【ヒラスズキゲームQ&A】Q14.やり取り&ランディングのコツは?

ヒラスズキ 釣り方14-1

シューティング的要素を含めたゲーム性の高さから、SWゲームフィッシングの中でも至高のターゲットの1つに数えられるヒラスズキ。ここではやり取り&ランディングのコツについて、この釣りに精通するエキスパートが解説!!

【磯】安全面&失敗したときのことも考えて‼

Answer:程野 昇

磯のヒラスズキゲームで最も危険なのがファイト~ランディング時である。冷静さを失い、無謀な移動をしたり、波に対しても注意散漫になりがちだ。そのため、あらかじめランディングポジションを決めておき、ファイトパターンもある程度イメージしておいてスムーズに対応できるようにしたい。

さて、ヒラスズキとのファイトといえばハデなエラ洗い(テールウォーク)が醍醐味であるが、これがフックアウトの原因になる。そのため、ヒラスズキの頭が水面から出そうになればロッドを倒して横を向かせることでエラ洗いを抑える。そして、泳がせながら波の影響が少ないポジションまで誘導し、ヒラスズキが暴れなくなってからランディングするのがベストといえる。

また、波に乗せてズリ上げる場合は失敗したときのことも考えておく。ヒラスズキが引き波に乗ったときに備えてドラグ設定を弱めにしておくのが無難だ。私はベールを返してサミングすることで対処することが多いが、レバーブレーキリールであればこんなときにメリットを感じる。

ヒットしたヒラスズキがこちらに主導権を与えないような大物の場合は、魚がラインテンションがかかるのと逆方向に泳ぐ習性を利用し、迅速なロッドワークで根に向かわせないようにコントロールしながらあしらうのが理想的だ。

ヒラスズキ 釣り方14-2
ヒラスズキ 釣り方14-3
ロッドワークを駆使してできるだけスムーズなファイトでヒラスズキを寄せたい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう