夏スズキ VS 鉄板バイブレーション&ジグヘッド+ワーム

シーバスゲーム 鉄板バイブレーション&ジグヘッド+ワーム1

鉄板バイブレーションの釣りでは引き抵抗の変化は狙い目のサイン。ここぞというポイントで繰り出す食わせのアクションがキモとなるから…

解説:加地武郎

スポンサーリンク

深場を効率よくサーチ

鉄板バイブレーションの特徴は何といっても抜群の飛距離と波動によるアピール力である。特にデイゲームで有効となり、強烈な波動で広範囲のターゲットにアピール。食い気のある魚を集める効果もある。サイズは70~90㍉前後が一般的だろう。ウェートは必要な飛距離や攻めたいレンジに応じて13~26㌘程度を使いわけている。 

そして、沈下速度が速いので特に水深のあるエリアで効果的だ。具体的には港湾や沖堤など、足もとから水深があるオープンエリアで使用することが多い。また、磯場やゴロタ浜などでは根掛かりが多発するので使いづらいが、砂浜では飛距離を生かして広範囲をサーチできるので重宝している。

引き抵抗で流れの変化を察知

ボイルが見られなかったり、ベイトがいないときなどは、とりあえず底からステディーに巻き上げてくる。また、ある程度巻き上げたらフォールさせ、レンジが上がり過ぎないように調整しながら様子を見ることもある。

巻き上げ中はルアーのブルブルという振動を手もとに感じながら、その強弱で流れの変化を察知する。振動が弱くなれば潮が緩んでおり、強くなれば潮がきいているということになる。そうやって潮の変化を探り、変化の境目で食わせのタイミングなどを演出するようにしたい。

シーバスゲーム 鉄板バイブレーション&ジグヘッド+ワーム2

デーゲームや比較的水深のあるオープンエリアなど、強烈な波動による集魚力を生かせるシチュエーションで活躍する。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう