状況に応じたライン&フック使いでヒラマサを制する実践的手法

【AD】

株式会社モーリス /

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック1

進化するオフショアジギング&キャスティングで重要視したいのがライン&フック使い。そこにこだわって繊細な釣りを展開すれば、青物をはじめとするターゲットのヒット率が格段にアップするから…

アドバイザー:有尾紀寛/レポート:松井謙二

有尾紀寛が考えるジギングとライン使いの重要性

ジギングで理想的なジグアクションを演出するうえでは、ロッド、リール、ライン、リーダー、アシストフックを含めたタックルのバランスをしっかりと煮詰める必要があります。それができなければメタルジグをしっかりとコントロールして泳がせることができません。

「ジグを自分の思い通りに操り、魚をヒットさせることがジギングの醍醐味!!」と語るのはジグビルダーとして数々のヒットジグを世に送り出している有尾紀寛さん。そんな有尾さんの青物ジギングはティップに抵抗が加われば胴にもその重みが乗ってくるような柔らかい調子のジギングロッドを用い、メタルジグが飛び過ぎないよう、しなやかにアクションさせるワンピッチジャークが基本。その中でメタルジグのスピード変化、止め、フォールを取り入れてアプローチを組み立て、10~15㌔の大型ヒラマサを数多く仕留めています。

そして、そのような繊細な釣りを展開してヒラマサを攻略しようと思えば、高性能なジギングラインを使用することが不可欠。そういった意味でも有尾さんが絶大な信頼を寄せているジギングラインが『バリバス・アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8』です。

強度ムラの少ない安定した高い耐久性と超高感度を誇るジギング専用PEラインには、扱いやすい「10㍍×10色」という独自のラインマーキングシステムが採用されています。これによりアプローチ中のメタルジグの位置が把握しやすく、ターゲットのヒットゾーンへも導きやすくなります。ジギングでは一瞬の判断が要求されるケースも多いのでカラーリングパターンを覚えておくことが前提となりますが、付属のカラー表示シールをリールに貼りつけておけば一目瞭然。瞬時にヒットレンジを把握することができてとても便利です。さらに、100㍍を10パターンのカラーに分けられているため、50㍍5パターンのラインなどと比較して水深などの情報の把握が容易で迷うこともありません。

『バリバス・アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8』では、たとえばリーダーの長さが5㍍の場合、ジグが着底したときに手もとのラインが7色めの黒色なら65~75㍍出たことになります。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック2

ただし、船は風と潮の影響を受けて流れていますし、ラインも潮流の影響を受けるので水中では斜めになっています。したがってラインが75㍍出ているから水深が75㍍というわけではありません。

では、マーキングシステムをどのように生かせばよいのか? ジギング船では魚探の反応を見た船長から「底から20㍍」といった具合に狙いのレンジに関するアナウンスが必ずあります。それを聞いてラインのカラーを頼りに30㍍ほど巻き上げれば船長の指示ダナあたりにジグを持っていくことができます(水中のラインが斜めになっていることを想定して多めに巻き取ります)。

そして、アタリがあればそのときのラインの色を覚えておき、以降のアプローチではその色に近づいたときに集中してジグを操作するといった具合です。有尾さんも「この色のレンジで魚が食ってくると思うと、自然と集中力も高まって結果がついてきますよ」と自身の経験談を語ってくれました。そのうえで高感度が大きな武器となり、水中の情報をつぶさにキャッチできるというのが『バリバス・アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8』の強みです。

具体的にラインを通して感知できる水中の情報とは以下の通りです。

●潮流の動き…潮が動いていないときはジグをアクションさせたときにスコン、スコンという手応えのない感触が伝わる。潮が効いているときは流れが速いほど重い感触が伝わる。
●魚の前アタリ…魚が数㌢の距離までジグに近づいたときに水圧が一瞬変化するため、それが抵抗の変化として手もとに伝わる。

他にも魚がジグに触れた感触、リーダーに触れた感触など、さまざまな情報を感知することができるため、『バリバス・アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8』のような高性能ラインを使って経験を積むほど水中の状況を把握できるようになります。そして、それをヒントにアプローチの対策を講じることでヒット率アップに繋がるわけです。繊細なジギングを追求して釣果を伸ばすうえでは、ラインがそれだけ重要な役割を担うのです。

オフショアジギング・キャスティング ジグングライン・ジギングフック3
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック4
有尾さんの繊細なジギングに不可欠なラインが『バリバス・アバニ ジギング 10×10マックスパワーPE X8』と『バリバス・ショックリーダー[フロロカーボン]』です。

ジギングにおけるアシストフックの重要性

さて、今回の実釣取材では有尾さんとともに山口県沖の八里ケ瀬でヒラマサを狙いました。2日間に渡って竿を出したのですが、両日ともに底から5~7㍍までのレンジしか潮が効いていないという具合に、状況は決してよいとはいえませんでした。その中で氏はロッドの弾力を生かしたワンピッチコンビネーションジャークでジグをていねいに操作していました。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック5
潮が動かない状況下でジグの動きを少しでもよくするために『バリバス・ショックリーダー[フロロカーボン]』を50Lbから40Lbに変更。
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック6

有尾さんが使用するタックルは図の通り。主に狙った水深80㍍前後のポイントは潮が効いておらず、ジグを大きく飛ばすようなアクションには反応がわるかったので、タックル①をメインに使いました。メタルジグはMadly185㌘とWARP235㌘を使用。アシストフックは魚の吸い込みをよくする目的で軽量な『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』の#3/0(シングルフックを2本セット)で通していました。

なお、水深があるポイント(水深100㍍前後)を狙う場合、もしくは潮と魚の活性によってはタックル②のようにメタルジグはMadly225㌘、WARP235㌘、アシストフックは『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』#4/0(シングルフックを2本セット)を用います。さらに、カンパチ狙いなどで水深100㍍以深のポイントを狙うときは重いメタルジグ(NAMUjig250~350㌘、Madly265~380㌘)に『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』の#4/0~#5/0(シングルフックを2本セット)で挑むのが有尾さんのスタイルです。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック7
「ジグを思い通りに操ってヒットに持ち込むのジギングの醍醐味」と語る有尾さん。セッティングを煮詰めてジグに底潮の流れをうまく掴ませたところで良型のヒラマサが連発しました。
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック8
WARP235㌘には『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』の#4/0と#3/0、 Madly185㌘には同フックの#3/0をそれぞれシングルフック2本づけでセット。使用するジグや狙う魚の大きさに合わせてアシストフックのサイズを使い分けます。
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック9
『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』の#3/0がヒラマサの上顎をしっかりと貫いています。
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック10
同行の杉浦信之氏もカンパチをキャッチ!!

まづめどきはキャスティングが有利

最近はまづめどきにキャスティング(トップウォーターゲーム)でヒラマサを狙う遊漁船が増えています。朝まづめの薄暗い時間帯はヒラマサやブリが水面近くにいるベイトを意識していることが多いからです。

また、大型ヒラマサをキャッチしようと思えばジギングよりもキャスティングが有利といえます。それはジギングで大型ヒラマサを掛けると根に走られてラインブレイクする確率がどうしても高くなるからです。対してキャスティングは水面でヒットするため、根に走る魚を止めやすいぶん有利になります。もちろん、根に走るというヒラマサの習性を考えるとトップでヒットさせても根ズレによるラインブレイクの可能性はあるので、そのための対策が必要となります。経験豊富なエキスパートはその点を考慮して慎重にラインを選びますが、有尾さんの考え方は以下の通りです。

「PEラインは6号でも8号でもルアーの飛距離がさほどかわらないので、細い方が有利とは考えていません。それよりも過去に根の上のシャローポイントで大型ヒラマサをヒットさせて痛い目に合っているので、太めの8号を使用するようにしています。また、強度的にも自分が信頼できるラインを使用し、気持ちに余裕を持ってファイトすることが大切ですね」

氏が使用しているラインは『バリバス・アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]』の8号、リーダーは『バリバス・オーシャンレコード ショックリーダー』の150Lbです。『バリバス・アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]』は従来のPEラインに比べて、耐摩耗性能と耐久性を200㌫以上アップ。独自開発した特殊コーティングによりPEの弱点を大幅に克服しています。そして、『バリバス・オーシャンレコード ショックリーダー』はヒラマサキャスティングゲームの第一人者である田代誠一郎氏が監修を務め、企画出しからテスト、開発まで完全現場主義で生み出されたオフショア専用モデル。ワンランク上の圧倒的強度で記録への挑戦をバックアップしてくれます。まさに大型ヒラマサに挑むうえでも申しぶんのない組み合わせといえます。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック11
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック12
『バリバス・アバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]』は独自開発の特殊コーティングによりガイド抜けも抜群。大型プラグを2日間に渡ってキャストしましたがトラブルは皆無でした。リーダーは信頼の『バリバス・オーシャンレコード ショックリーダー』を使用。記録魚へのチャレンジもしっかりとバックアップしてくれる信頼の組み合わせです。

キャスティングにおけるフックセッティング

キャスティングではダイビングペンシルをメインに使用する有尾さん。波の波長に合わせたジャークでルアーにうまく水を噛ませ、理想的なヒラ打ちアクションでヒットに持ち込みます。そして、ここで重要となるのがルアーとのバランスを考えたフックのセッティングです。フックが軽過ぎるとルアーが波に弾かれ、本来のアクションを演出することができません。

有尾さんがヒラマサキャスティングで使用しているルアーは『ナムペン タイプM(マドリー)』。このダイビングペンシルには170㍉、200㍉、240㍉と3種類のサイズバリエーションがあり、当日のベイトに合わせてベストな大きさを選んでいます。

そして、前述したようにルアーサイズに合わせたフックのセッティングが非常に重要となります。有尾さんはトレブルフックを使用せず、ジギング用のアシストフックである『バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]ショート』を使用(サイズは#3/0、#4/0)。トレブルフックよりバラシが少ないのがアシストフックの利点ですが、これをルアーの前後に2本ずつセットしてダイビングペンシルの浮力を相殺しています。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック13
波長に合わせてダイビングペンシルをていねいに泳がせます。ルアーが船べりまで戻ってきても決して気を抜かず、ルアーに最後まで生命感を与え続けます。
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック14
最近のトップウォーターゲームではトレブルフックよりもバラシが少ないシングルフック(ルアーの前後に2本ずつセット)の使用が主流となってきています。

今回、有尾さんの釣りを見て痛感したことはラインとフック選びの重要性です。ルアーやロッド、リール選びにおいてはそれぞれのアングラーが自分なりのこだわりを持っていることと思いますが、ラインやフックもそれと同様に、またフィールドで即座に対応できるという意味ではそれ以上にこだわりを持って選択すればさらなる釣果に繋がることは間違いありません。特に夢の20㌔オーバーといった大型ヒラマサなどを相手にする場合はワンチャンスをモノにする必要があります。そういった意味でもライン&フック選びは何より重要ですし、経験豊富なエキスパートの意見を大いに参考にしていただければと思います。

オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック15
オフショアジギング・キャスティング ジギングライン・ジギングフック16
信頼の置ける高性能ライン&フックで進化し続けるジギングの醍醐味を存分に味わって下さい!!

(素材提供:株式会社モーリス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Item Information

状況に応じたライン&フック使いでヒラマサを制する実践的手法

バリバス・アバニ ジギング 10×10マックスパワーPE X8

究極の強さ、極限までの細さを誇るジギング専用ライン。完全8本撚りマックスパワー原糸採用で、バリバス独自の10㍍×10色のマーキングを配している。
・完全8本撚りマックスパワー原糸を素材に採用。異次元の強さと細さを実現し、アングラーを未知なる領域へ完全サポート。
・バリバス独自の10㍍×10色(テン・バイ・テン)カラーリングシステム採用により、ジグを正確に、いち早くターゲットゾーンへと導く。
・シルキーな表面特殊加工が、PEの常識を覆す滑らかさと、驚異の耐久性を実現。
・ヒットレンジがひと目で分かる「カラー表示シール」つき。
・リールに貼って使える便利な「号数シール」つき。
※詳細はこちら

状況に応じたライン&フック使いでヒラマサを制する実践的手法

バリバス・アバニ オーシャンワークス スピードスタイル ブリ・ヒラマサ[ゼロフリクション]

青物のトップウォーターゲームからジギングまで対応する、ブリ・ヒラマサ専用アシストフック。フックは一瞬で貫く速さを追求し“確実に刺さる”をコンセプトに開発されたロングテーパーフックポイントのバリバスオリジナルアシストフック。強靭なマテリアルで細軸かつ軽量化に成功。フック表面に“ゼロフリクションコート”を施し、ストレートなハリ先でフッキング時に上顎を捕える。
アシストリーダーには、一般的なPEに比べ約2倍の耐摩耗性と耐久性を持ち、紫外線劣化ゼロの「VARIVAS アシストリーダー SMP」を採用。ショート・ロングには、芯に細いフロロカーボンを折り返して挿入することで、ジグへの絡みを防止し、リーダーの糸グセやキンクを軽減。さらにゼロフリクションフックとの相乗効果でフッキング率を格段にアップさせている。
※詳細はこちら

Anglers Profile

状況に応じたライン&フック使いでヒラマサを制する実践的手法

有尾紀寛(Norihiro Ario)

沖縄でカンパチジギングに魅了され、人とは違うジグでたくさんの魚を釣りたいという思いに駆られて『NAMUjig』を製作し、ルアーメーカー「Lots Of Art」を立ち上げる。以降「操る快感」と「掛ける実感」を重視し、「釣れた」ではなく「釣った」と確信できる操作性を目指したルアーを開発し続けている。アングラーとしても全国各地への遠征を繰り返して腕を磨き、コンビネーションジャークでヒラマサやカンパチをヒットに導くテクニックには定評がある。

Makers Information

株式会社モーリス

〒358-0033
埼玉県入間市狭山台4-17-11

☎04-2935-0701

https://www.varivas.co.jp