フィールドガイド 貝塚人工島

貝塚人工島

足場が少しわるいテトラ帯がメインポイントだが、そのぶんターゲットは豊富。根魚をメインにチヌ・ハネ・タチウオなどにも手軽にアプローチ可能!!

主な対象魚 アイナメ・アオリイカ・アジ・ガシラ・カレイ・キス・グレ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・メバル、他

貝塚人工島の釣り場紹介

海浜公園の事業が進み、無料駐車場が設置されるなど気軽に釣行できるようになった。また、釣り場の規模は大きく、北波止と北側の岸壁をのぞけばすべてで竿を出せるから大人数の釣行にもピッタリだ。

貝塚人工島2
沖面沿いには数多くとめられる無料の駐車場が設置されている。

メインポイントは西向きのテトラ帯。少し足場がわるいものの、このテトラには多彩なターゲットが居ついている。その南側にあるプールと呼ばれるエリアはテトラがないうえ、手すりつきのベランダ護岸となっている。そのぶん混雑することも多いが、家族揃って釣りをするには最適の場所だといえる(プールは立ち入りが禁止されることがある。ルールはきちんと守ること)。

貝塚人工島1
多彩なターゲットが狙える沖面のテトラ帯。整然と並んでいるが、足もとには十分に注意してエントリーすること。

貝塚人工島の四季のターゲット

春はガシラ・メバルなどの根魚をメインにチヌも期待できる。エビ撒き釣りならすべてのターゲットにアプローチできる。

メバルのエビ撒き釣りの詳細はこちら
エビ撒き釣りのタックルの詳細はこちら

初夏からは以上の魚種の他にハネが加わる。エビ撒き釣り以外にも夜釣りで虫餌を流すとハネ・チヌなどのまとめ釣りも期待できる。

流し釣りの場合は、ウキ下を2ヒロにしてテトラ際を流すといい。トラブルの少ないのべ竿で狙えるからビギナーでも気軽に楽しめる。

また、盛夏にはサビキ釣りで狙えるアジ・サバ・イワシなどの回遊が見られる。足もとのテトラが少し沖まで入っているため、ここではウキをつけた投げサビキスタイルで狙うのが有効だ。

秋にもチヌ・ハネの好期が続く。さらに、ハマチ・タチウオなどの回遊魚も見られるようになる。特に人気があるのがタチウオ。ピークを迎える11月ごろにはズラリと人が並ぶほどの賑わいを見せる。

北西風が吹く冬場は、釣りにくい日も多いが、エビ撒き釣りで狙う根魚は好釣果が期待できる。

貝塚人工島3
水道部ではカレイなどの投げ釣りのターゲットが豊富だ。

この他、冬場と春には西面のテトラ帯と東面の水道部では投げ釣りでカレイが狙える。あまり知られていないが35〜40㌢の実績もある。また、4〜5月にはテトラ際でアイナメやガシラ、夏場には20㌢までのキスも期待できる。

カレイの釣り方はこちら
カレイのタックルの詳細はこちら

なお、秋にはアオリイカの回遊も見られる。サイズは大きくはないが、エギングで狙えば数が期待できる。

インフォメーション

駐車場 人工島南西部分に無料のスペースあり。また、二色の浜公園海浜緑地に有料の第四駐車場がある(1日620円)。
トイレ 二色の浜海浜公園にあり。
最寄りの
釣り具店
Tポート・貝塚店0724-30-1091)。
フィッシングマックス・二色の浜店072-438-9898)。
アクセス ■車の場合
阪神高速湾岸線・貝塚出口をおりてから二色1丁目交差点か脇浜交差点を貝塚人工島方面へ曲がる。橋を渡って各ポイントへ。

釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう