【カゴ釣り】初心者もOK!! 大型チヌ・マダイ+αに迫る遠投システム

実践釣り場ガイド

七里御浜・神志山駅下〈三重県〉

七里御浜カゴ釣り20

七里御浜では一番のポイント。年間を通していろいろな魚種が釣れる。主にカゴ釣りのポイントだが、ルアーではヒラスズキや青物が釣れる。外洋に面した潮通しがよいゴロタのサーフとあって思わぬ大物が釣れる可能性がある。

乗っ込みシーズンには大型のマダイやチヌが釣れる。また、暖かくなると40㌢前後のシマアジなどもヒットする。

南東に面しているとあって北西風は追い風になる。それが強い日ほど遠投が可能になるぶん探れるエリアが広がってチャンスが増える。逆に南風は波が高くなるから要注意。かなり強い波が押し寄せるから釣行は控えることだ。

七里御浜カゴ釣り16

広大なサーフだから釣り座に困ることはない。のんびりと楽しめる釣り場である。

海底にはシモリがある他、60〜70㍍あたりに落ち込みがある。その落ち込みの近辺にあるカケアガリ(水深10〜15㍍)がポイントで、グレ・チヌ・マダイなどが狙える。

ウキ下はカゴまで2〜3ヒロ。ハリスは2ヒロ半にする。ケミホタルなどを装着しての夜釣りでは大型マダイがヒットすることもある。

アクセス

熊野尾鷲道路・熊野大泊ICをおりてR42を約15分南下。

熊野・鈴置島(スズコ)〈三重県〉

七里御浜カゴ釣り21

渡船で行く熊野の1級磯であり、周囲のすべてがポイント。表側(南側)はフカセ釣り師が多いためカゴ釣りは南西から西側に集中する。こちらは比較的足場がいい。ただ、東からの波がある場合は横波を受けることがあるので要注意である。

七里御浜カゴ釣り26
このようなデップリとした大型のイサギを狙えるのが沖磯の魅力だ。
七里御浜カゴ釣り24
鈴置島の釣り座。カゴ釣り場は比較的足場がいいから遠投もしやすい。
七里御浜カゴ釣り25
グレもグッドサイズが揃う。

春以降のカゴ釣りではイサギ・マダイの大型が狙える。南西方向に見えるマブリカ方向60〜70㍍のラインが1番の狙い目だが、大型のイサギは近くにできた潮目でも釣れる。

カゴ釣りで届く範囲の水深は30〜50㍍。イサギ狙いではカゴまで6〜8ヒロのウキ下でハリス2ヒロ半〜3ヒロ、マダイ狙いではカゴまで13〜16ヒロのウキ下でハリスは3ヒロとして狙うのが標準である。

渡船

渡船は川崎渡船0597・85・4221)他。料金は4000円。

アクセス

熊野尾鷲道・熊野大泊ICをおりて約3分南下。木本町の信号の手前にある側道(嶋勇釣具店が目印)へUターンする形で入る。

こちらの記事も要チェック!!

《仕掛けの決定版》タックルセッティング・ナビ【カゴ釣り編】

【フカセ釣り】春チヌ連発のカギは藻場攻略にアリ!!

【波止釣り】寒さを忘れる厳選スタイル1・カンダイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう