思わね場所で爆釣!! 河川絡みのヒラスズキは意外性も魅力|【THE ANSWER vol.9】

ヒラスズキ・増水パターン1

増水パターンのリバーヒラスズキを狙って小河川回りに釣行してきました。結果からいうと、同じポイントで2度の大釣りを体験できたのですが、釣れ方に大きな違いがあり、ヒラスズキの意外性を改めて痛感することになりました…

Text & Photo 辻本 隆

今回は小河川回りでヒラスズキを狙ったときの模様を報告します。当初は春磯でのヒラスズキ狙いをお届けする予定でした。しかし、緊急事態宣言により自粛生活を送っている間にシーズンをハズしてしまいました。ただ、緊急事態宣言の解除後は小河川回りで2度ほどよい釣りができました。同じポイントでありながら、釣れ方に大きな違いがあったのでみなさんの参考になれば幸いです。

サーフのヒラスズキ釣りを満喫

最初の釣行は日中に雨が降った日の夜でした。ただ、雨量は30㍉と川でヒラスズキを狙うには厳しい感じでした。それでもタイミングと波による海の濁りに期待して釣行しましたが、現地に到着するとあいにく川、海ともに少し濁りが入っている程度。サーフのストラクチャー回りと川の流れが波に当たる部分でしかヒットが期待できない状況でした。そんな中、友人と2人でキャストを開始。予想通りの場所でポロポロとヒットしたものの、粘っても期待薄と判断して移動することにしました。

次にやってきたのはかなりの小河川。10㌳のロッドで振り込めばルアーが対岸に届くほどの場所です(笑)。その河口のサーフにエントリーしたのですが、ここを選んだ理由は河川の水深がないぶん、下げ潮のタイミングで濁りと波による流れが発生することを期待したからです。サーフで2人並んでキャストを開始すると、いきなり小型のバイトがありました。その後も干潮の潮止まりまで釣れ続き、小型が中心ながら軽く二桁の釣果を得ることができました。ヒラスズキは数釣りのイメージがないかもしれませんが、大きな群れで入っているとこのような感じで釣れます。

ヒラスズキ・増水パターン2
ヒラスズキ・増水パターン3
ヒラスズキの群れをうまくとらえて数釣りを堪能することができました。

大雨後の泥濁りはビッグチャンス!!

2度めの爆釣を味わったのは最初の釣行からおよそ2週間後でした。この日は満月回りで、潮のタイミングは前回と同様に満潮からの下げでした。前回とは別の友人と夜間に釣行。天気予報ではかなりの量の雨が降り続くとのことでしたが、実際にはほとんど降らずにポツポツと釣って終了。僕は深夜に帰宅し、遠方よりきていた友人は現地で朝まで寝て帰ることになりました。

ところが夜明け前に大雨が降り、自宅で寝ていた僕はカミナリの音で目覚めました。そして、夜が明けたころに友人から現地の模様が動画で送られてきました。友人も雨音で眠れなかったようです。さっそく動画を見ると川幅が倍ほどになっており、川も海も泥濁りの状態でした。河川のヒラスズキ釣りをされる方ならよくご存じでしょうが、まさに爆釣の条件です。そんなわけで友人も居残ってもうひと晩やることにしました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう