前 奈具海岸

ターゲット:メバル

宮津湾奥に位置する比較的足場のよい磯場が釣り場となる。由良川河口の近くに位置するとあって餌が豊富であり、時期を問わずにメバルが狙える。梅雨入り前後がベストシーズン。

平均サイズは25㌢前後だが、まれに尺オーバーも混じる。爆発力はないものの、安定して釣れるのが魅力である。

時合は日沈直後と夜明け直前、そして深夜帯にくることが多い。ただし、このエリアでは時合にあまり神経質になる必要はないだろう。

アクセス 宮津天橋立ICをおりて右折して府道9を北上し、浜町交差点を右折。R178を進んで栗田海水浴場を過ぎると道路沿いに奈具海岸の磯場が広がる。
この他、舞鶴若狭道・舞鶴西IC からR27→R175→R178と経由して宮津方面へ向かうルートや、京都縦貫道・舞鶴大江ICからR175→R178と進むルートでも可。

②音海漁港周辺〈福井県〉

大物釣り場丹後若狭越前 音海漁港

ターゲット:アオリイカ

水深は浅いが、シモリやゴロタ石、藻場が適度にあるため小魚の寄りがよい。潮はほどよく流れるため、雨後でも釣果が期待できる。特に有望なのが音海漁港内のスロープや網干し場横のテトラ帯周辺の浅場である。

釣期は5月中旬〜7月初旬。沈下スピードの遅い餌木で表層付近を攻めるパターンなどの有効な一手でうまく探れば、ひと晩で3〜5ハイほどの釣果が上がる。サイズは300㌘〜1.5㌔が中心だが、条件しだいでは2㌔オーバーもヒットする。

悪条件は上げの8分〜下げの1分。沖にあった切れ藻やゴミが侵入してきて釣りづらくなるからだ。逆に、それらが出ていく下げの2〜4分は好条件となる。

アクセス 舞鶴若狭道・舞鶴東ICをおりて右折し、府道28を北上。小倉交差点を右折してR27に入り、しばらく西進。日置交差点を左折し、県道21→県道149と乗り継いで北上。
その他、舞鶴若狭道・大飯高浜ICから県道16→R27→県道149を通るルートでも可。

③矢代の波止〈福井県〉

大物釣り場丹後若狭越前 矢代漁港

ターゲット:チヌ

駐車スペース、トイレがある家族連れにもおすすめの釣り場。ゴロタ石、藻、砂地と底は変化に富んでおり、チヌはもちろん他魚種も魚影が濃い。チヌは春から秋にかけて狙えるが、エギングで賑わう秋は避けて6月中旬から8月中旬までとしたい。

サイズは30〜45㌢が主体。時合は朝夕のまづめどきにくることが多い。そのため15時ごろから撒き餌をきかせ始め、16〜18時ごろにかけて勝負するパターンがおすすめ。釣果は波止全体で期待できるが、先端はポイントを作りにくいので中央付近がおすすめ。

備考 駐車料金は1,000円
アクセス 舞鶴若狭道・小浜ICをおりて右折し、県道24を小浜市街方面へ。その後、市役所前交差点を右折してR162を敦賀方面へ。
その他、舞鶴若狭道・若狭上中ICをおりて県道22を北上し、R162を小浜方面へ向かうルートでも可。

④菅浜の波止〈福井県〉

大物釣り場丹後若狭越前 菅浜漁港

ターゲット:チヌ

駐車スペース、トイレもあるので家族連れでも楽しめる。チヌの好期は6月中旬から7月中旬。サイズは35〜45㌢が中心となるため目標を40㌢に設定して楽しみたい。

ここでは夜明け過ぎからが有望であるため6〜9時ごろまで竿を出すプランがおすすめ。条件としては、沖が多少シケているときの方がいいようだ。釣り始めに水深をきっちり計ってウキ下を底に合わせ、撒き餌をしっかりと打って魚を寄せれば釣果が上がるだろう。

備考 車1台につき清掃協力金1,000円が求められる。
アクセス 舞鶴若狭道・若狭美浜ICをおりて右折。R27・美浜東バイパスをすぐに下車して左折し、県道118を美浜原電方面へ。その後、今市交差点を右折して県道225を北上し、佐田交差点を左折して県道33を道なりに進むと菅浜。

⑤越前・米ノ漁港〈福井県〉

大物釣り場丹後若狭越前 米ノ漁港

ターゲット:メバル・アコウ

漁港周辺は全体的に浅い岩礁帯となっているうえ、水深が4〜5ヒロと豊富なので大型のメバルやアコウの実績が高い。特によい釣り座が波止の先端部。足場は全体的によい。

メバルの数が出るのは4月中旬から。アコウは5月下旬ごろからがいい。メバルのサイズは13〜17㌢が中心だが、早い時期は25㌢前後も単発ながら釣れる。数狙いは夕方から夜にかけてがいい。

一方、アコウのアベレージは25〜30㌢。波止の先端では35〜40㌢も期待できる。時合は早朝と夕まづめ〜夜にかけてくることが多い。

狙い目は海底に見える大きな岩の周辺。そのあたりを丹念に探ると数が出る。メバル・アコウともに北風が吹き、濁りの入ったときがチャンスとなる。

アクセス 北陸道・敦賀ICをおりてR8を越前方面へ。大比田交差点を左折して県道204→R305と経由して北上。
こちらの記事も要チェック!!

【波止釣り】保存版・初夏の大物釣り場12選〈紀北〜南勢エリア編〉

【堤防釣り】保存版・初夏の大物釣り場9選〈大阪湾編〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう