ショアでハタ系のターゲットを攻略するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ショアハタ類 オオモンハタ1

基本的な狙い目やアプローチを押さえれば、アカハタ・オオモンハタなどのハタ系もショアゲームのターゲットに加わる。ていねいにボトムを攻めてスリリングなファイトを楽しもう!!

解説:葛原正夫

ホームグランドの紀東エリアでは1年を通してロックフィッシュが狙え、私自身も季節を問わずに楽しんでいる。中でもメインターゲットとなっているのがアカハタやオオモンハタなどのハタ類だ。一般的にはオフショアのターゲットというイメージが強いが、外洋に面した潮通しのよい磯場などではショアでも十分に狙って釣れる(生息域など、エリアによって魚影の濃さはかわるが…)。

盛期の夏場になると宙層まで積極的に餌を追うようになるが、低水温期はボトムやストラクチャーの陰にじっと身を潜めていることが多い。そのため、少しでも水温の安定したエリアやポイントを選択することが重要となる。

その目安としてはベイトの動向や餌取りの存在に注目したい。地磯やゴロタをランガンしていると、水温が低い場所ではキャストしたワームがかじられることなくそのまま戻ってくる。経験上、そういったポイントで釣果に恵まれることは少なく、ワームをかじられるなど何らかの反応があるポイントが有望といえる。

1日を通して日当たりのよいエリア、波・風の影響を受けにくい場所や時間帯を考慮して少しでも水温の安定したポイントを捜してアプローチしたい。

スポンサーリンク

ポイントの見極め

夏場は水深の浅い漁港などでも釣りが成立することがあるが、前述のように基本的には磯場が主なフィールドとなる。中でもある程度の水深があるところ(水深10㍍前後が目安)や、潮当たりのよい岬などの先端部が高実績だ。

魚がつきやすいポイントとしてはシモリ、藻場、磯際、スリットなど、地形的変化がある場所は要チェック。さらに、潮当たりのよい場所やベイトが溜まりやすいところ、日当たりのいいポイントを選ぶと確率が上がるだろう。

また、この時期のロックフィッシュは捕食のために宙層まで上がってくることがほとんどないため、底層をタイトに探ることが重要となる。手もとに伝わるルアーの着底感を頼りにポイントの地形を把握し、魚のつき場を想像しながらアプローチすることが大切だ。

例外としてアカハタは水深50㌢程度のゴロタ浜で釣れることもあるため、極端に水深が浅いポイントにも目を向けたい。そういった場所は手返しよく探ることができ、人的プレッシャーが少ないので竿抜けスポットになりやすい。

サラシが広がるポイントも狙い目‼
ショアハタ類 オオモンハタ2

張り出した磯の先端部など、潮当たりのよい場所やサラシが発生しやすいポイントも有望だ。どちらかというと、ヒラスズキの好ポイントのように思えるところにもハタ系の魚がついている。また、餌が溜まりやすい潮目も要チェックだ。

ショアハタ類 オオモンハタ3

フグなどにワームをかじられるポイントは粘る価値あり。同じコースに何度も通すことで食ってくるケースも多いので、有望と思えるポイントはワームのタイプやカラーをかえながら執拗に探りたい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加