【渓流釣り】アマゴ・ヤマメ 気軽に行ける渓流で始動 〈滋賀県〉安曇川水系・葛川/〈兵庫県〉矢田川水系・山田川

渓流アマゴヤマメ葛川山田2

針畑川との合流付近の広々とした葛川の釣り場。

安曇川水系・葛川〈滋賀県〉/矢田川水系・山田川〈兵庫県〉

放流されたアマゴ・ヤマメ・イワナの手応えに満足したら、ヒレピンの天然ものにもアプローチしたい。そんな要望にも応えてくれる2つの渓流にて、豊富な変化をじっくりと探るスタイルも加えて春の釣りを満喫しよう !!

(文:大下義典)

スポンサーリンク

安曇川水系・葛川

渓流アマゴヤマメ葛川山田9

葛川の概要

解禁初期の3月に安定した釣果を期待するなら、成魚放流がある程度行なわれている河川に注目したい。

その放流が行なわれている河川の中でおすすめなのが滋賀県にある安曇川の支流、葛川だ。ここは解禁前はもちろん、解禁後にも定期的に成魚を放流している。また、前年の秋には稚魚放流も行なっている。このため魚影は濃く、天然魚にこだわらなければおもしろい釣りができる。

渓流アマゴヤマメ葛川山田4

解禁から1カ月ほどは成魚放流ものの数釣りが楽しめる。

メーンの釣り場となる梅ノ木から坂下にかけての流れは瀬とトロ場が中心であり、落差のある落ち込みが少ない典型的な本流の渓相である。岩が点々と顔を出しており、トロ場といえども底石がきっちりと入っているためアマゴのつき場は多い。

おすすめのエリアは針畑川との合流付近と、葛川漁協前付近の2個所。いずれも魚影が濃いうえ、ビギナーでも釣りやすいから短時間釣行でもしっかりと釣果を得られる。

渓流アマゴヤマメ葛川山田1

葛川漁協前のポイント。エントリーしやすいうえ、釣りやすい場所だ。

釣り方のコツ

攻め方は、浅い瀬は無視してトロ場、あるいは深瀬に狙いを絞って仕掛けを流すというスタイルが基本となる。数回流してアタリがなくてもコースを少しずつずらしながら根気よく流れの筋を探りたい。ある程度粘り強く探ることも初期の渓流釣り(特に放流された成魚狙い)では大切だ。

渓流アマゴヤマメ葛川山田10

春の陽気が漂う4月に入ると、狙いどころを少しかえる。稚魚放流ものを含めた天然魚は暖かくなるにつれて流れのある瀬に出てきて活発に餌を追うようになるからだ。それを考慮したポイントセレクトが大切になる。

この時期にはほれぼれするきれいなアマゴが期待できる。数釣ることも楽しいが、渓流釣りの醍醐味の1つである魚の美しさを求めてじっくりと釣ってほしい。

渓流アマゴヤマメ葛川山田3

4月後半以降はパーマークの美しい稚魚放流もののアマゴが狙える。

葛川漁協では放流日時と大まかな放流場所をホームページで公表している。それに沿って釣行するのもよいが、4月以降は放流場所をあえてはずして入渓するのもおもしろい。釣り人が少ないぶんのんびりと釣れるからだ。雨後などのよい条件に当たれば天然アマゴの思わぬ好釣果に恵まれることもある。

午前中の2〜3時間をお土産用の成魚狙いに費やし、時間に余裕があれば上流や支流で天然アマゴやイワナを狙うというプランもおすすめだ。

渓流アマゴヤマメ葛川山田5

餌は生イクラがあればよいが、天然アマゴも釣りたいのであれば川虫を用意したい(周辺でキンパクの採取が可能)。

なお、ここは国道に沿って川が流れており、各所に入川口の表示板が見られる。いずれのルートも安全に川へおりられるからビギナーでも安心だ。入漁券については現地の国道沿いに取り扱い店がいくつかある。

インフォメーション

葛川漁協☎077・599・2120)。

日券2500円、年券8000円(年券は2.5×3.0㌢の写真が2枚必要)。鑑札の購入店は各所にあり。漁協HPを参照のこと。