フィールドガイド 加太港

加太港

泉南〜紀北方面でも特に人気のフィールド。釣り人が多いのが難点だけど、実績を考えれば仕方がない…。広大な釣り場で多彩な魚種の大物を!!

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アジ・イワシ・ガシラ・カマス・カレイ・キス・グレ・サバ・サワラ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ~ブリ・ヒラメ・マゴチ・マダイ・メバル、他

釣り場紹介

紀淡海峡、それも友ケ島水道に面しているため潮の当たり具合は抜群。さらに規模の大きな釣り場は地形的にも変化に富んでいて、実際に多彩な魚種の大物がよく上がっている。中でも、加太(かだ)の大波止は超人気のスポットだ。ときには冬場の平日に釣り場が満員になるほどである。

また、大波止ほどの実績はないにしろ、旧赤灯の波止や新波止の埋立地など、一帯に好ポイントが多いのも魅力だ。ファミリーからベテランまでさまざまなタイプの釣り人が通い詰めるのは当然といえる。

大物が目白押し

大物、もしくは超大物といえるサイズが出ている魚種は、青物(メジロやサワラなど)・チヌ・スズキ・カレイ・マダイ・アオリイカ・グレなどだ。もちろん、アジ・サバ・イワシ・メバル・ガシラ・アイナメ・カマス・タチウオといったファミリー向きのターゲットも季節に応じてよく釣れる。

以上のターゲットのベストポイントは、大波止の外向きだ。さまざまな大型魚の回遊が期待できるし、アジなどのファミリー向きの対象魚も実績が高い。

しかし、スズキやメジロなどがイワシを追って港内に入ってくるケースも少なくないし、また投げ釣りのカレイ狙いでは新波止などでも40㌢オーバーが上がっているなど、港内狙いも見逃せない。状況に応じて各ポイントをチェックするのがいいだろう。

おすすめ釣法

ブッ込み釣り

大波止で人気の釣り方は、磯竿3号、オモリ20号程度の1本バリ仕掛けで外向き30〜50㌢ほどの沖のカケアガリを狙うというものだ。これで春や秋〜初冬にチヌ・マダイ・カレイの大物の他、ヒラメやマゴチもアタッてくる。

餌はマムシやアオイソメ(房掛け)でいいが、ベストはボケだ。それも小ボケと呼ばれる5㌢もない小さなものが実績ナンバー1である。

カゴ釣り、紀州釣り

餌取りの少ない時期はカゴ、多いときは紀州釣りが人気だ。チヌ・グレ・マダイをメインに青物もよくヒットする。

カゴ釣りでは、ヌカを主体にした紀州釣りのダンゴに近いものを撒き餌にするのが主流である。刺し餌には沖アミや刺しアミ(大粒のアミエビ)をメインに使うといいだろう。

その他の釣り

前出の釣り方は大波止の外向き以外でも試してみる価値があるし、投げ釣りの大物狙いも各所で試す方がいい(禁止されているエリア以外で…)。また、夏にキス・ベラを狙う場合は新波止の海水浴場向きなどがおすすめだ。

それと大波止の外向きが混雑している場合は内向きに注目したい。こちらを太めのサビキ&オマケバリといった仕掛けで狙えば、アジやハマチ・マダイといったいろいろな魚が釣れる。ぜひ1度チャレンジを。

インフォメーション

駐車場 大波止付け根、汽船乗り場付近に1日700円の有料駐車場あり。他にも北ノ浜公園に無料スペースあり。
トイレ あり
最寄りの
釣り具店
大波止向かいにある、雑崎釣具店(073・459・1337)。
和歌山市松江北の県道7沿いにある、沖之島商店(073・451・2637)。
フィッシングマックス・和歌山インター店073・473・5858)。
つり具のマルニシ・和歌山インター店073・476・0024)。
アクセス ■車の場合
阪和道・和歌山北インターをおりて右折し、最初の信号を右折。その後、1つめの信号を左折して県道7に入り、しばらく道なりに直進。加太港の案内指示板にしたがって左折して各釣り場へ。または第二阪和国道・深日ランプから府道752→府道65と経由するルートにて各釣り場へ。
備考 大波止は1人につき清掃協力金200円を求められる。


釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう