管理釣り場がもっと楽しくなる!! 対渓魚のオモリ使いテクを紹介

ニジマス管理釣り場オモリ使い1

ニジマスやアマゴの管理釣り場では時間経過とともに食いが渋くなる傾向があります。そのときに釣れないと諦めたのではおもしろくありません。以下で紹介する、食わせることに夢中になれるオモリ使いのテクニックをマスターして冬期の楽しみを満喫して下さい!!

(文:峰松茂美)

ニジマスをはじめとした渓魚が狙える管理釣り場では放流直後にアタリの連続を楽しめるという魅力があります。しかし、時間の経過とともに魚がスレだし、釣りづらくなります。そうなるとビギナーの方は飽きがくるものですが、魚との知恵比べこそおもしろいと考えて釣っていただきたいものです。

食い渋りが見られたとき、私はどうしたら食わせられるかと考えてオモリ使いに注目します。以下ではそのノウハウと、寒期でも楽しめるおすすめ釣り場を紹介しましょう。

オモリの使いわけ+〝イライラ釣法〟がニジマスやアマゴ狙いに有効!!

魚の活性が高い朝イチなどは仕掛けをただ流すだけでもニジマスやアマゴは十分に釣れます。仕掛けを上流へ投入したら流れる餌よりも下流に竿先がくるようにして構え、糸を張らずに流しましょう。オモリ~ハリの間隔を長く取ればハリスがフケて、餌が自然に流れるぶん魚の食いをうながせます。

ニジマス管理釣り場オモリ使い7
放流のある朝イチは手際よく数を稼ぎましょう。

時間の経過とともに食いが渋くなってきたらオモリを重いものにかえましょう。そうして餌が流れるスピードを抑え、動きの鈍い魚にじっくりと見せて食わせるわけです。もっとも、状況によっては軽めのオモリを使って表~宙層を素早く流すパターンがきくこともあります。したがって、状況に応じてG8~5Bまでのオモリを使いわけ、多彩なアプローチで攻めるのが得策だといえます。

ニジマス管理釣り場オモリ使い11

そのうえで私のお気に入りテクニックである「イライラ釣法」も実践してみて下さい。詳細は下図の通りです。これを加えることで釣果アップが期待できますよ!!

ニジマス管理釣り場オモリ使い10

猪名川上流の北田原ます釣り場がおすすめ!!

オモリ使いの楽しさを味わうなら兵庫・猪名川渓谷の北田原ます釣り場がおすすめです。

ニジマス管理釣り場オモリ使い6
安全な釣り場なのでファミリーでの釣りにも最適です。
ニジマス管理釣り場オモリ使い3
メインターゲットは30~45㌢といった大型のニジマスです。

ここのニジマスはとにかく元気一杯。ヒットしたとたんに上流へと向かって一気に走ったかと思えばすぐに対岸へとエンジン全開で突っ走ります。何とかその動きを止め、川面に浮かせてから空気を吸わせても勢いよくジャンプをして抵抗します。魚の動きに合わせて竿の角度を調整し、落ち着いてやり取りしましょう。

ニジマス管理釣り場オモリ使い4
鋭い引きをぜひ味わって下さい。
ニジマス管理釣り場オモリ使い9
釣れるのは体高のある美しいニジマスばかりです。

おすすめポイントは管理事務所の前にある橋~上流の堰堤にかけてです。朝7時から営業しているので少し早めに現地入りして気になる場所へ入りましょう。

北田原ます釣り場の釣行メモ

北田原ます釣り場
HP http://www.masu.jp
電話番号 072-766-2208
料金 ■中学生以上=4,000円(半日は2,500円)
■女性、小学生以下=2,500円(半日は2,000円)
※いずれも河川愛護協力金500円を含む。
※半日は正午以降の入場となり、追加の放流はなし。
期間と開園時間 2020年は5月上旬まで営業。
営業時間は7~17時。期間中は無休(悪天候や増水の際は休場の場合あり)。

備考 ■レンタルタックルはなし。
■竿と餌の販売あり(竿は仕掛けつきで2,000円。餌はイクラとブドウ虫で、ともに1パック500円)。
■道具を持参すればバーベキューも可能。
アクセス 新名神・川西ICをおりて右折し、次の信号(川西インター西交差点)を右折。そのまま道なりに走って県道12を北上すると左手に釣り場がある。
大阪市内方面からなら阪神高速池田線・池田木部第二出口からのルートが便利。出口をおりたらR173を直進し、しばらく進むとある分岐点で左側の猪名川方面へ。そのまま猪名川方面の看板にしたがって県道68を進み、紫合北ノ町交差点を右折。ほどなく進むと左手に釣り場がある。

人気記事をチェック!!