フィールドガイド

フィールドガイド 白浜・ホテル川久裏の護岸

釣り場ガイド ホテル川久裏5

観光地として有名な南紀白浜臨海地区にある快適な釣り場。広大な護岸一帯で竿を出すことができ、湾内にあるため荒天時でも釣りができるのが魅力。子供連れのファミリーフィッシングにも最適!!

主な対象魚 アオリイカ・アジ・イワシ・ガシラ・グレ・スズキ・タチウオ・チヌ・ハマチ・ヒラメ・メバル、他

釣り場紹介

白浜の臨海エリアにある「ホテル川久」の周囲約800㍍の護岸は釣り人に開放されている。広々とした足場のよい護岸であること、釣り場近くに駐車スペースがあることなど、子供連れのファミリーフィッシングをはじめとしたグループ釣行にも最適の釣り場となっている(トイレはない。綱不知公園の公衆トイレを利用するなど、近隣の施設を利用)。

また、北西風の風裏ポイントもあるうえ、波穏やかな湾内に位置することから冬期にもストレスなく竿を出せるのがうれしい。

主なポイントはⒶ〜Ⓒの各護岸のエリア。いずれも水深は浅く、足もとで約3㍍、少し沖で7〜8㍍。足場の高さは海面から2〜3㍍と低くて釣りやすい。

3個所とも足もとに捨て石が入っており、その沖はシモリが点在する砂地が広がっている。

  • 釣り場ガイド ホテル川久裏2
    Ⓐ江良津向きの護岸。

湾内ながら潮通しはよく、夏からはタチウオや青物・スズキなどのフィッシュイーターもよく回ってくる。特に北側の護岸が実績ポイントで、ひんぱんにできる潮目の回りをダイレクトに狙うと高確率でのヒットが期待できる。

四季の釣りもの

春はヤエン釣り・ウキ釣り・エギングでアオリイカ、フカセ釣りや紀州釣りでチヌ・グレなどが狙える。夏から晩秋にかけてはチヌ・グレの他、サビキ釣りで狙えるアジ・サバなどの小物からハマチやカツオなどの良型の青物まで釣れる。晩秋から春はタチウオ・アオリイカ・アジ・イワシなどがメインになる。

中でもおすすめは晩秋から冬に接岸するタチウオだ。大群で入ってくることが多く、群れに当たれば数釣りが可能。1時間で10匹以上釣れることも珍しくない。ウキ釣りやテンヤ、ルアー(ワインド)で狙うといい。また、アオリイカも多いので餌釣りやエギングの道具も持参したい。

インフォメーション

最寄りの
釣り具店
芝田釣具店(0739-42-3521
アクセス 紀勢道・南紀白浜ICをおりて県道34を直進。権現谷東交差点を左折したのち次の信号(権現谷交差点)を右折。さらに次の信号(空港北交差点)を右折して県道33を北上。突き当たりの空港入口交差点を左折して県道31を西進し、ホテル川久の看板を目印に右折して釣り場へ。


釣行にあたっての注意事項

楽しく釣りを続けるために以下の点を心がけて下さい。
①釣り場にゴミを残さない、②迷惑駐車をしない、③立入禁止エリアに入らない、④港湾作業を妨げない、⑤危険を冒さない、⑥民家の近くで騒がない、⑦ライフジャケットを着用する。
なお、釣り禁止場所や駐車の可否、各種料金などの釣り場に関するすべての情報は変更される可能性があります。釣行の際は現地の事情をご確認のうえ、指示に従って下さい。