フィッシングショーOSAKA 2019|注目アイテム紹介【リール編】

シマノ・ステラSW

より強く、より堅牢の新次元へ。さらなるパワーと耐久性を求めて開発された『ステラSW』が満を持して登場。ボディー形状からドラグ、ラインローラーまで全身に真のタフネスを約束する機能を搭載し、SWスピニングに比類なき強さを追求するプライドが新たに結実したリールとなっている。

8000HG
ショア、オフショアを問わず、また、ジギング、キャスティングとジャンルに関係なく使えるスタンダードモデル。今回
新たに搭載されたインフィニティドライブに加え、従来の8000番よりローター、スプールをコンパクトにすることで、
回転慣性を20㌫も低減。ハンドルを1回転させればその違いはすぐに感じられる。さらに50㌘の自重軽量化により操作
性も大幅に向上。これにより、よりテクニカルに思いのままのジグアクションをこなせる新サイズ8000番へと進化した。
■ギア比=5.6/■実用ドラグ力=18.0㌔/■最大ドラグ力=25.0㌔/■自重=625㌘/■スプール寸法(径㍉/ストローク㍉)=61/22/■PE糸巻量=3号410㍍、4号300㍍、5号250㍍/■最大ライン巻上長=107㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=13/1/■価格=119.000円(税別)

8000PG
8000HGをローギア化し、パワーを重視したジギングモデル。HG同様、従来品に比べて大幅な回転慣性の低減、自重
の軽量化を実現。これにローギアという特徴を合わせることにより、よりテクニカルに、より繊細にジグをアクション
をさせることが可能に。スレたエリアであと1匹を引き出すならこのモデルだ。もちろんインフィニティドライブ搭載で
よりパワフルな巻き上げも可能となっている。
■ギア比=4.9/■実用ドラグ力=18.0㌔/■最大ドラグ力=25.0㌔/■自重=625㌘/■スプール寸法(径㍉/ストローク㍉)=61/22/■PE糸巻量=3号410㍍、4号300㍍、5号250㍍/■最大ライン巻上長=94㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=13/1/■価格=119.000円(税別)

10000PG
パワー重視の大物、深場対応ジギングモデル。今回新たにインフィニティドライブ、ヒートシンクドラグが搭載された
ことで、これまで以上にパワフルにグイグイと大物を引き寄せることができる。想定外の大物にも安心して対応できる
大物専用モデルだ。
■ギア比=4.9/■実用ドラグ力=18.0㌔/■最大ドラグ力=25.0㌔/■自重=670㌘/■スプール寸法(径㍉/ストローク㍉)=68/22/ナイロン糸巻量=6号300㍍、8号210㍍、10号160㍍/■PE糸巻量=4号400㍍、5号300㍍、6号250㍍/■最大ライン巻上長=102㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=13/1/■価格=119.000円(税別)

14000XG
ヒラマサキャスティングからGT・マグロまでをターゲットにした大物キャスティングゲームのスタンダードモデル。今
回新たにインフィニティドライブ、ヒートシンクドラグが搭載されたことでこれまで以上に大物とのやり取りがラク
になる。大物も視野に入れ、オールマイティーにキャスティングゲームを楽しむならこのモデルだ。
■ギア比=6.2/■実用ドラグ力=18.0㌔/■最大ドラグ力=25.0㌔/■自重=675㌘/■スプール寸法(径㍉/ストローク㍉)=68.6/22/■ナイロン糸巻量=10号195㍍、12号155㍍、14号140㍍/■PE糸巻量=6号300㍍、8号200㍍、10号165㍍/■最大ライン巻上長=134㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=13/1/■価格=119.000円(税別)

14000PG
パワー重視の大物、深場対応ジギングモデル。10000PGの太糸仕様、PE6~8号をメインに使用するならこのモデル
だ。
■ギア比=4.9/■実用ドラグ力=18.0㌔/■最大ドラグ力=25.0㌔/■自重=675㌘/■スプール寸法(径㍉/ストローク㍉)=68.6/22/■ナイロン糸巻量=10号195㍍、12号155㍍、14号140㍍/■PE糸巻量=6号300㍍、8号200㍍、10号165㍍/■最大ライン巻上長=106㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=13/1/■価格=119.000円(税別)

■メーカーの商品サイトへ

シマノ・ヴァンキッシュ

ボディー、ローターからハンドルに至るまで、すべての個所の軽量化を徹底追求し、現行モデルを凌ぐ圧倒的な軽量化に成功。これによりさらなる操作性向上と感度アップを実現している。しかも、軽量化を施したにもかかわらず、ボディー剛性、ギア耐久性、防水性を向上させるという、軽量化とは相反する進化にも成功。さらに、それだけにとどまらず、ステラ以外のモデルでは初となるロングストローク構造を採用し、遠投性能をも向上。ヴァンキッシュ史上最も進化したモデルといえるだろう。

1000SSSPG
アジング専用モデル。超浅溝スプール、ローギア、35㍉ショートハンドル搭載で繊細な釣りにベストマッチ。参考対象釣種はアジング、管釣りトラウト。
■ギア比=4.6/■自重=145㌘/■価格=57,000円(税別)

C2000S
ライトソルトから管釣りトラウトまで何でもこなせる#1000系のスタンダードモデル。参考対象釣種はライトソルト全般、管釣りトラウト。
■ギア比=5.1/■自重=145㌘/■価格=57,000円(税別)

C2000SSS
C2000Sの超浅溝仕様モデル。2.5Lb以下しか使わないエキスパートアングラー向き。参考対象釣種はアジング、管釣りトラウト。
■ギア比=5.1/■自重=145㌘/■価格=57,000円(税別)

C2000SHG
ライトソルトから渓流トラウトまで何でもこなせる#1000HG系のスタンダードモデル。参考対象釣種はライトソルト全般、渓流トラウト。
■ギア比=6.1/■自重=145㌘/■価格=57,000円(税別)

C2500SHG
#2500系ボディーにコンパクトなスプール&ローターを搭載したモデル。ライトラインメインのバスフィッシング、ブリームゲームにベストマッチ。参考対象釣種はフィネスバス、チヌ。
■ギア比=6.0/■自重=155㌘/■価格=57,500円(税別)

2500S
バス用スタンダード。参考対象釣種はバス、エギング。
■ギア比=5.3/■自重=165㌘/■価格=58,000円(税別)

2500SHG
バスから本流トラウトまで使える#2500系HGスタンダード。参考対象釣種はバス、中本流トラウト。
■ギア比=6.0/■自重=165㌘/■価格=58,000円(税別)

C3000SDHHG
ダブルハンドル標準装備のエギング専用モデル。参考対象釣種はエギング。
■ギア比=6.0/■自重=175㌘/■価格=59,000円(税別)

C3000
淡水からソルトまで何でも使えるバーサタイルモデル。参考対象釣種はバーサタイル。
■ギア比=5.3/■自重=170㌘/■価格=58,000円(税別)

C3000MHG
淡水からソルトまで何でも使えるバーサタイルハイギアモデル。参考対象釣種はバーサタイル。
■ギア比=6.0/■自重=170㌘/■価格=58,000円(税別)

C3000XG
高速巻き上げの必要な釣りに最適。参考対象釣種はバーサタイル。
■ギア比=6.4/■自重=170㌘/■価格=58,000円(税別)

3000MHG
シーバススタンダードモデル。徹底的なタックルの軽量化を求めるアングラーに。参考対象釣種はシーバス、サクラマス。
■ギア比=5.8/■自重=185㌘/■価格=59,000円(税別)

4000MHG
大河川でのシーバス、サクラマス、ライトジギングにベストマッチ。XGでの巻き重りが気になるサーフアングラーにもおすすめのモデル。参考対象釣種はシーバス、サクラマス、ライトジギング。
■ギア比=5.8/■自重=205㌘/■価格=59,000円(税別)

4000XG
サーフ、ヒラスズキのスタンダードモデル。ライトショアジギング、キャスティングにも対応可能。参考対象釣種はサーフ、ヒラスズキ、ショアショジギング、ショアキャスティング。
■ギア比=6.2/■自重=200㌘/■価格=59,000円(税別)

C5000XG
ラウンドハンドルノブ、アルミハンドルシャンク、カーボンクロスドラグワッシャ搭載のライトショアジギング、ショアキャスティング専用モデル。参考対象釣種はヒラスズキ、ショアショジギング、ショアキャスティング。
■ギア比=6.2/■自重=220㌘/■価格=59,800円(税別)

■メーカーの商品サイトへ

シマノ・グラップラー CT

近海ジギングで幅広く活躍する『グラップラーCT』がさらなる進化をまとってリニューアル。新しくなった『グラップラーCT』は定評のあるカウンター機能にフォールレバーを搭載。これまでサミングに頼っていたジグの沈下速度をレバー1本で自在に調整でき、その数値はカウンターにより正確に再現することが可能。また、HAGANE ボディとロングシングルハンドルの採用で巻き上げもよりパワフルに進化している。
■ラインナップ=150XG(右)、151XG(左)/■ギア比=8.1/■最大ドラグ力=5.0㌔/■自重=255㌘/■糸巻量=PE0.8号400㍍、PE1号330㍍、PE1.5号200㍍/■最大ライン巻上長=81㌢(ハンドル1回転)/■ベアリング数(BB/ローラー)=5/1/■価格=28,500円(税別)/■発売時期=2019年5月予定

■メーカーの商品サイトへ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう