【シーバスゲーム】シャローエリアは水面直下が激アツ

シーバスゲーム シャロー&サーフェース1

シャローエリアでの釣りは勝負が早いため、テンポよくポイントを探り歩くスタイルがマッチする。ベイトが動きだす潮位を狙い撃ち、効率よく大型をキャッチしよう‼

解説:吉田裕彦

 

狙い目となるシチュエーション

岸から眺めると海は果てしなく広がっているように見える。その大海原に向かってルアーをフルキャストしても、アプローチできる範囲はたかが知れている。そう考えるとルアーで魚を釣ることは難しく感じるが、相手からこちらに寄ってくる(接岸する)タイミングを見極めることができれば確率の高いゲームを展開できる。

情報に左右されずにスズキの回遊を見極めるには、大きな群れではなく、局地的に少数で餌を求めて回遊する個体に注目するのが得策だ。そのためには、餌を捕食するタイミングと場所を絞り込むことが重要となる。それには季節、地形、波、ベイト、潮色、底質、流れなど、さまざまな条件を複合的に考える必要があるが、このパズルの組み立てこそがスズキ釣りの醍醐味だと考えている。

複雑なぶん組み合わせは何通りも存在するため、自分なりの楽しみ方を追求する余地も多く残されている。混雑するメジャーポイントを避け、普段は見落としがちな実績のない場所、誰も知らない隠れたスポットでのんびり楽しむこともできるわけだ。

そういった場所の一例として、流れの緩い岸寄りの浅場があげられる。そこは小魚やさまざまな種類の稚魚、甲殻類などの住み家として生命感に満ちている。スズキにとっては絶好の餌場となる。とはいえ、餌があるからといって、スズキはいつも捕食活動をしているわけではない。

ここでキモになるのが潮位差だと考えている。浅場は干満の影響を受けやすいからだ。たとえば、満潮時の浅場に小魚がいたとしよう。干潮時に干上がる地形の場合、そこに定位できなくなった小魚たちはどこか別の場所に移動せざるを得なくなる。こういった小魚が動くタイミングは餌を待ち伏せて捕食するスズキにとって絶好のチャンスとなるわけだ。また、流れや波があれば、捕食するうえでさらに都合がよい状況になると考えられる。

スズキは驚くほどの浅場で捕食をしていることもあり、80㌢を越えるサイズでもヒザ下程度の水深まで入ってくる。また、浅場に差してくる個体は餌を追い求めているせいか、ルアーに好反応を示すことが多い点も見逃せない。

ベイトが確実に動く潮位差に注目‼

濁り、流れ、潮位、天候、時間帯など、ベイトが動きだす要因は実にさまざまだ。その中でもシャローエリアにおいて確実に影響を及ぼすのが潮位である。干潮となる時間帯は事前にある程度は把握できるため、ピンポイントで回遊のタイミングを読みやすい。ぜひこの点に注目してほしい。

シーバスゲーム シャロー&サーフェース2

狙い目となる浅場の目安は水深1.5㍍以下(満潮時)のポイント。そういった場所に差してくる個体は活性が高いことが多く、最もルアーで釣りやすいと考えている。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう