【メバルゲーム】状況把握&情報収集能力の向上を図って高精度な釣りを実現‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メバルゲーム 精度1

安定した釣果を上げるには実釣時の状況把握&情報収集能力を磨くことが欠かせない。その道のりは厳しいが、意識レベルの高い釣りの積み重ねがさらなる楽しさを引き出してくれるから…

解説:安田栄治

スポンサーリンク

まずは意識レベルを上げるところから始まる

すべての釣りにいえることだが、エキスパートと初~中級者の決定的な違いは、実釣シーンにおけるリアルタイムの状況把握能力と情報収集能力だと考えている。インプットが正確でなければ、精度の高い釣りに反映できない。

実釣時はまず過去のデータをもとに魚の反応を捜し、その日のヒットパターンを導き出す。このときにきっちりと状況が把握できていなければ効率的にヒットパターンを模索できないだけでなく、再現性も乏しい。把握できていれば当然魚の反応がある前後で意識を集中できるため、高感度の釣りが可能となって微細な反応も逃がさない。周辺の地形の変化やストラクチャー、潮流の変化なども把握できることから釣れるメカニズムも理解できるわけだ。

また、潮流の減衰やメバルの活性変化、スレの進行などもリアルタイムで把握できるのでフレキシブルに対応できる。さらに、明確な意識を持って釣りに臨むのでイレギュラーな反応にも敏感になり、別のパターンの存在にも気づく。これは一般的なメバル釣りのみならず、個体数が少なく反応の少ない巨メバルゲームやその新規開拓においても効果をあらわす。キャリア、経験値、技量が豊富なエキスパートへの道のりは厳しいが、ただ漠然と釣りをするのではなく、意識レベルの高い釣りを積み重ねることで誰もが飛躍的なスキルの向上が図れる。

メバルゲーム 精度2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加