フィールドガイド 尾鷲港

尾鷲港

磯釣りの超人気エリアは波止回りも魚がとても多い。型物の磯魚に加え、キスをはじめとした投げ釣りの好ターゲットもいろいろアタるからじっくり狙おう!!

主な対象魚 アオリイカ・アジ・ガシラ・カレイ・キス・グレ・サンバソウ・チヌ・ハタ類・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・マゴチ・マダイ、他

釣り場紹介

尾鷲(おわせ)湾の沖磯、筏への渡船の基地となっている港だが、その波止釣り場としてのポテンシャルはかなり高い。特に天満の波止と、その延長線上にある一文字(渡船利用)では多彩な魚種の大物の実績がある。

チヌの魚影が濃いエリアだけに春〜秋はこれを狙うのがおもしろくい。同時に良型のグレやマダイ・サンバソウも期待できる。また、春、秋ともにアオリイカがよく釣れているし、投げ釣りのキス・マダイ狙いもいい。冬場には意外と型物のカレイも上がっている。

また、生き餌のブッ込み釣りでのマゴチ・ヒラメの実績もかなりのもの。主に夏〜秋の釣りというイメージがあるが、冬場にイワシやアジの寄りがよいシーズンには型物のまとめ釣りがあるという。

天満の波止の捨て石回り(天満の波止では約10㍍先まで沈みブロックがある)には中・小型のハタ・クエの類や大型のガシラがついていて、生ま餌で竿下を狙うと大アタリが期待できる。ただし、根に潜られることが多いし、サメやエイ・ウツボといった邪魔者もよくアタる。

ここでは外向きがメインポイントになっているが、キスに関しては内向きもいい。先端付近は漁船の往来、その手前では養殖筏が邪魔になるが、うまく探ると夏場の日中にも中〜大型キスが連発する。

そして、天満の波止や一文字ではサビキで狙うアジなどのファミリーフィッシングの対象魚ももちろん多い。太ハリスのサビキとオマケバリの仕掛けで狙えば大物も期待できる。

インフォメーション

駐車場 各所にスペースあり。漁業作業の邪魔になるような無理な駐車は厳禁。漁師などの現地で作業する方の指示に従うこと。
トイレ あり。
一文字への
渡船
大ちゃん渡船090・7023・0553)。
川端渡船0597・22・8430)。
一文字の
渡船料金
1500円
最寄りの
釣り具店
つりエサ市場・尾鷲店0597・23・1089)。
えさきち​・尾鷲南館0597・37・4183
アクセス ■車の場合
紀勢道・尾鷲北インターをおりて直進すると港に出る。


釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう