確率が高まる秋なら釣れる!! 良型マダイを投げ釣りで仕留める超実践的手法

投げ釣り良型マダイの釣り方8

絶好の釣期といえる10月からは個人的に目をつけている夜の大物狙いがおもしろくなります。特に、秋が深まるにつれて注目度が上がるのが魚の王様であるマダイです。そこで、ここでは秋のマダイの狙い方について紹介させていただきましょう

(文:谷口 優)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マダイ狙いの魅力とは?

私のホームグランドである神明間や日本海の若狭方面におけるマダイは5月から初夏にかけての乗っ込み期と、今回紹介する秋(9月中旬から10月いっぱい)の落ち期が主な釣期となります。これらの時期は投げ釣りで狙えるエリアにて40~50㌢を越える良型を手にできる確率が最も高いと思っています。実際、私自身の実績もそれらの時期に多くあります。

投げ釣り良型マダイの釣り方4

釣りたてのマダイは本当にきれいです。

マダイはとにかく魅力的な魚です。強烈なアタリとゴンゴンと頭を振る強い引き、釣りたての個体が見せるほれぼれする姿と色(ほんと美しい)、食味が抜群(急流で育つ明石海峡のマダイは特に美味)という具合に三拍子揃っているのがうれしいところです。また、40㌢以上の良型は場所と潮を読んで狙わないとなかなか手にできないという釣り自体のおもしろさもあります。釣れたときの喜びが大きいのも魅力のひとつといえるでしょう。

神明間の塩屋、アジュール舞子、明石新浜では、この秋も上記の魅力を味わえる釣果が十分期待できると考えています。

おすすめのタイミングは?

投げ釣り良型マダイの釣り方2

秋ならマダイの他にキスなどもの他魚も期待できます。

特に狙いたいのは9月中旬から10月中旬までの1カ月間です。このタイミングは高確率でヒットが望めるチャンスといえます。

10月中旬以降は釣れる確率こそ落ちますが、1発大物の可能性を秘めています。過去には大潮の潮止まり前後に40~50㌢クラスを仕留めた実績があります。ただ、このクラスは数が期待できないため1匹でもゲットできればよしとすべきです。数釣りは30㌢までのチャリコクラスで楽しみたいものです。

もしマダイをはずしてもこのエリアでは40~50㌢のチヌや40㌢クラスのキビレ、25㌢クラスのキスが釣れるから飽きることはないはずです。

大物を釣るためのノウハウは?

ポイントの判断

私が神明間で狙うのは潮通しのいい外海に面した釣り場です。そうしたところは潮が飛ぶように動くときは釣りにならないため、潮が止まるタイミングや動き始める前後に集中して狙うパターンで釣っています。

そして、大物狙いで大切なのがシモリの回りやカケアガリに仕掛けを置くことです。ただ、初めての場所ではどこに変化があるのかわかりません(見えません)。このため知人や空撮本などから得られる情報を元にある程度の位置を把握し、オモリだけでズル引いて底の変化を把握したり、潮が走っているときに仕掛けを流して止まる場所などを見つける作業が必要となります。

また、ヨレたり巻いたりする場所や潮目が走る場所などの潮の変化があるところも狙い目になります。堤防や埋立地なら先端付近やコーナー部周辺に釣り座を取り、仕掛けを潮の流れに乗せて変化を探れるように投入するとよいでしょう。

条件考察

潮回りは潮位差の大きい大潮や、大潮前後の中潮が全般的に有望です。その中で特に狙い目となるのが夜間に満潮か干潮を迎える新月の大潮回りです。そのタイミングでは流れが緩む潮がわりの2時間ぐらいを集中して釣るのが特におすすめです。

潮が飛んでいる間は小休止しましょう。仕掛けを投入しても流されて根掛かりが多発したり、打ち返しが多くなって体力を消耗するだけだからです。そこでがんばっても勝負どころで集中力を欠くことが懸念されるため、釣行先の潮時表をよく見て力の入れどころを考えたいものです。ただ、明石海峡では場所によって潮時表通りに潮が動かないこともあるだけに、状況をうかがいながら狙う柔軟さも必要です。

投げ釣り良型マダイの釣り方9

理想の釣行パターンは2つあります。1つは日暮れ前の明るい間に海の様子を確認し、日暮れ後以降の潮がわりのタイミングを集中的に狙うパターンです。もう1つは釣る場所を熟知していることを前提として、潮止まりの2時間ぐらい前に釣り場に入って夜明けまで狙うパターンです。いずれの場合も潮の状態がよければ夜明け後に食うことがある点も頭に入れて狙いましょう。

なお、ひと晩中粘る場合は潮が飛ぶ時間帯に仮眠を取ること。それで集中力が維持できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう