【実釣マニュアル】サヨリの釣り方

サヨリの釣り方1

海面に波紋ができ始めたらサビキをしている場合じゃない? 表層で独特のパフォーマンスを見せてくれる可憐で美味なターゲットに独特の釣法でアプローチしよう!!

サヨリ狙いの概要

サヨリは関西ならどこの波止でもおなじみの人気者。独特の仕掛けで表層の魚群を狙うシステムが楽しいし、食べても刺し身、焼き物、椀ダネとして美味な魚とあって、これが釣れだすと混雑する釣り場が多い。

サヨリの釣り方8

群れが回りだすと誰でも数釣りが楽しめるのがサヨリ。状況がよければ軽く2ケタ釣果、ときには3ケタ釣果も上がる。釣り方も簡単なのでファミリー釣行にも最適だ。

釣れる時期としては「梅雨ザヨリ」と呼ばれる夏前のひととき、晩秋~初冬の2シーズンが30㌢オーバーのサンマみたいな良型が揃いやすい盛期といえる。ただ、夏~秋、そして冬場にも大小のサヨリが回遊することも珍しくない。逆に好シーズンでも群れの接岸がないとぜんぜん釣れないこともある。この魚に関しては釣れているという情報がある場所へ出かけることが好釣果を上げる秘訣となる。したがって、サビキでアジなどを釣りに行くときはサヨリ仕掛けを用意して不意の回遊に対応したい。

釣れるタイミングの考え方

サヨリが好調という場所でも1日中釣れ続くことはない。常夜灯の下などの夜も明るいポイントをのぞけば基本的に昼釣りのターゲットであり、朝まづめから夕まづめにかけての間に何度かある魚の回遊タイムをとらえて釣るのがサヨリ釣りのスタイルとなる。

地元の常連は「このごろは朝9時ごろ、昼3時ぐらいによく釣れるから…」などと、短期的に見られる時合の傾向を把握していてサヨリ専門に釣ることも多いが、潮時などからはっきりと時合を読むのは難しい。現地の餌店である程度の情報を得て、朝から昼まで、もしくは昼から夕方と最低でも半日釣るスケジュールとしてサヨリの回遊を待つのが一般的な作戦だろう。

時期的に他の魚も狙えるときである。場所に応じて別の釣りをしながらサヨリの回遊を待つ人も多い。たとえば、アジ・サバのサビキ釣りなら餌も兼用可能だ。サヨリを狙うのはその気配があるときだけにしても十分楽しめる。

サヨリの釣り方3

このように魚影が確認できればチャンス到来。すぐさま狙ってみよう。

時合の簡単な目安は周囲でサヨリが釣れだすこと。また、サヨリの群れは表層を泳ぐことが多く、魚が回ってくると沖めの海面にいくつもの波紋が出始める。さらにサビキ釣りやフカセ釣りで撒き餌の回りで銀色の細長い魚影が見え隠れし始めるのもサヨリが寄っているサインだ。

大切なのは回遊があれば即座にサヨリ釣りを開始すること。ときには数時間も釣れ続く絶好調のパターンもあるが、時合が30分もたたずに終わるケースもあるからだ。他の釣りをするときは別にサヨリ仕掛けをセットした竿をスタンバイさせておくといい。

タックルと仕掛けについて

仕掛けはロケット型のアミカゴがついた連玉式(玉ウキを連結するという意味)が主流。ちょっと複雑なタイプだが自作しなくても多様な市販品がある。基本的にこれを扱えるならどんなタックルでもよい。コンパクトロッドやサビキ竿も使えるが、おもしろさでいうと磯竿の1〜1.5号程度の細めの竿がいい。魚が足もとに寄っているときはカゴをつけない軽い仕掛けに渓流竿やヘラ竿といったやわらかいのべ竿で釣るのが一番楽しいものだ。

サヨリの釣り方11
サヨリの釣り方12

餌はカゴにアミエビを入れ、ハリに刺しアミをつけるパターンが一般的。刺しアミがなければ撒き餌用のアミエビの一部をティッシュに置いて水気を取れば何とかハリを刺せる。また、イシゴカイやアオイソメ、小さく切った沖アミも刺し餌になる。

サヨリの釣り方10
  • サヨリの釣り方4
    メインの餌は刺しアミ。このようにハリ先が出ないようにハリにセットする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう