アオリイカの中華丼風

ゴマ油のこうばしい香りが食欲をそそります。味の決め手となる特性ダレは簡単に作ることができ、食べ応えも十分のヤミツキになる1品です。

材料

材料・調味料 分量
アオリイカ 700〜800㌘
めんつゆ 90cc
薄口しょう油 80cc
ゴマ油 50cc
トウバンジャン 適量
ラー油 適量
干しエビ 適量
ニンニク 適量
材料・調味料 分量
白米 1合
ショウガ 適量
錦糸タマゴ 適量
カイワレ 適量
ミョウガ 適量
刻みノリ 適量
白ゴマ 適量

作り方

  • 1

    タッパーにめんつゆ、薄口しょう油、ゴマ油、トウバンジャン、ラー油、干しエビを入れ、好みでニンニク、ショウガを加えて混ぜ合わせ、特製中華ダレを作る。
  • 2

    さばいた身を薄切りにする。
  • 3

    タレに漬け込んで冷蔵庫で寝かせる。あっさりめに漬けるなら約3時間でOK。それ以上はお好みで…。
  • 4

    ミミは細長く切る(※この部位は独特の食感を残しておくためにタレには漬け込まない)。
  • 5

    皿にご飯を盛りタレをかける。
  • 6

    錦糸タマゴ、カイワレ、ミョウガなどをご飯の上に敷き詰める。
  • 7

    身とミミをたっぷりと盛りつける。
  • 8

    刻みノリ、干しエビを乗せる。
  • 9

    最後に白ゴマを散らせば完成。

コツ・ポイント

イカの身には包丁を寝かせて斜めに切り目を入れ、さらに向きをかえて格子状に刃を入れておくのが基本です。こうすることで味が染み込みやすく、また火も通りやすくなります。そして、何より見た目があでやか。このひと手間で料理の印象と味が大きくかわります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう