カマス釣りをサクッと快適に楽しもう!!|【ほぼ月刊  武田  栄!vol.7.5】

カマス釣り ミノー1

夏場は日課のようにカマス釣りを楽しんでいます。それでもまったく飽きないのがこの釣りの魅力ですが、サクッと快適に楽しむのが僕が実践するカマサーゲームの流儀。その実釣の模様をレポートしましょう…

文:武田 栄

今シーズン最大サイズのカマスが登場

別記事(【2019 夏のカマスゲーム最前線】)でもその魅力をお伝えしたカマス釣り。「サクッと行こっ!!」とカマス実釣取材に行ってきました。ポイントは大阪湾南部から紀北エリアにかけての沿岸部です。

17時、まだ早いなぁ、暑いし…⁉︎(笑)。そんなわけで18時ごろになって車に乗り込み、沿岸部を見ながらポイントをチェック。あらかじめこの日に取材することが決まっていたため、前日、前々日もしっかりとカマスをチェックをしていたタケダさん(エライ!!)。そのときは数個所でカマスをキャッチしていました。そして、この日は前日も釣った、とある防波堤へと向かいました。

カマス釣り ミノー2
事前の釣行でも上々の釣果を得ることができました。

「風も気候も昨日と同じような感じ。ただ、今日は夕まづめに満潮時刻が重なるのがちょっと心配かも…?」とスタッフに告げ、新作のゲームベストに腕を通し、タックルと小型のクーラーボックスを持ってポイントへ。それほどよい潮回りではありませんが、少し風も吹いていてわるくない雰囲気。「ほな、そろそろ始めます!!」と19時に実釣を開始しました。

すると間もなくしてファーストフィッシュが!!「うわ、デカい」と、いきなり今シーズンの最大サイズが登場!! 「もしかしてエエんかいな、今日は⁉︎」と鼻息荒くキャストを再開しました。

今年は期待大!!

ところが、この日はあとが続きません。「あら?」どうも潮がイマイチ動かない様子。ただ、幸い心地よい風が吹いていて初夏とは思えないほどの涼しさ。風で蚊も寄ってこないので快適です。

そんな感じで余裕を持ってアプローチを続けていると5分後にヒット!!  先ほどの1匹に比べるとやや小ぶりですが十分なサイズです。ちなみに、今年のようにカマスが好調な年ほどエンピツカマス(小型カマス)が少なく、初期からよい釣りができます。

その後もポツポツとアタリが出ますが、この日は途中でよくバレます(カマスの活性が高くない日は浅掛かりでよくバレます!!)。

カマス釣り ミノー3
カマス釣り ミノー4
怒涛の連発が魅力のカマス釣り。ただ、この日の前半戦はバラシも多くて…。

少し薄暗くなり始めてきたところで、防波堤の先端付近へ移動。そこからプチ時合に突入しました。あいかわらず水面や足もとでバレることも多かったですが、「かる~く遊ぶ」という意味では十分な釣果。とにかく涼しくて気持ちのよい日でした。そんなこんなで「今年は楽しくカマスが釣れそう!!」と感じさせてくれる2019年の夏です。

僕が住む大阪湾南部・泉南エリアはもちろん、紀北~中紀エリア、四国、淡路島、日本海エリアもカマスのメッカ。さらに山陰や九州をはじめ、伊豆や関東方面まで、今やうれしいことにたくさんのカマサーファンがいてくれます。みなさんも次ページで紹介する注意点を参考に、ぜひ夏の朝夕にはカマス釣りをお楽しみ下さい。今年は好調なのでチャンスですよ!!

カマス釣り ミノー5
カマス釣り ミノー6
ポイントの移動など、限られた時間内での駆け引きも楽しい要素。積極的な姿勢で楽しみましょう!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう