紀州・地磯ガイド【中紀】方杭崎

方杭崎釣り座A

由良湾内に位置することから外海が荒れている状況でも竿を出せるチャンスがある。

由良湾の少し奥まったところに位置し、南にある日ノ岬や小浦崎がウネリをブロックしてくれるから多少の荒れ模様なら釣行可能。グレの他、チヌ・イサギ・アイゴ・カワハギ・アオリイカなど、おいしい魚が揃う好釣り場だ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ポイントガイド

方杭崎ポイント
  • 地磯 方杭崎釣り座A
    本命釣り座のⒶ。足もとが主な狙い目。

由良湾の少し奥まったところに位置しているが、岬の先端とあって潮通しは比較的よい。また、水深が豊富であるうえ、起伏に富んだ岩礁帯とあって磯魚の魚影は濃い。比較的足場はよく、じっくりと竿を出せるのがうれしい。

●Ⓐの釣り座…は本命とされる釣り座。水深豊富な足もとのオーバーハングにグレが居ついている。また、磯際から常に出ているサラシの切れ目までをじっくりと狙うのもいい。

●Ⓑの釣り座…Ⓐ同様に足もとから水深がある。棚のようになっている磯際の落ち込み付近が狙い目。

●Ⓒの釣り座…足場が少し高く、左前方に大きなシモリが点在しているのが特徴。ⒶやⒷと比べると水深がやや浅いが、潮の動きが複雑なシモリ回りは好ポイントとなる。

●Ⓓの釣り座…Ⓒよりさらに水深が浅いが、釣りは十分にできる。サイズを問わなければ前方にあるシモリとの間の海溝のようなところが魚影が最も濃いと思われる。ただ、釣り座が低く、満潮時や波のあるときは足もとが洗われるので注意が必要だ。

アクセスガイド

方杭崎周辺
  • 方杭崎駐車
    進入口の北側の道路脇に駐車スペースがある。

湯浅御坊道・広川ICをおりて左折し、R42を由良町方面へ約15分南下。入路交差点を左折して道なりに西進し、突き当たりの由良港橋南詰交差点を左折、海上自衛隊前交差点を右折し、県道24を道なりに進む。カーブの連続となる山道をしばらく走ると右手の道路脇に3台ほど駐車可能な2個所の駐車スペースがある(方杭漁港にたどり着くと行き過ぎ)。

その駐車スペースから方杭漁港へ向かって少し歩くと、海側にある2本並んだ電柱を目印に山道に入る。前半は緩やかな上り、後半は下りの山道をしばらく歩くと目前に海が見えてくる。ゴツゴツとした石が多い山道をさらに進むと目的の地磯の真上に出る。ここから少し斜度のある岩面を10㍍ほど下ると釣り座に着くが、この区間は危険がともなうため要注意。安全のために張られているロープを伝ってゆっくりとおりること。


【必読】地磯釣行時に守るべきルール

※上記のリンク先にある「地磯釣行時に守るべきルール」を必読していただき、ルールをしっかりと理解したうえで安全第一、マナー順守を留意して地磯での釣りをお楽しみ下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう