カレイ連発の必須要素。食いが高まる〝時合〟を検証

カレイ時合2-7

確固たる決まりはありませんが、カレイの〝時合〟が到来する目安を把握して竿を出せればアタリをとらえる確率を上げることは可能です。自然はもちろん、人工的に生まれる流れの変化、潮汐、餌となる虫類の動きが活発になる条件などを総合的に考えていくと、カレイの食いが高まる状況が見えてきます。そのタイミングで餌がついた仕掛けを地形変化のあるポイントに入れることができれば…!!

(文:木下昌彦)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレイの時合到来の見きわめ方?

みなさんもご存じだと思いますが、一般的なカレイの時合は潮の「緩み始め」と「動き始め」といわれています。私もこれまでの経験を踏まえて「もちろんその通りだ!!」と思っています。しかし、基本はそうでも、潮止まり前後に食わずに潮がガンガンに流れているときにポツリと食ってきたり、朝イチや夕暮れどきにバタバタと食ってきたりすることもあります。午前10時とか午後3時など時間帯によって食いが立つ釣り場もあります。それを見きわめるにはその釣り場に通うか、釣友などの情報によって把握するしかないでしょう。

流れの変化が起こるタイミングをサーチ

カレイに限らず魚は海に何らかの変化が生じたときに口を使うことが多いと考えられます。たとえば、潮の動かないポイントで船舶が航行したあとにカレイが釣れたという話をよく聞くかと思います。これは、船舶が航行したことで底がかき回されて餌のゴカイ類などが浮き上がり、カレイの食欲が刺激されることによって起こるのだと思われます。つまり、干満や、航路をフェリーが通過する時間などの潮の流れに変化が起こる可能性があるタイミングがいつ訪れるかを事前に把握することが釣果を上げる重要なキーだといえるわけです。

カレイ時合2-3
自然の流れの変化はもちろん、フェリーなどが生み出す人工的な流れの変化を読むことでアタリがでる確率を高めることができます。

日中の釣りでは闇夜回りが有利

潮の流れが強い日と弱い日とでは潮止まり前後の海水の流れの変化の度合が違います。潮流の強弱にメリハリがつくほど時合ははっきりする傾向にあると私は考えています。このメリハリのある潮をどのようにつかむか? それがわかれば苦労しませんが、何とかもう一歩踏み込んで確率を1㌫でも上げることができないかと常に試行錯誤しています。

潮は大潮〜中潮〜小潮と四季を通してほぼ同じサイクルでかわっていきますが、ときには異なった動きをすることもあります。大潮の日に釣行したのに潮がまったく動かなかったものの、翌週の長潮や若潮にはわずかな時間ながら潮が強烈に動いたという経験はお持ちではないでしょうか? 私は学者ではないので詳しいことは申し上げられませんが、ご存じの通り潮の干満は太陽や月の引力と地球との位置関係、そして地球の自転にともなう遠心力によって起こります。また、金星と火星の引力も微妙に影響しているようです。

カレイ時合2-1
食いのいい潮を追求すると、とても奥深いものがあります。

若いころに漁師や各地におられるスゴ腕の名人に教えを乞うて回った私の師匠によると、食いのいい潮は太陽や月の引力で引っ張られる潮であり、遠心力で膨張する潮ではないとのことです。この理屈でいうと、一般的にカレイを狙う昼間に潮が最も動くと思われるのは、地球から見て太陽と月が一直線になる闇夜回りの大潮前後、ということになります。そこで私の場合、昼間の釣りをする場合は闇夜回りを選ぶようにしています。ただし、潮時表だけではなく、釣行当日の気圧配置、海流の影響、地形、季節による太陽と月の位置なども考慮しておかなければならないので、ひと筋縄ではいかないのも現実です。

潮位差が激しい日、闇夜回りの朝イチは狙い目

潮時表を見ているとほとんどの日に干満が2回ずつ存在します。1日のタイドグラフの曲線を比較し、潮位差が激しいほど潮がよく流れて時合がくる可能性が高いと想定します。潮位差が少ない場合は、何時間かけてどれだけ潮が下がる(上がる)かを比較します。春先の闇夜の大潮などは干満2回のタイドグラフがほぼ同じ形なので、終日まんべんなく潮がよく流れます。そのため時合の到来数も多いと期待できます。

カレイ時合2-2
闇夜回りでは浅イチが狙い目となります。

闇夜回りは朝イチに時合がくる可能性があると考えています。というのも、闇夜回りの食物連鎖の下層にいる甲殻類やゴカイなどの環形類が暗闇に乗じて活発に動き回ると考えられるからです。そのことを魚は本能的によく知っていると思われることから夜明けから朝イチの時合には動きのよいアオイソメの房掛けをメインにアオ・マムシなどを試してみます。

逆に月夜回りは夕方から暗くなる前後に時合がくる可能性があると考えています。

また、常夜灯がある釣り場では夜釣りでカレイが釣れる確率が高いのはご存じの通りです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう