チヌ&アオリイカ 楽チン大物釣りプラン|和歌山マリーナシティ釣り公園のチヌ

チヌ&アオリイカ大物1-2

入門道場的な釣り公園で紀州釣りデビューはいかが?

〈和歌山県〉和歌山マリーナシティ海釣り公園

サクラが開花し始めると、産卵を意識したチヌが浅場で果敢に餌を食べるようになります。家族連れに人気の和歌山マリーナシティ海釣り公園でも紀州釣りのチヌ狙いでそろそろ景気のいい釣果が…♪

(文:木谷幸一)

和歌山マリーナシティ海釣り公園の紀州釣り+α

サクラが咲くころからGWにかけて、産卵のためにチヌが浅場へと接岸します。そんな乗っ込みチヌ狙いの教科書的なポイントが和歌山市の最南端にある和歌山マリーナシティ海釣り公園です。

チヌ&アオリイカ大物1-8

難しいイメージのある紀州釣りですが、コツさえ押さえれば割と簡単です。私の知人は初挑戦で40㌢級を手にしたほどです。

紀州釣りの人気ポイントであり、餌が常に入っている突堤のコーナー付近なら朝から釣果が期待できます。前日に誰も竿を出していなさそうな護岸(餌が入っていない場所)から狙う場合は、午後から時合がくることを期待してコツコツとダンゴを打ち返しましょう。

チヌ&アオリイカ大物1-3
このように紀州釣り師が並ぶことが多い突堤が一番の狙い目です。
チヌ&アオリイカ大物1-4
こちら側でも竿を出せますが、安全柵があるぶんやや釣りづらさがあります。

3~4月はキビレ・グレ・スズキ・キス・ガシラ・メバル・コウイカ・タコが狙えます。年によっては18㌢前後のマイワシも回ってきます。ファミリーフィッシングを楽しむにも最適のシーズンと場所だといえます。

チヌがよく釣れる紀州釣り入門ガイド

ダンゴベースの配合方法

ダンゴベース作りの手間を省くなら釣り場付近の餌店で販売されている配合ヌカを購入しましょう(素ヌカは買わないように注意して下さい)。

自分好みのダンゴを作りたい場合は、まずはベースとなるヌカを作ります。素ヌカ2(餌店か米穀店で購入)に対して砂1(餌店で調達可)を混ぜ合わせましょう。そこへ市販の集魚材、沖アミ、アミエビなどを加えて混ぜ合わせます。餌取りがまだ少ない春に関しては、この+αが多いほどチヌとの接点が多くなるといえます。

チヌ&アオリイカ大物1-12
配合した沖アミ(ミキサーで細かく砕く)とアミエビの水分でヌカをまとめていきます。

集魚材を選ぶキモは、①まとまりがいい、②比重が高い(沈みやすい)、③遠投性がある、④匂いが強いの4点です。フカセ釣り用のパン粉系集魚材は比重が軽いので紀州釣りには不向きです。

ダンゴは水分量がとても大切です。私の場合、いっさい水を加えずに沖アミやアミエビの水分だけで練り込んでいます。

仕上がりがしっとりとしているのは水分が多過ぎる証拠です。サラッとしているものの、握るとしっかりと形になり、それでいて手をはたくとヌカが手につかない程度の水分量がベストです。このダンゴ作りの精度が釣果に大きく影響します。ていねいに作りましょう。

釣り方の流れ

①ウキ下をトントンに設定する

慣れない人はタナ取りオモリ(ゴムつきの中通しオモリなど)を使って水深を正確に計りましょう。そして、まずはウキ下を底トントン(水深よりわずかに浅め)に設定します。

チヌ&アオリイカ大物1-11
チヌ&アオリイカ大物1-10
②同じ投点に何度もダンゴを投入する

ウキ下が決まれば実釣開始。片手に取ったダンゴベースの中にハリを刺した刺し餌を入れ、上からベースをかぶせて握ります。大きさはテニスボールぐらいが目安です。常に同じ大きさとかたさで握ることが大切です。

チヌ&アオリイカ大物1-6
同じ大きさとかたさに仕上げることが大切です。無理に大きなダンゴを作ると、握力が弱る後半にバラけやすくなったり、サイズが小さくなるなどして釣りのタイミングが崩れることがあるので注意しましょう。
チヌ&アオリイカ大物1-7
餌はアタリがでやすいボケが最良です。

そして、同じ投点にダンゴを投げ続けてポイントを作ります。何度か投入を繰り返したら、底の状態、餌取りの多さ、ダンゴが割れるまでの秒数などから判断して握る回数を調整していきます。遠投だと投点がバラつく場合はアンダースローで近投しても構いません。近くでもよいので1点集中でポイントを作ることが大切です。

③ダンゴが割れるタイミングを把握する

何度か投入を繰り返すと、ウキの動きの変化(トントンのタナなら海中に少し入っていたウキがポコッと海面に現われる)を通して着底したダンゴから刺し餌が出るまでの平均タイムがわかります。その時間が早ければダンゴの調合(かたさ)がうまくいっていないか、ダンゴをついばむ魚が多いということがわかります。

チヌ&アオリイカ大物1-5
ダンゴから刺し餌が出るタイミングを把握することが大物をキャッチする第一歩です。

刺し餌が出たことがわかればアタリの把握に注力することができます。ただし、波気や流れが強いときはウキが浮き沈みしやすいため、アタリかどうかの判断がつきにくくなります。また、ダンゴの重みでウキが沈むケースもアタリと勘違いしがちです。そうしたアタリではないウキの変化を覚えていくことで本アタリかどうかの判断がつくようになり、チヌが釣れる確率が高まります。

いずれにしてもダンゴから刺し餌が出たことが把握することがとにかく大事です。まずはその反応をとらえることに注力して下さい。

こちらの記事も参考にして下さい

インフォメーション

和歌山マリーナシティ海釣り公園
HP http://www.wakayama-tsurikouen.com
電話番号 073−448−0020
住所 和歌山市毛見1535-3 和歌山マリーナシティ内
営業時間 ■11〜3月…7~17時。
■4〜10月…6~18時。
料金 大人(中学生以上)1,000円
小人(小学生)500円
※1日出入り自由。
※駐車料金1,200円
備考 ■サビキに適したレンタルタックルあり(仕掛けつきで1,500円)。
■刺し餌類やアミエビなどの餌、軽食などを販売する売店あり。
最寄りの釣り具店 Fishingクリモト・海南店073-482-3097)。
アクセス 海南ICを出て海南方面へ向かい、R42を道なりに北上。琴の浦交差点を左折したのち突き当たりを右折し、道なりに直進するとマリーナシティ。
こちらの記事も要チェック!!

チヌ&アオリイカ 楽チン大物釣りプラン|紀東・古江漁港のアオリイカ

チヌ&アオリイカ 楽チン大物釣りプラン|姫路・灘浜公園のチヌのフカセ釣り

チヌ&アオリイカ 楽チン大物釣りプラン|南勢・波切漁港のアオリイカ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう