フィールドで培ったエキスパートの「釣れる感覚」を解明【勝利の気配・ライトゲーム編】

メバリング ピンポイント1

「もっと釣りたい‼」という欲を持つアングラーなら誰しも無意識のうちにさまざまな変化を捉えているはず。そんなインプットの積み重ねが勝負勘の構築に繋がっている。後はアウトプットの精度をどう高めるかが課題となるから…

解説:藤原真一郎

スポンサーリンク

体が覚えている感覚

釣り場に立ってキャストするときに釣れそうな雰囲気というか「気配」を感じ、何か確信めいた感覚を持つことがある。

おそらく無意識のうちに諸々の自然の状態を感じ、経験則から判断するという作業を頭が勝手に行なっているのだろう。たとえば、空を見上げて注視せずとも「星がきれいな夜だ」と視界の端で感じたら「星がよく見える=月明かりの影響が小さい→過去によく釣れた」との判断がなされ、それを釣れる気配として感じるようなメカニズムが働いているのではないだろうか。言葉として記憶しているわけではない。つまり、認識していないが経験的に知っている好条件や悪条件を頭や体が勝手に判断しているのだろう。

実釣時では特にフロートリグを使用しているときにそれを感じることが多い。アタリがでるよりも前に「食いそう…」と思うことがよくあるのだ。これは体が勝手に感じているような感覚で、デッドスローでリトリーブする指や手のひらや腕が、わずかな荷重の変化をとらえて判断しているのかもしれない。

ゼロテンションの効果

トップウォータープラグにも共通することだが、フロートは限りなくゼロテンションにできるので潮流などの変化をとらえやすい。潮に乗せながら巻いているとジワーッとわずかに重くなる。もちろん、判断しているのは脳だが、抵抗のかかり具合からそれがどういう類のものなのかを無意識のうちに判別しているような気がしないでもない。

また、その変化の中には波の振幅も含まれる。フロートを多用するようなシャローでは底のストラクチャーが潮流や波の立ち方に影響を及ぼす。底の起伏によってわずかに盛り上がったメバルナギの緩やかな波がフロートを持ち上げたり押し下げたりし、その変化が釣り人に伝わる。メバルはそうしたストラクチャーに近い場所で浮いていることが多く、波の変化を感じた後にアタリがでるという経験の積み重ねがインプットされているのだろう。

闇夜で、しかもゴロタ場などになると視覚はかなり制限される。そのぶん他の感覚が研ぎ澄まされるのかもしれない。さまざまな情報を肌で感じることで、気配というものをキャッチしているに違いない。

フロートゲームでは、その位置を把握しながら釣りをするのが理想だ。メバルやアジはよく群れることから釣れた場所をマークしながら攻めることで釣果アップに繋がる場合が多々ある。

幾筋かのトレースコースがあるとして、その1つが正解だったとしよう。1匹釣れれば再現性を求めて同じトレースラインを描くようフロートを誘導する。視認することはできなくても感覚的にほぼ同じラインを通っていることがわかるし、何か変化を感じるポイント=アタリのでるポイントであれば、そこにリグが差しかかったことも感じることができる。そして、間もなくアタリが伝わるだろうと確信する。友人たちとゴロタ浜で釣りをしていてその気配を感じたら「入りました」とか「整いました」などといいながら、次の瞬間にはバシッと合わせて「ねっ‼」なんて楽しむこともある。

メバリング ピンポイント2

経験の積み重ねによりインプットされている感覚。そこを意識することで…!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう