《チヌ釣りQ&A・渚釣り》サーフのポイントの目安は?

A:サーフのポイントの目安は?

渚釣りにチャレンジしようと考えていますが、どこのサーフでもチャンスはあるものなのでしょうか? チヌ狙いで有望なポイントの目安について教えて下さい。

スポンサーリンク

A:シモリやカケアガリなどの変化があればOK

私のホームグランドである福井県敦賀エリアにおける渚釣りのルーツは30年以上まで遡ります。

それまではチヌといえば、磯から狙うターゲットという認識が強く、実績の高い地磯などは多くのアングラーで混雑していました。そんな折り、近くにあった水深の浅いサーフに点在するシモリの回りを狙ったところ、地磯での釣りとかわらないほどの釣果が上がりました。そうなると、そのサーフは大混雑。今度は別のサーフで竿を出したところ、これまたよく釣れたのです。それからというもの、各地のサーフで急速にチヌ釣りが広まり、渚釣りがブームになりました。

当時は地形や潮流などの諸条件を吟味してポイントを選んでいたわけではなく、とりあえず磯場が隣接するところやシモリが点在するサーフを狙っていました。それでも問題なく釣れました。

渚釣りといっても釣り方の基本部分は磯でのフカセ釣りとかわりはなく、撒き餌でチヌを集めて釣ります。そのため撒き餌が溜まりやすいシモリやカケアガリといった地形変化のあるところが狙い目としてベストです。

また、撒き餌を1点集中できかせやすいという観点から、そうした狙い目が足もとから近いほど理想的だといえます。水深が浅いからといって遠投すればいいというわけではありません。あくまでも魚を寄せることを意識したポイント選択が大切です。

ポイントの絞り込み方

沖まで続く遠浅のサーフは渚釣りに向きませんが、水深が1ヒロ以上あればチヌは釣れます。単調なサーフでも沖にテトラ帯があったり、近くに小磯などがあればチヌは撒き餌に寄ってくるはずです。1個所に撒き餌を集中させてポイントを作れば、チヌを釣ることができるでしょう。

ウキ下は状況に合わせて調整が必要ですが、少し底を切る程度にすると明確なアタリがでやすいのでおすすめです。面倒がらずにしっかりと水深を計ってウキ下を合わせましょう。

なお、ウネリによって上下する仕掛けを安定させたいときや、魚の食いが渋いときはハリスを長くして刺し餌を這わせる方法が有効です。ただし、このスタイルはアタリがでにくいという難点があります。

(解説:竹本弘之)

日ごろの疑問を名手に教えてもらおう!!

実釣時の悩み、タックル関連で知りたいことなど、日ごろの釣りでの悩みや疑問を解決しませんか? エキスパートが親身になって手助けをしてくれるQ&Aコーナーへの質問をジャンルを問わずに募集します。詳しくは「Q&Aコーナーへの質問を大募集!!」のページをご覧下さい。

「Q&Aコーナーへの質問を大募集!!」のページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう