釣り公園ガイド 和歌山マリーナシティ釣り公園

釣り公園マリーナシティ1

安全柵が設置されているから子ども連れでも安心して楽しめる釣り公園。手軽に遊べるターゲットが豊富というのもファミリー派にとってはうれしいところ。一方で本格派も満足できる大物も期待できるというフトコロの深さも兼ね備えている。そして、周辺にはレジャー施設が揃っているから釣り+αの楽しみ方も…!!

主な対象魚 アオリイカ・アジ・イワシ・ガシラ・カレイ・カマス・カワハギ・キス・グレ・コウイカ・サバ・サンバソウ・チヌ・チャリコ・ベラ、他

和歌山マリーナシティ海釣り公園の概要

全長570㍍の護岸に安全柵が施されており、子ども連れでも安全に1年を通して多彩なターゲットが狙える。また、入口付近には安全柵のない短い突堤もある。こちらは腰を据えて竿を出せることから紀州釣りをはじめとした本格派にも人気がある。

釣り公園マリーナシティ3

護岸は安全柵が設置されているうえ、後方が広々としている。安全性は高く、子ども連れでも安心して楽しめる。

設備面はもちろん充実しており、餌や釣り具、軽食などの販売、トイレ、自動販売機が完備されている。その他、救命具やタックルの貸し出し、クーラーボックスの販売もあるため、手ぶらでの釣行も可能だ。
なお、マリーナシティ島内には遊園地、黒潮市場、温泉といったレジャー施設が揃っている。釣り+αといった多彩なパターンの遊びも可能なだけに、ファミリー派には特におすすめといえる(釣り公園は入場券の半券があれば1日中出入りできるので、朝夕のまづめどきに集中して釣り、日中は市場で食を楽しんだり、遊園地で遊ぶ、といったプランも可能である)。

四季の釣りもの

ベストシーズンは夏〜秋。この時期に多く回遊するアジ・サバ・イワシといった小魚をサビキ釣りで狙うのがおすすめ。手軽に好釣果が上がるだけにファミリーで楽しむのにはうってつけである。年によっては冬までアジが釣れ続くこともある。

サビキ釣り仕掛けはこちら
アジの釣り方はこちら

春〜秋にはチヌ狙いがおもしろくなる。紀州釣りでは多くの本格派が訪れ、春は型狙い、夏〜秋は数釣りを楽しんでいる。また、フカセ釣りや落とし込みも有望だし、真冬にはボケや沖アミなどを餌にしたブッ込み釣りによる実績もある(キビレが主体)。

紀州釣りの釣り方はこちら

釣り公園マリーナシティ5

安全柵のない突堤は紀州釣りに最適。どっしりと腰を据えてチヌにアプローチできる。

投げ釣りでは夏〜秋にキス・ベラ・チャリコ・カワハギなどが期待でき、冬〜春にはカレイも狙い目となる。また、波止際を胴突き仕掛けで探り歩いてサンバソウやベラ・カワハギなどを狙うのもおもしろい。

SWルアーでの狙い目はアオリイカやコウイカ。秋にはエギングで数釣りが楽しめる。なお、人が多いときのキャスティングは気をつけること。

アオリイカのエギングの方法はこちら

そして、家族連れには隣接する釣り堀の人気も高い。こちらは別料金になるが、マダイや大型青物などの高級魚を手軽に狙えるとあって好評である。

インフォメーション

ホームページ http://www.wakayama-tsurikouen.com/
電話番号 073-448-0020
開園時間 ■11〜3月…7時~17時
■4〜10月…6時~18時
料金 釣り公園 ■大人(中学生以上)1,000円
■小人(小学生)500円
※入場の際の半券があれば1日の出入りは自由
釣り堀 終日料金(7時半〜15時)
■大人(中学生以上)10,300円
■小人(小学生)6,200円
半日料金(10時半〜15時)
■大人7,200円
■小人4,100円
※竿を1本出すときの料金。家族4人で1本の竿を使うなら1名分の料金でよい。
※釣った魚はすべて持ち帰り可。
※開始時間の30分前に集合。
※予約優先。当日入場も可能。
駐車場 1日1,200円
その他 ■釣り公園、釣り堀ともに貸し竿(仕掛けつき)1,500円。
■仕掛け類や軽食の他、沖アミやアミエビをはじめとした主要な冷凍餌の販売あり。
■救命具の貸し出し無料。
アクセス 阪和自動車道・海南ICをおりてR42を和歌山方面へ約10分。琴の浦交差点を左折して道なりに進み、マリーナシティーに入ってから最初の信号を左折。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう