フィールドガイド 浅野漁港

淡路島・浅野漁港8

投げ釣りでのカレイ釣りでは人気のある釣り場ですが、主要道路から見えにくい立地とあって他のシーズンは割とのんびりと竿を出せます。グレや青物など魅力的なターゲットが揃うだけに要注目です。

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アジ・アナゴ・ガシラ・カレイ・カワハギ・キス・グレ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・メバル、他

浅野漁港の釣り場の概要

淡路島の西側にある比較的大きな漁港で、カレイの好釣り場として投げ釣りでは高い人気を誇ります。

多くの魚種が期待できる外向きにはテトラが設置されています。投げ釣りであれば外向きでも護岸から釣ることができますが、その他の釣りではテトラからの竿出しとなるため上級者向きだといえます。

淡路島・浅野漁港4
外向きのテトラ帯です。テトラは整然と並んでいますが、足もとには十分な注意が必要です。
淡路島・浅野漁港3
カレイ狙いで特に人気があるコーナー部の釣り座です。投げ釣りではこのように護岸から竿を出すことができます。ほぼ車横付けのような形で釣ることができます。

一方、港内は足場が良好です。そのぶんファミリーでの釣りも可能ですが、近隣にトイレがないという難点があります(車で5分ほど走った育波にあるコンビニが最寄りのトイレとなります)。

浅野漁港の四季の釣りもの

淡路島・浅野漁港7
グレは要注目のターゲットです。

竿釣りでは、潮通しのよい外向きのテトラ帯で初夏~秋にかけてフカセ釣りや電気ウキ釣りでグレ、秋に飲ませ釣りなどの生き餌を用いたスタイルで青物やアオリイカ、秋から初夏にかけて流し釣りや探り釣りなどでメバルやガシラといった根魚、フカセ釣りでチヌが釣れます。また、8月中旬~11月までの潮流の緩い日はタチウオの回遊も見られます。

港内では初夏〜秋にかけてサビキでアジ、チョイ投げでキス、探り釣りでカワハギが狙えます。

なお、外向きのテトラ帯は北西風が吹きだすと潮をかぶります。足もとが濡れたテトラは滑りやすくなるため、北西風が強いときはエントリーを控えましょう。

初冬や春に狙える投げ釣りのカレイは、大波止の先端とコーナー付近で高い実績があります。30㌢前後を中心に40㌢級も出るとあって人気があります

淡路島・浅野漁港5
カレイの実績の高さは抜群です。

また、ここでは良型のキスも狙えます。外向きでの置き竿スタイルで型を期待するのもいいですし、ハリ数を3本ほどにして港内を引き釣りで探って数を稼ぐのもおもしろいです。思わぬ釣果が上がることもあります。

なお、大波止先端は漁船の往来が激しいため道糸沈めが必要です。

ルアーフィッシングでは夏~秋のアオリイカ狙いが人気です。先端付近やコーナー付近は潮の流れがよく、3.5号の餌木を流れに乗せて探ると胴長20㌢以上の良型が上がります。2~3号の餌木で足もとを狙うと小型ながら数が期待できます。

小魚が寄ればスズキやヒラメ・青物の回遊も見られます。遠投できるミノーやトッププラグを準備しておきましょう。とりわけおもしろいのが、初冬に見られる強い北西風が吹くときです。そのようなときは12㌢のミノーでテトラ際を通すパターンで良型のスズキのヒットが期待できます(足もとに細心の注意を払いましょう)。

淡路島・浅野漁港6
冬場はルアーでのスズキ狙いがおもしろくなります。

その他、大波止の外向き、港内の常夜灯回りとともに、8~11月にはアジング、11~4月にはメバルゲームが楽しめます。

インフォメーション

駐車場 護岸沿いなどにスペースあり
トイレ なし
釣況問い合わせ まるは釣具・洲本店0799-23-1075)。
アクセス 北淡ICをおりて右折し、県道123を北上して育波橋交差点を右折。県道31を約3分北上し、北淡浅野郵便局を目印に左折して港へ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう