コロナ問題・依存度の高い釣り人からの現状報告|【ほぼ月刊  武田  栄! vol.10】

釣りコラム・武田栄1

新型コロナウイルスの感染拡大により、以前まで当たり前だった日常を送ることができなくなりました。緊急事態宣言が発令されたこのタイミングで依存度の高い釣り人として、またいち社会人として、僕の現状を報告させていただきます…

文:武田 栄

「世の中えらいこっちゃ!!」である。前回から少し期間を経て書くこのコラムがまさかこのような事態の中とは? 例年ならこの時期はとにかくさまざまな釣りもので忙しい報告をするはずが、この状況をいったい誰が予想できただろうか? 今回の状況についてこのコラムではあまり一般的なコメントを書く気はないので、みなさんそれぞれの立場や状況の中で「お互いがんばりましょう」としかいいようはないけれど…。まぁとにかくツラい。

「はい。釣りは軽い趣味です」といえるみなさんには、もしかするとそれほどピンとこないかもしれないけれど、50歳を過ぎてそれなりにいち社会人としての自覚もある身としては、ただただいわれる通り「家にいる」ことが最優先ではあるのだが…。

釣り場へ行くことへの我慢

これまでの僕の人生はほぼ釣りと音楽。例えば僕にとっての釣りは「いっこうにやめる気のないタバコ」、音楽は「酒飲みのやめれない酒」であるので、現状は考えただけでも相当にキツい。さすがにライブ活動や音楽イベント、スタジオ作業などは完全にストップ中。今のところ釣りも我慢できているが、こちらはいくら頭では分かっていてもこの後の自分が怖い。だってこれまで長い間、休みの日や平日の夜に釣りもせず、誰にも会わずに家にいることなどほぼ皆無だったから。

 
釣りコラム・武田栄2
釣りコラム・武田栄3
日常にしっかりと釣りを楽しむ時間があっただけに、現状が本当にツラい…。

大酒飲みやギャンブル好きのみなさんには申しわけないが、幸いなことに僕は酒も飲まず博打もしないので、これまでも演奏以外で盛り場や遊技場へ行くことはほぼなかった。でも「釣り場へ行く」ことへの我慢はいつ限界がくるか分からない(釣り依存ゆえ、あえて文章にしてもいいくらいこの先しばらくじっと家の中にいるということが想像できない!!)。

でも、今のところはそうするしかないと、なんとか自分にいい聞かせているけど…。

釣りコラム・武田栄4
釣りコラム・武田栄5
本来なら春真っ盛りの釣りを楽しんでいたところですが、今は我慢です。

日々の平和な暮らしとは逆の方向に…

まずは、みなさんが健康であること、同時に「生活とお金」も大切であるから、少しでもその不安解消への希望が見えることが第一。ここにきて業種や職種による明日の不安が現実化し、僕の身近でも起こっている。非常に心が痛いが気づけば僕も「釣りと音楽」という職業フリーランスで自営業なので明日は我が身…。しかし、今回の事態は「全世界全員ルール」であるから、結局は希望も保証も安全も「みんなで努力したうえでの運」に委ねるしかないと思っている(楽観的でも開き直りでもなく、これが最も現実的だと思う)。

僕は決して頭がよいわけではないし、世の中の事情をくまなく知っているわけではないが、すでにいい歳なのでこれまでの自分の経験と多少なりとも培ってきた知恵でものごとを判断する。そして、思うに高度経済成長・バブルを経て核家族化・少子化、長引く不況、インターネットの普及によるグローバル化と、この50年は誰が考えても「日々の平和な暮らし」とは逆行する方向にしか向かっていない。個人的には今回の状況もその結果が招いたことだとも思っている。

釣りコラム・武田栄6
今一度、個々で平和な暮らしをしっかりと見据える必要がありそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SWマガジンweb特設サイト