寒期のスズキ狙いはエビ撒きが強し!! 低水温期攻略の要点を解説

寒期のエビ撒き1

小魚を追うほどの体力がない低水温期にスズキを狙うならエビ撒き釣りがイチオシです。厳しい時期でも釣果を上げるための要点とおすすめの釣り場を紹介しましょう

(文:新宅功治)

エビ撒き釣りでスズキを釣るための釣り場の条件

フィッシュイーターであるスズキは、暖期のように素早く動くことができない寒期には小魚を追いにくくなると考えられます。つまり、この時期こそエビ撒きが有効になるわけです。

寒期のエビ撒き8
波止の右手のように潮流や風の影響を受けない個所に目をつけましょう。

狙い目となるのは、スズキの魚体に冷水が当たる急流スポット(潮通しのよ過ぎる場所)ではなく、潮がゆっくり流れるうえに身を隠せる障害物のある場所です(その点を踏まえた釣り場については後述させていただきます)。

エビ撒き釣りでスズキを釣るための仕掛け考察

タックルについては図の通りです。この中で個人的にこだわっているのがハリです。普段はチヌバリの2〜3号をメインにしていますが、寒期に関してはウミタナゴ8〜9号を基本としています。

寒期9のエビ撒き

掛かりのよ過ぎるチヌバリは、スズキが餌を吸い込んだときに口の奥に掛かりやすく、やり取りをしているときにハリスがザラザラとした歯にこすれて切れることがあるのです。その点、ウミタナゴバリなら吸い込まれても合わせの力で引き戻され、ハリスが歯にこすれにくい口もとに掛かることが多くなります。また、自重が軽いぶんエビのよりよい刺し方といえるハナ掛けにした際にごく自然な動きとなる点でも有効だと感じています。

寒期のエビ撒き5
軽いウミタナゴバリと鼻掛けの組み合わせによってシラサエビがよく動くため、食いの向上が期待できます。

エビ撒き釣りでスズキを釣るための釣り方の要点

基本的な釣り方は2通りあります。

4ヒロ以上の深場を狙う場合

深場を狙う際は底撒き器を用います。それにシラサエビを入れ、タナの1ヒロほど上で割って撒き餌をまずします。ただし、これを行なうのは釣り始めの2~3回です。その後はポイントの潮かみへの上撒きで十分な効果が期待できます。5分毎とか10分毎に底撒きをする方法もありますが、底撒き器を割るときの糸鳴りに対する警戒感は大物ほど強くなると感じるため、私は釣り始めのみとしています。

寒期のエビ撒き4
深ダナ狙いでは底撒き器が必須です。

4ヒロまでの浅ダナ狙い場合

浅ダナ狙いでは上撒きのみで構いません。大切なのは、タックルの準備をする前に撒き餌シャクを用いてポイントの潮かみへ3~4杯投入すること。撒き餌がきくまでに5~10分かかるからです。

寒期のエビ撒き6
撒き餌はポイントの潮かみへ打ちます。

そして、1投めから5投めぐらいは多めに撒き餌を打ちます。1匹釣れれば2投に1回くらいのペースに落としてもよいですが、撒き餌が絶えず漂う状況を作ることに努めましょう。

撒き餌をする際は、撒き餌シャクをシェイク(振る)することでシラサエビを仮死状態にするのが一般的ですが、水温が低い厳寒期は仮死状態(アピールしない)のまま沈むため4ヒロまでの浅場ではシェイクしないか、シェイクする回数を少なくするのが得策です。

寒期のエビ撒き7
浅場狙いではシェイクを控えめにするのが得策です。


スズキ狙いの実践釣り場ガイド

初心者でも釣果の期待感が大きい浅場の釣り場を紹介しましょう。

大阪北港・ヨットハーバー

寒期のエビ撒き10

基本的には外向きの足もと(際)が狙い目となります。水深は2ヒロまでと浅いですが、足もとに入っているスリットの中にスズキや越冬する良型のチヌが多く潜んでいます。

おすすめの釣り方は足もとにポロポロと撒き餌をしながらスリットの中にいる魚を呼び出す際釣りです。スズキ狙いならウキ下は1~1.5ヒロと矢引き。満潮へと向かう上げ潮が特に期待できるタイミングです。

注意点は、掛けた魚をスリットへ逃げ込ませないようにすること。アタリがあれば沖向きへ竿を大きくあおって合わせ、際から引き離すことを心がけましょう。その点で長い磯竿が有利だといえます。

寒期のエビ撒き3
主導権を握ってやり取りすることが大事です。

大阪北港の釣行メモ

たまや渡船
電話番号 090-3286-3165
HP http://kurodai60.sakura.ne.jp/tamaya/index.htm
料金 大人(高校生以上の男性)2,500円
女性・子ども(中学生以下)1,500円
備考 ■平日は予約制。前日までに問い合わせをすること。
■乗船場などの変更点があることも考えられるため、釣行時は事前に電話で連絡するか、HPを確認のこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう