【磯釣り】春磯勝利の法則 Part.1〈グレ〉

春磯勝利グレ1-1

グレの動きが鈍いときだけに、よりシビアに仕掛けの流し方を考えたい。うまく流すことができれば大型の手応えも…!!

潮目近くの根や溝を狙うのが基本。
無反応なら沖から寄せる釣りを展開

産卵が終了する3~4月はグレの食いが落ちるとされている。しかし、すべてのグレが同じように行動しているわけではない。産卵の時期がずれる個体も結構いるし、産卵後に沖に行かずに磯際で体力の回復をはかる個体もいる。そうしたグレを狙えば思わぬ大物がヒットすることもあるから…!!

(文:森本敬介)

スポンサーリンク

〈基本戦略〉
際を狙いつつ根や溝をサーチ

主な狙い目は産卵期と同様である。注目すべきは、水深が8〜15㍍で、潮が緩やかに流れる根の多い深場近くの磯である。ただし、3月下旬までなら、朝に満潮を迎えるタイミングに水深1.5~2ヒロほどのゴロタ場で産卵前の良型が釣れる可能性がある。

春磯勝利グレ1-5

深場近くの磯で朝イチに撒き餌を打ったときに餌取りが視認できれば、グレの活性が高いことも考えられるためウキ下3~4ヒロで磯際を狙う。それで反応がなければ狙うタナを2ヒロほど一気に落とし、ウキ下の微調整を繰り返しながら刺し餌に変化がでるところを探っていく。それでも刺し餌が取られないようならウキ下をどんどん下げ、最終的には底近くを狙う。

その際、磯際をこするように刺し餌を落とし込むとアタリがでる確率が高くなる。撒き餌は刺し餌と同じところを通るように磯際ギリギリに打ち込むようにする。この方法は仕掛けを流すというよりも、止めて待つというイメージで釣る方がアタる確率が高い(図1の⑦〜⑧)。

春磯勝利グレ1-6

磯際で食わない場合は仕掛けを潮目へ流し込むが、グレはつき場となる根や溝からほとんど動かないため単に流すだけでは釣れない。根や溝へ刺し餌をきちんと届けることを意識しなくてはならない。

根の位置がわかっている場合は図1のようにⒶの釣り座から①→②→③と流し込むとよい。それで食わなければⒷの釣り座から④→⑤→⑥とコースをかえて潮目までを探る。一方、根や溝の位置がわからないときは、釣り座を移動しながら流すコースをいろいろとかえてアタリがでるところを探ることになる。

浅いゴロタ場を狙うときは、刺し餌が入るような大きな石の近くで仕掛けを止める方法でアタリがよくでる。サラシの影響で仕掛けが石の中へと引き込まれるときは絶好のチャンスといえるから集中して狙いたい。

〈応用戦略〉
張りが保てないなら沖から寄せる

春磯勝利グレ1-4

仕掛けを引き寄せて張りを保つ方法が効果的なこともある。過去には連発したこともあるだけに、反応がなければ試してみる価値は大いにある戦術だ。

上記の基本戦略で狙ったものの、まったく反応を得られないなら仕掛けの流し方を大きくかえてみる。仕掛けを潮に乗せて流すというフカセ釣りの基本とは逆に、沖へ投入した仕掛けを寄せる方法で食う位置を探る。

図2のような通常の流し方であれば、ⒶからⒷへといく過程で刺し餌が㋐→㋑→㋒となじむが、㋑の位置ではウキが先行した形となるため食いがわるくなる。同じようにⒷからⒸへといく場合も㋓の位置ではウキが先行した形となる。つまり、Ⓐ〜Ⓒの移動時においてグレが食うチャンスは㋐・㋒・㋔しかないわけだ。このロスを解消するには仕掛けの張りを常に作る必要がある。

春磯勝利グレ1-7

ある年の寒グレのシーズン、水温が低下したことでグレの活性が非常に低く、私を含めてほとんどの人にアタリがないという状況に見舞われた。潮の流れが緩いぶん張りを保てば仕掛けが手前に寄るという釣りにくさを打開しようと悩んでいたとき、パッと名案がひらめいた。「どうせ張れないのであれば沖から寄せてくればいい。そうすればずっと張りを保てる」 そう思って図3のようにやってみると、すぐにアタリがでた。そして、最終的に10匹の釣果を得ることができた。それ以来、潮が緩やかで食わないときに実践し、たびたび釣果を上げている。

春磯勝利グレ1-8

コツはⒶ→Ⓑ→Ⓒと寄せてくる際、仕掛けが立ちきらないうちに引き戻すこと。そうすれば㋐~㋔までの広範囲を探れ、アタリがでる確率が高くなる。この釣り方における撒き餌は仕掛けの手前に打つ。そうすれば刺し餌と同調しやすくなる。

〈最終手段〉
グレがダメならターゲットをシフト

餌取りが少ないうえにグレの反応がまったくないときは、8~12ヒロといったウキ下で沖の潮目を探ってマダイやイサギを狙うとよい。最初は重めのオモリが乗る仕掛けで探るが、食わなければ00のウキを用いた軽い仕掛けにシフトする。その場合、ただ流すだけではアタリはでない。ある程度沈下したら張る作業が必要になる。

こちらの記事も要チェック!!

春に実践したい尾長グレを見すえた磯際戦略

食い渋りに打ち勝つグレ・フカセ釣りQ&A

【寒グレ】釣果アップに不可欠の〝なじみ〟を考察 Part.4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう