陸っぱりでマダイを釣ろう!! ~ショアラバのススメ~

ショアラバ・タイラバ・マダイ1

マルチアングラーの私が昨年からハマッているのがショアのタイラバ(ショアラバ)です。最初は本当にマダイが釣れるのかと半信半疑でしたが、いざ始めてみるとかなり楽しい釣りでした。まだまだビギナーの域を脱しない私ですが、今回はそれなりに結果が出ている自身の釣り方についてご紹介します…

Text & Photo 笹川昌紀

ショアラバにチャレンジ

私はショアからのルアーゲームなら何でも楽しむというマルチアングラーです。ただ、ショアからのタイラバ(以下ショアラバ)については、そのような釣りがあることは知っていたものの、なかなかチャレンジする機会がありませんでした。そもそも「本当に釣れるの?」と半信半疑だった部分もありますが、SNSなどを見ると、地域によっては結構な釣果が上がっています。それを見て常々チャレンジしたいと思っていました。

そんなとき、釣友から一度トライしてみようとの提案があり、2019年の夏に初めてチャレンジすることになりました。ただ、市販されている専用ロッドがありません。また、他の地域ではライトショアジギングロッドを使用している方が多いように見受けられましたが、ティップが硬めのものが多く、食い込みがわるいのではないかと考えました。そこでキジハタ(アコウ)用に購入したハードロックフィッシュ用ロッドを試してみることに。やってみるとこれがなかなかおもしろく、合わせのタイミングを図るドキドキ感はショアラバならではものだと感じました。

そんなわけで昨シーズンはかなりの釣行回数を重ね、まずまずの数のマダイを仕留めることができました。とはいえ、まだまだビギナーレベルではありますが、今回は私なりの楽しみ方をご紹介させていただきたいと思います。

ショアラバ・タイラバ・マダイ2
最初は本当にマダイが釣れるのか半信半疑でしたが、いざ始めてみると釣果が得られて独特の釣趣があり、かなりおもしろい釣りだということが分かりました。

ショアラバで有望となるポイントと潮のタイミング

私が釣行先として選ぶのは港にある地続きの堤防や沖堤です。水深はキャスト地点で15~30㍍、ボトムは砂地でストラクチャーやカケアガリなどの変化がある場所。さらに、潮通しがよくてベイトが多く回遊していることが好条件となります。

ショアラバ・タイラバ・マダイ3
沖堤防なども好条件を満たす釣り場として有望です。

あと、有望な潮時についてはポイントによっても異なりますが、基本的には上げor下げ潮がよく効いているタイミングが狙い目といえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう