【SHORE SNIPER vol.2】外房・冬のショアヒラマサゲーム

ショア青物ゲーム ヒラマサ ヒラスズキ1

総じて厳しい状況が続く外房のショアヒラマサゲームですが、ベイトが小さいためかヒットパターンに異変があることに気づきました。昨年末にキャッチしたヒラマサもそれを実感する1匹となり…

解説:大野 祐

今冬は厳しい寒さが続きますが、釣り納めや釣り初めの結果はどうでしたか? 私は年末までかわらず外房の磯に通い続け、よい日もわるい日もありましたが、何度か魚を手にできて無事に2017年の釣りを終えることができました。今回は厳寒期に向けて移ろいゆく外房の磯の様子をレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

ヒラマサのヒットパターンに異変が…

まずは12月初旬の釣行から。11月一杯はストイックにヒラマサを狙って釣行を重ねていましたが、釣れない日々が続いていたことや12月に入ったことで気分もかわり、この日はヒラスズキをメインに狙うことに。晴天で風も弱く、穏やかな陽気ながらヒラスズキを狙うにはほどよく波があってまさにベストコンディションでした。

夜明けの潮位が高い時間帯は足場の高い場所からシンキングペンシルを遠投しましたが反応なし。潮が引くにつれて徐々に前へ出られるので魚のつき場に近づけるようになります。そのタイミングでフローティングミノーにチェンジし、セットの波を待って十分にサラシが広がるタイミングでキャスト。スローなドリフトで魚が着くシモリにルアーを流し込むと明確なアタリが!! しっかりとフッキングを決め、久々に魚の手応えを味わいながら無事にランディングしたのは銀鱗が眩しい60㌢ほどのヒラスズキでした。

その後も別のポイントでもう1匹追加。そして、ここで並んでキャストしていた釣友にヒラマサがヒット!! しかし、残念ながら数分間のファイトの末に最後はラインを出され、海草帯に巻かれてフックアウト…。昨年はベイトが小さかったのか、ヒラマサがヒラスズキ狙いのタックルにヒットすることがよくありました。ダイビングペンシルや大型ミノーに反応せず、ヒラスズキタックルに持ち替えた途端にヒラマサがヒットするというケースが私にも2度ほどありました。

ショア青物ゲーム ヒラマサ ヒラスズキ2
ショア青物ゲーム ヒラマサ ヒラスズキ3

狙い通りにヒラスズキをキャッチ!! 久々に魚の引きを味わって満足の1日になりました。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう