すぐに実践可能!! グレのサイズアップをはかる秋磯戦術

秋磯グレ2-6

オセンやフグ・小アジとともに木ッ葉グレをかわして良型グレの手応えを味わおうと思えば、やはり餌取り対策が不可欠です。遠投による分離作戦はもちろん、刺し餌をうまく使いわけることがサイズアップをはかるうえでは有効です。

(文:生駒浩史)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

良型グレを取るには浅ダナ遠投作戦が有効

秋磯グレ2-3

うまく釣れば40㌢アップも期待できる時期です。

私のホームグランドの若狭湾は、この時期に水温が少し下がるとはいっても餌取りの活性は依然として高く、撒き餌にはオセンやフグ・小アジなどが群らがります。また、木ッ葉グレも多く見られますが、良型グレの姿も確認できるようになります。

その良型を釣るには岬の先端などの潮通しのよいところに目をつけるのがセオリーです。そうしたところは、磯際から沖めまで狙えるためヒットチャンスが大きくなります。ただ、餌取りも多いので刺し餌を取られやすいというマイナス面もあります。そのため、よりよく釣るには撒き餌ワークを駆使して餌取りやグレを誘導しながら狙う技術が求められます。

それを実践するタックルについては、近ごろの若狭は40㌢アップがよく上がるとはいえ、良型の平均である35㌢クラスを主に狙う仕様とするのが得策です。

秋磯グレ2-2

力強いファイトを長く楽しめるのも遠投パターンの魅力です。

そして、釣り方は遠投が有利です。磯際につくグレは警戒心が強く、タナが深い傾向にあるからです。沖めであれば矢引きから1ヒロぐらいの浅いタナまで上がってくることも多く、効率のよい釣りが展開できるぶん好釣果が期待できます。

グレのサイズアップの考え方

撒き餌&タックル考察

秋磯グレ2-1

餌取りをかわすことに主眼をおいた遠投パターンでは撒き餌作りとタックル選択もおろそかにできません。

サイズアップを狙うという点でも遠投が基本となります。若狭に限らず、オセンやフグなどの餌取りとともにグレが撒き餌をどこまでも追う釣り場なら遠投が断然おすすめです。

したがって、撒き餌作りが特に重要となります。私の場合、沖アミ9㌔に遠投タイプを中心とした集魚材5袋を配合し、粘りが出るまで練り込んで仕上げています。そうしてまとまりを持たせることで高い遠投力が備わります。

仕掛けも遠投ができるように、道糸1.5号、ハリス1.2号前後とやや細めとし、自重のあるLサイズのウキを用います。そして、タナが浅いことを考慮し、0~00号のウキを用いた完全フカセ(オモリをつけない仕様)を基本として狙います。流れがあるときや、餌取りが多いときなど速く沈ませたいときにだけハリ上にG7~G3をつけます。

狙い目考察

以上のように事前準備が整えば、本命と餌取りの位置関係をつかむことに努めます。本命は餌取りの外にいるか? 中にいるか? それとも餌取りの下にいるのか? という具合に探っていきます。

秋磯グレ2-8

そうして位置関係を把握できれば、足もとへ何杯か撒き餌を打って邪魔になる餌取りを磯際に寄せておきます。そして、泳ぎの速い良型用として1杯だけ撒き餌を遠投し、それと同時に着水するように仕掛けを投入します。

仕掛けは撒き餌の中心にまず入れますが、数匹釣ると良型が釣れなくなることがあります。そのようなときは、ポイントに打った撒き餌の周囲に仕掛けを入れることでヒットすることがあります。

刺し餌考察

餌取りの中にいる良型を釣るならエビのムキ身や練り餌が有効です。ただ、ムキ身はフグやカワハギなどに歯が立たないため、私は練り餌を使用することが多いです。基本的にはやわらかいほど食いがいいですが、状況によって食いにムラがあるのでソフトタイプとハードタイプの2種類を混ぜ合わせることでかたさを調整しながら使っています。

秋磯グレ2-4

ハードタイプとソフトタイプを練り合わせて適度なかたさにして使います。

秋磯グレ2-5

餌取りの小さな口に入らないサイズでハリにつけるのがミソです。

秋磯グレ2-9

大きさは親指ぐらいが最適。その大きさだと小さな口に入らないため木ッ葉グレなどがハリ掛かりせず、無用なやり取りによるタイムロスを防ぐことができます。また、木ッ葉クラスがつつくことでバラけた練り餌に大きなグレが反応することも期待できます。そうなれば小さなグレが散り、良型が食いつく状況が生まれます。そうした状況を作り上げるためにも練り餌のかたさや大きさはいろいろと試したいものです。

なお、小アジが多いときは練り餌を使用するとともに磯際狙いが有効となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう