DAIWA・銀狼王牙 AGS|”優しい粘り”が魅力的な最新チヌ竿の特徴をチェック

※再生できないときはこちらをクリック

DAIWAのニューアイテムである『銀狼王牙 AGS』は竿を曲げてやり取りすることの楽しみを味わいながらターゲットとの駆け引きを楽しめる〝優しい粘り〟を体感できるチヌ竿です。

【銀狼王牙 AGSの特徴①】粘靭ブランクス

〝優しい粘り〟を生み出す調子を実現するために、特にこだわって設計されたのが4番部分。曲がり込む1〜3番に対して4番に粘りを持たせることで、曲がりを楽しみながらもチヌの引きをコントロールすることが可能となっています。たとえば、岩や藻場があるシチュエーションでもチヌを怒らせることなくあしらえるため、取り込み率がアップすると考えられます。

DAIWA・銀狼王牙AGS4

ブランクスは超高密度高強度カーボンSVFナノプラスを採用。高い操作性を有する軽量かつ細身のブランクスでありながら強度も保持。竿を曲げることの楽しさを存分に味わえる設計となっています。

【銀狼王牙 AGSの特徴②】視認性を確保した繊細な穂先

沈め探り釣りのように穂先でアタリをとるスタイルにも対応できるように、餌をくわえたターゲットが違和感を覚えない柔軟性を備えたうえで、アタリが鋭敏にでる繊細さと、目で把握しやすい視認性が追求されています(メガトップモデル、SMTモデルともにオレンジのタフブライトコートが施されています)。

DAIWA・銀狼王牙AGS5

トップを除く1番から2番に超軽量ガイドであるAGSが搭載されいるぶん繊細な穂先の性能が引き出され、より高い精度でのアタリの感知が期待できます。

【銀狼王牙 AGSの特徴③】操作をサポートするエアセンサーシート

リールシートは握った際に吸いつくような使用感を得られるように設計された独自のハンプ形状によるエアセンサーシートが採用されています。また、リールの固定にはスクリュー式が採用されており、リールがガタつくことがないためしっかりとホールドすることが可能です。

DAIWA・銀狼王牙AGS1

この滑りにくいグリップ部分にもチヌを引きに対してしっかりと竿を曲げるということへのこだわりが見て取れます。

以上の他、セパレートグリップを採用したことでロッドを保持したときのバランスが向上しているとのこと。それによって持ち重り感が低減し、よりクイックなアプローチが行なえるというのも魅力的です。

PEライン釣法から練り餌釣法まで幅広い釣り方に対応する汎用性の高さも『銀狼王牙 AGS』の魅力。それぞれの得意パターンで竿を曲げることで感じられる〝優しい粘り〟を味わってみてはいかがでしょうか?

(編集部)

銀狼王牙AGSのラインナップ

モデルはメガトップモデルとSMTモデルの2種類。
■メガトップモデル…0号-53、06号-53、08号-50、1号-53、1.2号-53
■SMTモデル…06号-50SMT、1号-50SMT

銀狼王牙AGSのスペック(0号-53の場合)

全長5.30㍍/継ぎ数=5本/仕舞寸法=116㌢/自重=175㌘/先径=0.75㍉/元径=24.8㍉/オモリ負荷=0.5〜2号/適合ハリス=ナイロン0.6〜1.5号

銀狼王牙AGSのメーカー希望本体価格

80,000〜87,000円

発売日

08号-50・Rは4月発売予定

メーカーの商品ページ

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/iso_rod/ginro_ohga_ags20/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人気記事をチェック!!