夏スズキ VS ビッグミノー

シーバスゲーム ビッグミノー1

ハイアピール+ナチュラルな食わせが武器の大型ミノー。ベストな引き抵抗をキープしてスローな蛇行アクションを演出しよう‼

解説:常光 健

スポンサーリンク

アピールと食わせを両立

地元の高知では夏場になると同じようなポイントでシーバスとアカメが狙える。そのため、毎年この時期は県外からも多くのアングラーが訪れる。

そして、大型シーバスやアカメをメインに狙う際におすすめしたいのが15㌢クラスのミノーだ。特に、泳ぎにモタつきがなく、タイトなウォブンロールとゆっくりとした蛇行でアピールできるタイプが望ましい(私はジップベイツ・ザブラシステムミノー15Fをメインに使用。以降、このルアーでの釣りを想定して解説を進めたい)。つまり、大きなシルエットでアピールしてナチュラルな動きで食わせるというシナリオだ。

それと、特にアカメ狙いではフックとともにスプリットリングの交換が必須となる。また、近年はランカーと呼べる大型シーバスがヒットするのは年に数回あるかどうかの確率だと感じている。そのときに障害物に巻かれてラインブレイクというのではあまりにも悲しい。数少ないチャンスをモノにするためにも3本フックが有利である。

シーバスゲーム ビッグミノー2

私が使用しているザブラシステムミノー15F、15HDシリーズは名前が似ているものの、コンセプトはまったく異なる。15Fはナチュラルに誘い、15HDシリーズはハイアピールするといった具合だ。橋脚やテトラ帯などのストラクチャーにつく大型を狙う場合はヘビーデューティー仕様の15HDシリーズがおすすめ。また、オープンエリアでも15HDでアピールしておいて、15Fのナチュラルな動きで食わせるというパターンも効果的だ。いずれにしてもポイントに応じて確実にターゲットが取れるタックルで挑みたい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう