チヌ釣りQ&A・紀州釣り|まず1匹を手にするための要点は?

qa紀州釣り 荘司明良5

チヌの魚影が濃い場所に行くことが釣果を手にする最短ルートです。

まず1匹を手にするための要点は?

紀州釣りにチャレンジしたいのですが、正直難しそうなイメージしかなく自信がありません。あまりにも考える要素が多過ぎると混乱してしまいそうです。そこで、とりあえず最初の1匹を手にするために意識しておきたいことを詳しく教えて下さい

スポンサーリンク

A:魚影の濃い釣り場に行くことが先決です

チヌの魚影が濃いポイントで釣るというのが一番の近道です。中でも、水深があるぶんダンゴをそれほど遠くに投げる必要がない沖波止がおすすめです。たいていは足場のよいケーソンからの釣りとなるため、じっくりと釣れるというのも好都合です。

実釣に関しては、まずは捨て石(波止の基礎石)の少し沖にダンゴを投げてポイントを作ります。捨て石の上は隙間や穴が開いており、根掛かりやタナボケの原因となるので避けましょう。また、全長の長い広大な波止ほど基礎石が沖の方まで入っていることが多いものです。そのあたりを考慮してポイントを選択しましょう。

qa紀州釣り 荘司明良8

タックルについては、ガイドへの糸がらみなどのトラブルがない中通し竿が使いやすいでしょう。風が強いときには特に重宝します。

ウキは、棒ウキや玉ウキなど好みで選べばOKです。近投で狙える釣り場で潮の流れが緩い状況であれば、それほどシビアに考える必要はないでしょう。

ウキ下については、まずはダンゴが着底した時点で海面下5〜10㌢にウキが見えるように設定します。その状態でその日のダンゴの割れ具合を確認して下さい。しばらく様子をうかがってからハワセ釣りに移行すると、その日の状況がつかめてくるはずです。刺し餌が底を切るウキ下で狙うのは反射食いをうながすパターン、ハワセ釣りは違和感をなくして食わせるパターン、という考え方でよいと思います。

qa紀州釣り 荘司明良2

おいしいダンゴを用いることも欠かせません。

ダンゴは自分に合ったものを作りましょう。いきなりキンキンのかたいダンゴでは握るのに疲れ、数時間でギブアップとなってしまいます。また、集魚効果の高いダンゴを使うのも1匹を釣るうえでは重要なことです。ビギナーなら釣り場でダンゴを手直しできるようアミエビや集魚材を持参しておくと安心かと思います。

最後に要点をまとめると以下の通りです。

●とにかくチヌの魚影の濃いポイントで釣る。
●ダンゴは握りやすくて集魚効果の高いものを使用する。
●刺し餌が底を少し切るウキ下で始め、様子をうかがいながら50㌢ほどのハワセ釣りに移行する。

qa紀州釣り 荘司明良10

近投でも十分にチャンスがあります。あきらめずに打ち返しを続けてチヌの手応えを味わって下さい。

ベテランは遠投して難しい釣りをすることが多いですが、それを横目に近投の底切りで数・型とも満足のいく釣果が上がることもあります。まずはリズムよく、ラクに紀州釣りを楽しんで下さい。

(文:荘司明良)

日ごろの疑問を名手に教えてもらおう!!

実釣時の悩み、タックル関連で知りたいことなど、日ごろの釣りでの悩みや疑問を解決しませんか? エキスパートが親身になって手助けをしてくれるQ&Aコーナーへの質問をジャンルを問わずに募集します。詳しくは「Q&Aコーナーへの質問を大募集!!」のページをご覧下さい。

「Q&Aコーナーへの質問を大募集!!」のページはこちら

こちらの記事も要チェック!!

《チヌ釣りQ&A・紀州釣り》沖アミで上手にアタリをとるには?

《チヌ釣りQ&A・紀州釣り》ハリの使いわけはどうする?

【チヌ釣りQ&A・紀州釣り】サスペンドラインの有効性は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう