フィールドガイド 白杉漁港

釣り場ガイド白杉漁港3

白杉漁港は設備面が整っており、ファミリーで竿を出すには手ごろな釣り場です。サビキ釣りはもちろん、フカセ釣りや飲ませ釣りでの1発大物狙いにもチャレンジするのもおもしろいです

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アコウ・アジ・ガシラ・キス・サヨリ・スズキ・チヌ・ヒラメ・メバル、他

白杉漁港の概要

舞鶴湾西側の湾口近くに位置する白杉漁港は足場がよいうえ、駐車場、トイレと手洗い場が設置されているため家族連れでも気兼ねなく竿を出せる釣り場です。波穏やかな状況が続く春から晩秋にかけてはのんびりと釣ることができるとあって人気が高まります。

釣り場ガイド白杉漁港1
外向きは一段高いうえに足場が狭いので注意が必要です。
釣り場ガイド白杉漁港2
内向きはフラットで足場がよく、のんびりと竿を出せます。

白杉漁港の四季の釣りもの

釣り場ガイド白杉漁港7
晩春にはチヌ狙いがおもしろくなります。

5月に入って磯の乗っ込みチヌが一服状態になると、この界隈でフカセ釣りにてチヌが釣れ始めます。波止一帯が主なポイントですが、駐車場前の護岸やテトラ帯からも狙うことができます。シーズン初期から梅雨ごろまでは大型もくるので太めのハリスを用いるのがおすすめです。それ以降の夏場は餌取りが多くなるため紀州釣りが有効となります。

釣り場ガイド白杉漁港6
サヨリもよく回ってきます。

夏~秋は小アジやサヨリがよく釣れます。小アジはサビキ釣りで手軽に楽しめるだけにファミリーフィッシングにも最適です。また、釣れたアジを餌にするとヒラメやアコウ、ときにはハマチなどの青物がヒットすることがあります。

この時期の夜間にアオイソメやマムシを餌にした電気ウキの流し釣りをするとスズキ(ハネ・セイゴ)やアコウ・チヌが狙えます。

また、エギングでのアオリイカ狙いもおもしろい時期です。朝夕の時合が一番の狙い目ですが、人気釣り場とあって釣り荒れるのが早いという傾向があります。波止で反応がわるいようならテトラが入っている護岸を釣り歩いてみるとよいでしょう。

この他、護岸やテトラの際を狙った探り釣りではメバルやガシラなども釣れます。

そして、波止や護岸からは投げ釣りにて、晩冬〜春にクジメやアイナメ、晩春から秋にかけてキス・ベラ・チャリコなどが狙えます。

インフォメーション

駐車場 あり(1日500円)
トイレ あり
近隣の釣り具店 アングラーズ・西舞鶴店0773-76-5595
アクセス 舞鶴若狭道・舞鶴西ICをおりて左折。少し進むとある分岐点を舞鶴港方面へ直進してR27をしばらく北上。舞鶴市街の大手交差点を左折してR175を西進し、喜多埠頭口交差点を右折して道なりに直進。途中で合流する府道601を道なりに約10分北上すると白杉漁港。

釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう