好期は絶対にハズさない。落ちギス+マダイ&カレイ攻略ガイド|若狭〜北陸エリア編

落ちギス・マダイ&カレイ11

若狭から北陸エリアでは、大型混じりで良型のまとめ釣りが期待できる落ちのキスを中心に動くシーズンですが、天候や気分で湾内や風裏のマダイ、早期のカレイからも目が離せません!!

(文:谷口 優)

10月中旬から11月にかけての関西方面はカレイが開幕~本番のシーズンです。初期のカレイは、身が厚くて釣り応え&食味の点で最高のターゲットです。近年の明石方面では10月に大型カレイのチャンスが訪れやすいですが、同じようによく通う北陸・若狭エリアにおける10月中旬~11月中旬は様子がかなり違います。まだまだキスを主体にマダイ・アコウ・マゴチ・スズキなどが狙えるタイミングなのです。カレイについては能登方面なら11月に開幕しますが、敦賀・若狭方面では12月になってからが本番となります。そのため「どうしてもカレイを!!」というとき以外は若狭のおいしい夏魚の秋本番を楽しむパターンでがんばることになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本命は落ちギス。でも、マダイかカレイを狙う手も!!

10月中旬から11月末にかけてのメインターゲットは落ちギスです。その代表的な釣り場は、北陸方面だと越前方面の波松海岸、三里浜、五幡、江良の浜や小波止、敦賀半島の浦底護岸、手の浦の浜、若狭町の食見、小浜の田烏(たがらす)、釣姫(つるべ)、加尾の浜、高浜町の和田海岸や高浜といった各海水浴場などです。

この時期は25~26㌢前後の型物混じりで20㌢オーバーが2ケタ釣れることも珍しくありません。30~50匹といった大釣りができ、その中に27~30㌢クラスの大型が混じるケースも多いから楽しみです。

落ちギス・マダイ&カレイ20

この時期は釣り応えのある落ちギスが揃います!!

落ちギス狙いではキューセンやエソの良型の他、最近はなかなか釣れないテンコチ(ガッチョ)の型物などがアタる可能性もあります。また、仕掛け、餌を工夫すれば夜明けや日暮れの前後にスズキ・マゴチ・ヒラメなども期待できます。

そして、この時期はマダイをメインに考えるのもおもしろいです。5~6月の乗っ込み期に比べると大型の可能性は低いですが、30~35㌢の塩焼きサイズなら数が結構出るときです。高浜方面の内浦湾内にある上瀬、日引周辺では2ケタ釣果もありますし、仕掛けを工夫すればアコウ・チヌなども混じります。

落ちギス・マダイ&カレイ18

若狭では意外と夜のマダイも楽しいですよ。

落ちギス・マダイ&カレイ17

このような数釣りが期待できます。

なお、この時期の日本海で「どうしてもカレイを!!」と考える場合は、能登島方面まで走ることになります。11月上旬でもイシガレイの40㌢前後を主体に50㌢オーバーまで狙える(この時期の能登島はカレイの接岸初期なのでできるだけ水深のある場所を狙うのがベター)うえ、たとえカレイをはずしてもキス・マゴチ・チヌ・テンコチ(難関の27㌢も期待できる)などが出るので丸ボ○ズに終わる確率は低いだけに要注目だといえます。

落ちギス・マダイ&カレイ22

カレイが気になるなら能登まで走りましょう!!

天候&海況でキスの狙い目をシフト

落ちギスの釣り場は浅場が主体なので天候や気温の変動で回遊ルートやヒットポイントが違ってきます。判断が難しいのが、気温の低下が激しいうえ、天候が思わしくない場合です。特に北西の風が強くて波が高い場合は、濁りが出て浅場のキスの食いは極端に落ちます。そんなときは釣行を断念すべきです。

もしも悪条件の日に行ってしまったら、できるだけ水深のある場所、シモリが多い場所、波や濁りの影響が小さい港内などの場所で釣ることです。たとえば、常神半島、内外島半島、内浦湾あたりの風裏に回り、キスの溜まっているポイントを捜してみましょう。思わぬ大釣りをすることもあります(思いきって能登島へ走るのもいいでしょう。風裏ポイントがたくさんあります)。

落ちギス・マダイ&カレイ23

北西風が強いときに風裏の釣り場に入ると、こんな大釣りの可能性もあります。

なお、マダイ狙いでは水深のある場所を狙うので多少の波は気にしませんが、水温の急降下はよくないですし、濁りが入るのは最悪です。水温が低いようなら冷え込む夜よりも朝夕に食いが立つことも多いので夜明け後や日暮れ前もじっくり釣る方がいいでしょう。また、外海が荒れていて釣りにならないときは、若狭町や小浜方面の半島に囲まれた湾内をユムシの餌で狙うとスズキの回遊に出合うこともあります。

落ちギス・マダイ&カレイ19

湾内でユムシを餌にして狙うとスズキのヒットが期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう