寒さも忘れる激アツプラン|淡路島・志筑新島の穴釣り

激アツプラン1穴釣り1

ヒートアップ必至のガシラ・メバルの穴釣りに注目!!

潮通しのよいテトラ帯にはガシラやメバルといった根魚が多く住み着いています。適度な穴を見つけて餌を落とすと高確率でブルブルッとくるからやめられません。ぜひチャレンジしてみて下さい!!

(文:井手良一)

淡路島・志筑新島は根魚の宝庫!!

志筑新島のテトラ帯は広々としていて足場もさほどわるくないため穴釣りを楽しむのにはうってつけです(移動時は細心の注意を払って下さい)。また、車横付けができるうえにショッピングセンターも隣接しているため、寒さが身に染みれば車中などで休憩するといったスタイルで楽しむことができます。

志筑 穴釣り10
激アツプラン1穴釣り10
志筑新島の沖向きの釣り場は広大です。足もとに気をつけてテンポよく探っていきましょう。
激アツプラン1穴釣り9
寒くなればすぐに車へ逃げ込める車横付け可能な釣り場は貴重です。

テトラの穴釣りの釣り方

1つの穴をじっくりと狙うなら餌釣りでもいいですが、数釣りを目指すなら少ない荷物で広範囲を探り歩けるルアー(ワーム)釣りが効率的です。

激アツプラン1穴釣り4
激アツプラン1穴釣り3
激アツプラン1穴釣り5
ガシラ・メバル・ムラソイ・クジメ・アナハゼ・タケノコメバル・コブダイなどの釣果が期待できます。

タックルはメバル用やブラックバス用のベイトタックルなど何でもOK。足もと狙いはもちろん、釣り座から少し離れた穴を探ったり、テトラ帯と平行にキャストするといった幅広い攻め方ができるのがルアー釣りの強みです。

激アツプラン1穴釣り12
激アツプラン1穴釣り13

釣り方の流れ

まずは仕掛けを落とせそうな穴を捜します。海寄りだけでなく、岸寄りのテトラの奥に根魚が潜んでいることも多いので全域をチェックしましょう。底までスムースに落とせそうな穴を見つけたら実釣を開始します。

激アツプラン1穴釣り6
魚が居着いている可能性が高く、アタリがでやすい深い穴を見つけましょう。

糸を張らずにルアーを穴へ落とし込んで反射食いを誘います。アタリがでやすい着底直後は特に集中して下さい。ルアーが着底してもアタリがなければ、10〜20㌢幅で軽くシャクッてすぐに底まで落とします(ルアーではサソイが重要ですが、餌釣りであれば着底後は待つだけでOKです)。これを2〜3回繰り返してもアタリがなければ次の穴を捜して同じように探ります。

魚がヒットしてからの対応

狭い場所を狙うときは、アタリをとらえても竿をあおって合わせられないことがあります。かといって巻き合わせ(リールを巻いて合わせる)では力が伝わりません。そのようなところでは、ルアーを落とす段階から糸を手で持って操作しましょう。アタリがあれば糸を手で引いて合わせ、そのまま手繰り寄せる方法を取るのが得策です。

激アツプラン1穴釣り11
狭い穴を探るときは、このように糸を手にしながら落とし込みます。
激アツプラン1穴釣り8
虫餌とワームのいずれをセットしてもよい山リグ。穴釣りはもちろん、岸と平行にキャストしてタダ巻きでアピールすることもできます。

根魚狙いのテトラの穴釣りの秘訣

ルアーでの穴釣りで数釣りを達成するための秘訣は以下の3点です。

①波気のない日を選ぶ

波があるとルアーがまっすぐに落ちていかず、根掛かりしやすくなります。また、波気がないときの方が根魚も活発に動きます。釣行先の風向きや波高を事前に調べておきましょう。

②高潮位時を狙う

潮位が高いときほど魚の食い気は上がります。また、水深が増すぶん、狙い目となるテトラ穴が増えます。

③1投めに神経を集中する

同じ穴に何度もルアーを落とすと魚は警戒して食ってこなくなります。1投めで仕留めるつもりでていねいに落としましょう。

慣れてくると魚がつく穴というものが直感的にわかるようになります。「ここぞ!!」と思う穴での1投めは特に集中することです。

激アツプラン1穴釣り7
手際よく探ることで数釣りが期待できます。

インフォメーション

駐車場 スペースあり
トイレ ショッピングセンター内にあり
釣況問い合わせ・仕掛け・餌 まるは釣具・洲本店0799-23-1075
アクセス 神戸淡路鳴門道・津名一宮ICをおりて左折。R28・志筑交差点を過ぎて人工島へ。

人気記事をチェック!!