【ヒラメゲーム】2種類のジグヘッドでボトムを攻略!!

ヒラメ 釣り方1

初夏から秋は高確率でヒラメのヒットが期待できる時期。ジグヘッドリグをボトムの直上で泳がせてバイトに持ち込もう‼

解説:笹川昌紀

ヒラメ攻略のコンセプト

私は初夏から秋にかけて日本海側のフィールドでヒラメゲームを楽しんでいる。アベレージは50㌢程度だが、この時期はフィーディング目的でサーフの浅場に差してくる個体が多く、かなりの確率で釣果を得ることができる。

ポイントは潮通しがよくてイワシなどの小魚が回遊してきたり、チョイ投げでキスがよく釣れているサーフが有望。さらに、河口や小さな流れ込み、離岸流、波の影響を受けてボトムに変化ができやすい場所が狙い目となる。この中でヒラメは離岸流などの周辺にできるちょっとしたカケアガリに身を潜め、流されてくるベイトを捕食しているようだ。

基本的にはボトムに張りつき、砂や岩に同化してベイトを待ち伏せている。そして、近づいてきたベイトを最短距離で捕食する。ただし、一度捕食に失敗すると執拗に追わず、再びボトムへと戻る警戒心の強い魚といえる。これは1㍍未満のシャローでも3㍍以上の場所でも同じであると考えている。

一方でイワシなどのベイトが大挙して接岸したときは捕食行動に火がついてトップで連発することもある。しかし、そんな好況に巡り合えることはなかなかないため、水深にかかわらずボトムを意識したアプローチがヒラメ攻略のセオリーだと考えている。

ヒラメ 釣り方2

条件&ポイントの絞り込み

狙い目となる天候は曇天。波高1㍍前後で波長が長く、力強いウネリが入っているときが有望だ。少し荒れた後で少々のウネリが残っているような日がベストといえるだろう。

ポイントの絞り込みについては、まずはヒラメがステイしやすいボトムの変化を見極めたい。具体的には河口や小さな流れ込みのあるサーフなら、その周辺のカレントを狙えばOK。流れ込みなどのないサーフでは潮流や波の影響で波打ち際の地形に凹凸ができるのでそれを目安にすればいいだろう。出っ張った部分の少し手前に離岸流によって沖へと伸びる小さなカケアガリが形成されている可能性がある。このような場所は周辺より波が崩れるタイミングが遅れる傾向にあり、波の様子をよく観察すれば分かるはずだ。

また、潮流も重要で潮が動いていなければヒラメの活性が上がらず捕食スイッチが入りにくい。その点、河口や流れ込み周辺では常に流れがある。ただ、常に同じ強さで流れているわけではなく、潮の干満によって強弱ができる。地域差もあるが、下げ潮で沖に向かう流れが強くなるときは有望だ。これはサーフで発生する離岸流にも同じことがいえるだろう。

ヒラメ 釣り方3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう