イチバンエイトスタッフおすすめ春イカ対応エギングロッド6選~初心者対応編~

イチバンエイトグループエギングロッド9

※関西のつりwebとの共通記事です

力強い引き味で楽しませてくれる大型のアオリイカを狙えるシーズンが到来しました。ここではデカイカの釣果アップに繋がるノウハウとともに、おすすめのロッド6本を紹介いたします。ぜひ参考にしていただき、春~初夏ならではの魅力をお楽しみ下さい!!

文:木下志津香【フィッシングイチバン池田スタッフ】

大型が期待できる春イカエギングの魅力

夏の終わりごろから初秋にかけて孵化し、冬~春に水温の安定した沖合の深場で成長した個体が春~初夏に産卵をする、というのがアオリイカの1年のサイクルとなります。その中で大型を狙えるチャンスとなるのが産卵のために浅場を意識する春~初夏です。

個人的には気象衛星NOAAによる水温分布の画像(各府県の水産研究所や海上保安庁のサイトでチェック可能です)を確認し、水温15度を目安にシーズンインを判断しています。目当ての場所の水温がそれ以上であれば積極的に釣行するようになります。

春の親イカ狙いは、警戒心が低くて好奇心旺盛な新子の数釣りが楽しめる秋とは違い、産卵前とあって活性が低いうえ、警戒心が強いため釣果を上げるには気合と根気が必要となります。それだけに、自身が「ココだ!!」と思ったポイントで「コレだ!!」と選んだ餌木を駆使し、イメージ通りのアクションでヒットさせたときのうれしさはひとしおです。

イチバンエイトエギングロッド30
狙い通りに大型のアオリイカが釣れるととてもうれしいですよ!!

また、良型のアオリイカの引きはとても強いのが魅力です。リールのドラグをジ~ッと鳴らすとともに、ロッドを大きくしならせる力強い走りを体感すると、最高にテンションが上がりますよ!!

そのような魅力を味わえるように、以下では春の親イカ狙いのノウハウを紹介いたします。なかなか簡単には釣れませんが、みなさんの釣果アップに繋がれば幸いです。

春イカエギングのポイント選びのノウハウ

釣果が期待できる場所について

アオリイカは主に藻に産卵するため、ホンダワラやアマモなどの海藻がたくさん生えているところが狙い目となります。また、岩場も回遊してくる可能性が高いので見逃せません。

イチバンエイトエギングロッド18
このような藻場は要チェックです。

もっとも、藻や岩場に注目するのは産卵のときだけではありません。餌を求めて潮に乗って回遊するアオリイカは、藻の中で捕食したり、岩などの陰に隠れることが多いためシーズンを通して狙い目となります。また、カケアガリといわれるブレイクラインに居つくこともあります。

つまり、釣り場の地形や障害物を把握することが釣果アップの近道となるわけです。

イチバンエイトエギングロッド14
岩場回りはもちろん、ブレイクラインもアオリイカがつきやすいポイントとなります。

ポイントの絞り方について

より多くの視覚情報が得られる日中はできるだけランガンして有望と思えるポイントを捜すのがオススメです。限られた釣り場の中であっても移動しながらキャストを繰り返し、スミ跡の有無、潮の動き、水深の浅深、ストラクチャーの位置などを把握し、狙い目となるポイントを絞り込むための情報収集に努めましょう。

イチバンエイトエギングロッド19
ローライト時が中心の釣りとなるだけに、明るいうちに釣り場へエントリーして地形や底の形状などの状況を把握しておくことが大事です。

そのうちの水深に関しては5~10㍍が1つの目安になります(餌木の着底時間からおよその水深を算出します)。それ以上深いと底が取りづらくなり、狙い目をイメージしにくいなど、あいまいな釣りになりがちです。ビギナーの方であれば水深5㍍を基準にポイントを選ぶのがおすすめです。

藻場の場合は浅くても問題ありません。水面から藻面までを水深ととらえてアプローチを組み立てます。たとえば、その間隔が1~2㍍であればシャロータイプの餌木を用いてあまり沈めない釣りを展開することで攻略可能です。

ポイントの見切りと、粘る状況の考え方について

よさそうだと目をつけても反応がないこともよくあります。その際、ベイトが見当たらない、潮が動いていない(餌木をシャクッたときの手応えが軽い)ときは早々に見切るのが賢明です。また、底が取れないほど流れが速いときも同様です。

逆に、ベイトが見られる、潮目がしっかりとできている、潮が動いている(餌木をシャクッたときに抵抗を感じられる)という状況であれば、釣れなくても粘る価値があるといえます。

ちなみに、視認性のよいカラーの餌木をセットし、シャクリ方に対する動きを把握しておくことも明るいうちに行なっておきたいことの1つです。それをしておくと暗くなってからの釣りがラクになります。

イチバンエイトエギングロッド22
餌木の動きも明るいうちにチェックしておきましょう。

その際に偏光グラスを着用すれば動いた餌木についてくるイカが見えることがあります。ときにはそのまま釣れることもありますし、より多くの視覚情報を得るという意味でも偏光グラスは必須だといえます。

イチバンエイトエギングロッド24
ときにはこのようにアオリイカがついてくることもあります。このようなサイトの釣りはとても楽しいですよ。

そして、車での移動が可能なら周辺の漁港や地磯をランガンしてみるのもよいでしょう。新しい釣り場の発見や思わぬ釣果に繋がることがあります。

春イカエギングの条件にまつわるノウハウ

潮流について

イカは潮に乗って回遊するため、流れがよく入るところや、潮の動きの目安となるモヤ~ッとした白い線が海面にできては消えるところを探ると釣れることが多いです。そうしたところは前述したように、餌木をシャクッたときに重々しい抵抗を感じられるものです。

そして、大潮や中潮などの潮位差が大きな潮回りのときは、海水が動きやすいのでよい釣果が上がりやすい印象があります。

イチバンエイトエギングロッド38
海面に変化があるところは流れの存在の目安となります。

風向きについて

春はエギングの大敵となる強風がよく吹きます。風があるとラインがフケて、餌木が沈みにくくなるうえ、アタリがとりにくくなるという不具合が生じます。そのため、できるだけ風が当たらないところに移動するか、自分の後方から風が当たる向きにキャストするといった対策が求められます。また、キャスト後はすぐに竿先を水面へ向けて下げ、ラインを素早く着水させること。そうすればラインが受ける風の影響を抑えることができ、餌木のフォールが少しは安定します。

時間帯について

春イカ狙いではローライト時がチャンスになります。中でも絶対にはずしたくない時間帯が、ベイトの動きが活発になる朝まづめと夕まづめです。この時間帯だけは疲れていたり、眠くても根気強くやりましょう。

イチバンエイトエギングロッド26
ベイトの動きが活発になる朝夕のまづめどきに竿を出せるプランで臨みましょう。

個人的には以下のようなプランを基本としています。

春イカエギングの参考プラン

①夕方前に釣り場へ入り、各種情報を収集

②夕まづめに集中的にチェック

③夜間は休憩しながら潮のよいタイミングを中心に力を入れてチェック

④朝まづめに集中的にチェック

⑤朝まづめが終了すればストップフィッシング。ただし、状況がよく、好時合となる潮止まり前後が迫っているならそれまでは粘る

なお、日中に潮が引く潮時であれば、明るくなってから地磯をチェックすることもあります。潮位が高いときにはエントリーできない地磯は竿抜けになりやすいからです。

春イカエギングの餌木のセレクト方法

各メーカーからたくさんの餌木が出ており、カラーも実に豊富です。それらをいろいろとローテーションするのがオススメです。

餌木のカラーは下地を基準に考えます。その選択の考え方はいろいろな意見がありますが、天気、釣り場所、時間など、釣果が出た条件ごとにデータ化してチャート表を作るなど、自身の経験に基づいたカラー選びを追求するのもこの釣りの醍醐味です。

なお、私なりのチャート表を作ってみたので参考にしてみて下さい。

イチバンエイトグループエギングロッド4
イチバンエイトエギングロッド6
左上からゴールド、シルバー、オレンジ、ピンク、パープル、レッド、マーブル、クリア、ケイムラ、夜光です。

号数に関してはベイトの大きさに合わせるのが目安としてわかりやすいかと思います。

ベイトが小さいことが多い日本海側によく行く私の場合、3号を主体としています。前述したように水深が浅いところを中心に探るパターンなら3.5~4号などと比べて沈下速度が遅いという点はさほど気になりません。むしろ、抵抗が小さいぶんシャクりやすいという点ではビギナーに適しているといえます。

イチバンエイトエギングロッド25
視認できるベイトの大きさに餌木を合わせるのがわかりやすくておすすめです。

ベイトが大きいときは3.5~4号を投げることもありますが、日本海側以外でも3号を基本としたアプローチで対応できると考えています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう