カレイ・乗っ込み終盤を満喫!! 淡路島のオススメ釣り場ガイド

乗っ込みカレイ終盤淡路島6

乗っ込みの終盤戦を迎える淡路島のカレイ釣りを楽しむには、釣期やカレイの行動パターン、強い北西風などの諸条件を考慮して西浦側と東浦側の釣り場を押さえておくのが得策です

(文:藤原 誠)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

乗っ込みカレイ・淡路島のパターン

12月に入れば、水温が下がる北側から乗っ込みカレイの終盤に入ります。とはいえ、やっかいな餌取りが少なくなることを考えると、淡路島の北側は今がカレイのベストシーズンだといえます。釣れだしが特に早く(9月末~10月1週め)、すでに産卵に入って口を使わなくなった場所は避ければよいでしょう。

11月中旬あたりに最盛期を迎える場所であれば年明けまで釣果が望めますが、港内は避けるのが賢明です。潮通しがよければ話は別ですが、この時期は概ね外向きの方が有利に思えます。

時期的に北西風が強くなりますが、さまざまなシチュエーションの釣り場を有する淡路島はよほどのことがない限り竿出し可能です。もちろん、雪の心配もいりません。ただし、西浦側は北西風に弱いことから選択肢が限られるのは否めません。

乗っ込みカレイ終盤淡路島4
西浦側と東浦側では状況が異なります。天候や釣れ具合など、状況を察知したうえで釣り場を選択するのがこの時期の淡路島で釣果を上げる要点となります。

12月は天候がよければ西浦に目をつけたいところですが、東浦に比べて釣れ始めが早いぶん一服状態となる釣り場も多いです。一方、風裏となる東浦やカレイの活性が高まる南淡は多くのキャスターで賑わい、釣り座を確保するのも難しくなります。

このようにカレイの行動パターンと釣り場の傾向をある程度理解しておくことが淡路島では重要です。「実績場に入れば何とかなる」といった安易な考えが、はずす一番の原因となるだけに、釣れる時期とカレイの行動パターンを理解したうえで臨みたいものです。

では、以上の点をふまえて乗っ込み終盤戦のイチオシの釣り場と穴場的な釣り場を紹介しましょう。

乗っ込みカレイ終盤戦の釣り場ガイド

イチオシ釣り場・斗ノ内漁港〈兵庫県〉

乗っ込みカレイ終盤淡路島8

釣り場は広いですが、護岸のコーナー部以外は反応がイマイチな感じがします。コーナー部は高確率?で釣れる人気ポイントとあり、釣り座を確実に確保するなら夜から入るのが無難です(テトラ越しの釣りになるため、夜が明けても足もとには細心の注意が必要)。

乗っ込みカレイ終盤淡路島3
コーナー付近に釣り座を取るのがおすすめです。足場はよいですが、取り込みの際はテトラに上がることになります。細心の注意を払って行動して下さい。

コーナー部付近は、海底の変化があまりないうえに水深が浅いです。それでも潮通しが抜群とあってカレイの寄りは良好です。釣りにならないほどの激流が走ることが1日の間に数回ありますが、その際は竿数を減らして対応しましょう。激流が止まれば時合と考えて集中して狙うのが得策です。

ただし、潮が緩んだときはヒトデがよく掛かるという難点があります。コイツをかわさないとカレイを仕留めることができないため、サソイをこまめに入れて餌を動かすことが欠かせません。

餌はマムシよりアオイソメが有効です。浅場でマムシを使うとフグの猛攻に合う可能性があるからおすすめできません。

穴場釣り場・洲本港〈兵庫県〉

乗っ込みカレイ終盤淡路島10

東浦で最も広大な洲本港は、足場がよいうえに1年を通して多彩な魚種を狙えることからファミリーフィッシングの釣り場としても人気です。

カレイ狙いでは北側にある赤灯波止の先端回りが狙い目になります。乗っ込み盛期には混雑するスポットですが、12月中旬ともなると人が少なくなってゆったりと楽しめるはずです。

乗っ込みカレイ終盤淡路島2
先端回りが特におすすめのポイントです。
乗っ込みカレイ終盤淡路島1
全体的に足場は良好です。

カレイ以外では運がよければアイナメも釣れます。先端からケーソンの間を狙ってみましょう。

カレイ狙いでは先端周辺にできる潮ヨレを重点的に攻めます。そうした変化がないときは遠、中、近(波止の際も)と広く探りましょう。

水温が下がると、カレイは自ら餌を捜すというよりも目前の餌を仕方なく口にするという動きになりがちであるため、いろいろなところに投げては誘うといった行程を繰り返すのが有効です。冬はこまめなアピール1つで釣果がかわることを頭に入れてアプローチしましょう。

こちらの記事も要チェック!!

【カレイ】乗っ込み終盤戦も釣れる東播エリアの楽しみ方とは?

最大級のカレイが釣れる!! 山陰〜但馬の攻略法&有望釣り場ガイド

カレイ連発の必須要素。食いが高まる〝時合〟を検証

この記事が気に入ったら
いいね!しよう