コスパ抜群の4軸カーボン搭載アジングロッド、ARES『BLUE PORTER X4 AJ』が登場|Best Choice Tackle | SWマガジンweb | 海のルアーマンのための総合情報メディア

コスパ抜群の4軸カーボン搭載アジングロッド、ARES『BLUE PORTER X4 AJ』が登場|Best Choice Tackle

アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ

ARESよりアジングロッド、『BLUE PORTER X4 AJ』が登場しました。ティップ部分を除いたすべてにハイクラスモデルに採用されている4軸カーボン構造の「超極薄高密度4軸カーボン」を採用しながらも手にしやすい価格帯でのラインナップとなっているのがうれしいところ。エントリーモデルからステップアップをはかりたいアングラーにとって有力な選択肢となるシリーズは要注目です!!

BLUE PORTER X4 AJの特徴を動画でチェック

BLUE PORTER X4 AJはロッド性能が大幅に高まる超極薄高密度4軸カーボンモデル

アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ

感度、飛距離、キャスタビリティー、操作性などの多岐に渡ってロッド性能が向上する技術である4軸カーボンの特性を幅広いアングラーに体感してほしいというコンセプトの元、求めやすい価格帯で展開する「ブルーポーター」シリーズにアジングモデルの『BLUE PORTER X4 AJ』が加わりました。

すでにラインナップされている『BLUE PORTER AJ』との大きな違いは、ARESが得意とする4軸カーボン構造の中でも最もレベルの高い『超極薄高密度4軸カーボン』を採用した点にあります。

アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ
感度、飛距離、キャスタビリティー、操作性などの向上が見込める「超極薄高密度4軸カーボン」がティップを除くすべてに採用されています。

ハイクラスモデルに採用される超極薄高密度4軸カーボンは、超極薄の高弾性カーボン繊維の採用したことによる軽量化に加え、感度アップに繋がる張り感の向上などが期待できる素材・工法です。つまり、繊細な操作を駆使しながら微細なアタリを掛けていくアジングのロッドに求められる性能を追求するにあたっては理想的な技術だといえるわけです。

実際、手にすると4軸カーボンならではのシャキッと感とともに、超極薄のカーボンシートを使っていることがわかるほどの軽量感に思わず「おっ」と声を上げてしまうほどです。使い込めば、アタリをとらえることの楽しさや気持ちのいいキャストフィールなどをより実感することができ、釣りがさらに楽しくなること請け合いです。

超極薄高密度4軸カーボンの詳細

4軸カーボンとは最外層のカーボンパターン繊維を4方向に配置した構造のことです。その4軸構造を高弾性カーボン繊維で構成することで形状復元の速さに大きく影響するネジレ方向への力を効果的に抑える特性が向上し、ブランクスの直進性と伝達性が高まる技術が「高密度4軸カーボン」です。そして、ARESの高い技術によって超極薄の高密度カーボン繊維で構成したのが「超極薄高密度4軸カーボン」です。

超極薄の名の通り、材料が薄くなることで操作性アップに寄与する軽量化に加え、感度アップなど、あらゆる部分でロッド性能の向上が期待できます。

BLUE PORTER X4 AJは高精度の釣りが実現できるセッティングが充実

ティップ部分は4軸カーボンではなく、わずかなアタリや潮流の変化を鋭敏に伝えてくれる高弾性のソリッド仕様となっています。わかりづらい吸い込みアタリにも対応できることはもとより、4軸カーボン特有のスムースな曲がり込みと相まってアジングでありがちな口切れによるバラシの防止も期待できます。

アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ
ティップ部分は微細な反応も伝えてくれる高弾性ソリッド仕様となっています。

その他、IPSリールシートを採用したホールド性の高いコンパクトなグリップ、感度向上や軽量化などにつながる「Matteラッピング工法」など、細やかな点にも使い勝手のよさにつながる配慮がなされているのも『BLUE PORTER X4 AJ』の特徴の1つです。

アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ
全体的にコンパクトにまとまっているグリップ回り。ブランクスタッチもしやすい仕様となっています。
アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ
リールフードにも4軸カーボンがラッピングされているなど愛着のわく見た目のよさも魅力的です。
アジングロッドBLUE PORTER X4 AJ
ガイドはステンレスフレームのSiCを用いたLFST+KTSG+KLSG仕様となっています。

なお、モデルは5.4〜6.6㌳の全4種。フィールドの条件に応じて選択できるバリエーションがあるのもうれしいところです。

ハイエンドクラスに使用される『超極薄高密度4軸カーボン』を手ごろな価格で体感できるのはうれしい限り。アジングを追求するエキスパートクラスはもちろん、特にエントリークラスからステップアップをはかりたいアングラーにとっては要注目のアイテムといえるでしょう。

BLUE PORTER X4 AJのSPEC

品番 全長
(㌳/㍍)
継数
(本)
仕舞寸法
(㌢)
自重
(㌘)
先径
(㍉)
元径
(㍉)
LURE
(㌘)
LINE
(号)
カーボン含有率
(㌫)
リールシート位置
(㍉)
メーカー
希望本体価格
504S 5’4″/1.62 86 52 0.8 9.0 0.3〜5 0.1〜0.4 99 193 29,000
509S 5’9″/1.75 92 53 0.8 9.0 0.3〜5 0.1〜0.4 99 193 29,500
603S 6’3″/1.90 99 55 0.8 9.3 0.3〜5 0.1〜0.4 99 193 30,000
606S 6’6″/1.98 103 60 0.8 9.3 0.3〜5 0.1〜0.4 99 193 30,500

※スクロール→

メーカーの商品紹介ページへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SWマガジンweb特設サイト