【ファイトスキルの磨き方】VSオフショア大型カンパチ

オフショアジギング 大型カンパチ1

複雑な潮流を釣りこなすには細ラインの使用が不可欠。そして、ヒット後はライン強度を限界まで生かしたドラグ設定で地道に大型との距離を詰めることが重要となるから…

解説:嶋田 洋

スポンサーリンク

適切なタックルバランスの決め方

釣行の大半は黒潮海域で大型カンパチを狙っている。ホームの潮岬周辺は急潮流で水深のあるポイントが多く、ジグで口を使わせるのは容易ではない。さらに、掛けた個体を釣り上げとなると…。私自身、根ズレによるラインブレイクは数えきれないほど経験している。

潮の流れが素直なときはランディングに有利なセッティングで挑んでいるが、そのような好条件に恵まれることは少ない。むしろ、3㌩を越える速さで流れたり、強烈な二枚潮となるケースの方が多い。そういった状況でしっかりとジグをコントロールするには、おのずと細ラインを使わざるを得ない。

朝イチは様子を見るために、自分にとって最も実績の高いタックルを使用する。具体的にはPE2.5~3号にリーダーはフロロ10~14号。このクラスだと8㌔級のメジロクラスなら難なくキャッチできるだろう。

使用するジグはディープライナー・スロースキップFBの200~400㌘を潮流の速さに合わせて使いわける。FBは速い潮流の中でも安定したアクションでターゲットにアピールできる。

しかし、これらのタックルでは素直に口を使ってくれないのが近海の大型カンパチだ。やはり、潮流や船の流れ方に合わせた釣りをしようと思えば、必然的にラインを細くしなければ対応できない。そこで、まずはラインの強度をフルに生かすために自分が使用するライン、ノットの強度を把握し、その限界強度ぎりぎりにドラグ値を設定する必要がある。

私は自宅などでノットの練習を繰り返している。また、広場などで100~200㍍ほどラインを伸ばした状態で力一杯引っ張るなどして、ライン強度の限界を感覚として自分の手に染み込ませている。ドラグを設定する際は、その感覚を頼りに自分の手で引っ張ってライン強度のギリギリで滑るようにしている。

また、フックもさまざまなタイプがあるが、当然自分の中で信頼のおけるものしか使用しない。

オフショアジギング 大型カンパチ2

ラインやフックの強度については限界を自身の感覚で掴んでおくことが重要だ。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう